スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

野宮の謎

 2016/06/14(Tue)
 以前源氏物語のレポートを書いた後、ひとつ気になっていたことがあったのですが、詳しく調査する余裕もなく先送りになっていました。できればきちんと色々調査確認した後で短いレポートにまとめたかったのですが、ちょっとまだしばらく本腰据えての調査はできそうにないので、現段階での途中報告です。

「野宮(ののみや)」というと、通常真っ先に連想するのは『源氏物語』賢木巻でもお馴染み、伊勢斎宮が滞在した嵯峨野の野宮です。
 斎宮は原則として、卜定後1年目はまず宮中の初斎院へ入って潔斎、次は2年目の秋に嵯峨野の野宮へ移り引き続き潔斎、そして3年目の9月に伊勢へと旅立ちます。よって野宮が使用されるのは大抵斎宮一代に1年程度であり、斎宮が旅立った後は取り壊される習わしだったということです。現在の嵐山近くには観光スポットとしても人気の野宮神社があり、毎年10月には「斎宮行列」と呼ばれる斎宮御禊の再現も行われていますが、どの斎宮がどこに野宮を置いたか等の詳細は殆どわかっていません。

 ところが、平安時代には斎宮の野宮以外にもうひとつ、別な「野宮」が存在しました。
 あまり知られていないことですが、実は賀茂斎院の紫野本院もまた、別名を「野宮」と称することがありました。斎宮がごく一時期だけ滞在した「野宮」とは異なり、斎院の「野宮」は卜定から3年目以降退下までの間ずっと暮らすことになる場所ですが、都の外にあることから同じ呼び名になったのかもしれません。
 ざっと調べてみた限りでは、史料上の初見は『日本三代実録』(貞観2年4月17日条)で、「賀茂祭如常。斎内親王未入野宮。故不向社。」とあります。当時の斎院は6代儀子内親王(文徳天皇皇女、清和天皇同母妹)で、儀子は前年斎院に卜定されたばかりでしたから、まだ本院する時期ではなかったため「未だ野宮に入らず」となったわけです。そして翌貞観3年4月12日に予定通り「賀茂斎内親王臨鴨水修禊。是日。便入紫野斎院。」となりました。
 その後もこのように賀茂斎院の紫野本院を「野宮」と表記する記録は『醍醐天皇御記』『西宮記』『左経記』等の当時の史料にぽつぽつと見られます。ただし全体的な割合としては多くはなく、また『日本紀略』には紫野本院を「野宮」とした記述は見られません。よって公式な呼称ではなかった可能性も考えられますが、『西宮記』『左経記』は『源氏物語』執筆時期にとても近い時代の史料ですから、作者紫式部が紫野本院を「野宮」とも呼ぶのを知っていた可能性は高いと考えていいかと思います。

 さて、前置きが少々長くなりましたが、ここからが本題です。
 既に触れた『源氏物語』賢木巻は、光源氏と六条御息所が嵯峨野の野宮で哀切な別れを繰り広げる有名な場面がありますが、その1年後、源氏は当時のことを思い返して「あはれ、このころぞかし、野の宮のあはれなりしこと、とおぼし出でて」います。これが一体どういう場面かというと、桐壺院崩御後に藤壺の厳しい拒絶に遭い、雲林院に引き籠り中に朝顔斎院と文の贈答をした時のことなのです。
 いくつかの注釈書を見る限り、この「野の宮のあはれなりしこと」は当然御息所との別れの記憶を指しており、季節も同じ秋であることから連想が繋がったものとしてさらりと流しています。確かにそれも間違いではないのですが、この「野の宮」はこの時朝顔斎院がいる「野宮」、即ち「紫野本院」からの連想もあったのではないでしょうか?
 もちろん、既に触れたように伊勢斎宮の「野宮」と賀茂斎院の「野宮」はその制度から言ってもかなり意味合いの違うものです。しかしながら、どちらも共に都の外の「野」にあり、斎王が身を慎み潔斎につとめる場である点は共通しています。
 以前最初のレポートでも書きましたが、紫式部は恐らく「賢木」時点では無理な設定であることも承知で、朝顔斎院がこの時既に紫野本院に入っているものとして執筆していたと考えられます。だからこそ「吹きかふ風も近きほどにて」と朝顔が雲林院から程近い紫野にいることを匂わせる描写をし、さらに「紫野本院=野宮=嵯峨野」という連想から御息所との別れの記憶を導き出して、後に宮中で朱雀帝と源氏が斎宮母子の思い出を語り合う場面へと繋げたのではないかと思います。

 そもそも朝顔姫君という人は、「葵巻」で正式に本人が物語に登場した時から「いかで、人には似じ(自分は御息所のようにはなるまい)」という固い決意を示しており、光源氏を巡る女性の中でも珍しい個性と強い自我を備えた人でした。源氏本人は御息所のことで朝顔姫君がそこまで強く決心しているとは知らないようですが、朝顔はかの車争い事件の時にもすぐ近くに居合わせており、御息所と対のような形で登場することが多いのも、もちろん偶然ではないでしょう。
 なお朝顔と御息所との対比構造については、先行研究でも色々と触れられていますが、「葵巻」ではまず御息所が出てきた後に朝顔が登場するというパターンです。しかしこの「賢木巻」では朝顔の話から御息所の話へ繋がっていっており、これは御息所がもう完全に源氏にとって過去の人となってしまったからなんでしょうね。
 もっとも「賢木巻」では朝顔も既に斎院となってしまったため、もはや源氏の手の届かない人になってしまった点では同じでした。ずっと後に朝顔が斎院を退下すると、源氏は本格的に彼女への求愛を再開して紫の上を不安にさせますが、当時既に御息所はこの世の人ではなく、朝顔と御息所が対で語られることもありません。

タグ :

着袴の謎

 2016/05/21(Sat)
 先日賀茂斎院サイトにアップしたレポート第2弾は、タイトルは「延長二年の着裳記事」としていますが、調査してみて着裳だけでなく着袴も大変面白いなと感じました。

 そもそも着袴というのは、今で言えば七五三にあたる幼児の生育儀礼のことで、文字通り子供が初めて袴をはくというものです。現代の皇族は五歳で行う決まりですが、平安時代には数え三歳を迎えた頃に行うものでした。
 この着袴、記録上の初見は10世紀で、着袴を行ったのは醍醐天皇の皇子寛明親王、後に即位し朱雀天皇と呼ばれた人物です。その後朱雀天皇の弟村上天皇の子供たちからちらほら記録が増えていき、平安時代の皇族では合計39人の記録を確認できました。
 ところで古代の成人式である元服や着裳(裳着、始笄とも)の場合、特に元服は正月が最も多かったのですが、着袴は秋から冬、中でも十一月~十二月が多いのです。着袴を扱った論文でこの点を指摘しているものがあり、千尋もはて何故だろうと考えましたが、そこでひとつ思いついたことがありました。
 考えてみると当時は数え年ですから、現代と違って誕生日には関係なく皆一月一日に一歳年を取るということです。しかし一月生まれの子は現代で言うなら満二歳でしょうが、十二月生まれの子だと満一歳ちょっとでしかありません。そもそも着袴は幼児が歩き始める年齢であることから行われた儀礼ではないかと言われていますが、例えば十二月三十一日生まれの子は数え三歳でも実質は満一歳でしかないのですから、いくら何でも無理だと思うのです。
 逆に言うなら、何月生まれの子でも年末であれば皆ほぼ満二歳に達しているわけで、多分それが冬に多く着袴を行った理由ではないでしょうか。ちなみに『源氏物語』の中でも、「薄雲」巻で三月生まれの明石姫君が着袴を行ったのは三歳の冬のことでした。これはそもそも明石から上京しさらに大堰から洛中の二条院へ移るまでに時間がかかったためでもありますが、『源氏』が執筆された当時、着袴が冬に多く行われていたこともこうした描写になった一因かと思われます。

 とはいえ、平安時代後期になると五歳や七歳の着袴も増えてくるのですが、平安末期になって何と、満一歳二ヶ月(数えでは三歳)で着袴を行った人物がいます。高倉天皇の第一皇子言仁親王、即ち後の安徳天皇でした。しかも言仁親王は着袴を行った一月後に即位しており、恐らく即位を急ぐために着袴も早められたのでしょう。
 ところが、実は安徳天皇よりも少し前に、もっと早い即位をした天皇がいます。二条天皇の子、安徳天皇には従兄弟にあたる六条天皇で、何と満七ヶ月(!)という乳児の即位でした。こんな無茶な即位になったのは父二条天皇が当時二十三歳の若さで病に倒れ、譲位の一月後に亡くなってしまったせいなのですが、これは現代に至るまで天皇即位の歴代最年少記録であり、当然と言うべきか即位前に着袴を行った記録はありませんでした。

 しかし千尋が調べた限りでは、六条天皇が着袴を行った記録はその後在位中もまったく見当たらなかったのです。そもそも「天皇元服」は初の幼帝であった清和天皇(九歳で即位)の登場により生まれた儀礼ですが、さすがに「天皇着袴」等という儀礼はそれ以前もその後もなく、何事も先例に則るのが常識であった当時だけに、公卿たちもこれには困り果てたのではないでしょうか。そのせいかどうかは不明ですが、恐らく六条天皇は着袴を行わないまま五歳で譲位(これも天皇譲位の歴代最年少記録)、その後十三歳の幼さで短い生涯を閉じました。『神皇正統記』には「御元服などもなくて」とあり、ということは譲位後に着袴を行った可能性もないではないですが、平清盛の権勢が絶頂へと向かいつつある当時、頼りになる外戚も持たなかった幼い「六条上皇」に、そうした配慮がされたかとなると怪しいところです。譲位後の消息を知る記録が殆どないことから見ても、このあまりに幼い「上皇」は元服どころか着袴も行っていないことさえ世間から忘れられた存在のまま、その儚い一生を終えたのでしょう。気の毒と言えば気の毒な天皇ですが、六条上皇の死の二年後に生まれて三歳で即位、八歳で壇ノ浦に消えた安徳天皇もまた、天皇にまでなりながら歴史に翻弄された短すぎる痛ましい一生で、どちらがより哀れと言えるようなものでもないですよね。

 ところで今回、レポートのメインテーマが着裳と着袴ということで、一番お世話になったのは服藤早苗先生の著作、とりわけ『平安王朝の子どもたち―王権と家・童』(吉川弘文館, 2004)でした。
 元々この本がきっかけで延長二年の着裳記事に本格的に疑問を抱いたようなものであり、レポートでは服藤先生の論文に対して(怖いもの知らずにも)色々異説を唱えたりしていますが、こうした機会を与えていただいたことは本当に感謝の念に堪えません。ご本人に直接お目にかかったことは残念ながらありませんが、この場を借りて御礼申し上げます。
 ところでこの本、千尋が知った時には残念ながら既に絶版となっておりました。ただ幸い近所の図書館が所蔵していたので、必要な個所のコピーを取った後も何度も借りたものですが、何と先日レポートを公開した直後に、この本が今年復刊されていたことを知ったのです(笑)。何という偶然のタイミングかと驚きましたが、これまで古本でいいから何とか手に入れられないかとずっと思ってきただけに、喜び勇んで早速書店に注文しました。多分来週には届くだろうということで、大変楽しみです。

  


タグ :

裳着の謎・3 延長二年の着裳記事について

 2016/05/15(Sun)
 ご無沙汰しております、どたばたしているうちに今年もあっという間に葵祭の日になってしまいました。多忙な合間を縫って美術展にもちらほら足を運んでいるのですが、今年もまた賀茂斎院絡みのレポートに追われて、なかなかブログまでは手が回りませんでした。まだやっと5月とはいえ、ラファエル前派とかレオナルドとかボッティチェリとか、素晴らしいものはたくさんあったので、もう少し落ち着いたらまとめられるといいなと思っています。

 さて、ここでも何度か触れたことのある賀茂斎院関連で気になっていたテーマについて、今回やっとある程度まとめることができました。去年改訂版を上げたレポートその1は源氏物語がメインでしたが、今回はぐっと日本史寄りの内容になって、内親王の着裳+着袴がテーマです。賀茂斎院サイトに「延長二年の着裳記事~「不后腹」昌子内親王の三品直叙について~」と題したレポートをアップしましたので、よろしければご覧ください。

 これまでも斎院関連で気になる問題にちらほら出逢ってきましたが、今回もそもそもは13代斎院韶子内親王の着裳?記事が何だかおかしいぞ、というところから始まりました。そこでこのブログでも「裳着の謎」「裳着の謎・2 后腹内親王と成人儀礼」で二度書いたのですが、その内容をさらに煮詰めていったらまたしてもあちこちへ飛び火した挙句、今回も結構な長文になってしまいました…やれやれです。

 ともあれ、史料やら研究書やら論文やらを手当たり次第に読み漁った結果、やっぱりこれは韶子内親王(醍醐天皇皇女)ではなくて原文通り昌子内親王(朱雀天皇皇女)の裳着だったのではないか、という結論に達しました。このこと自体は既に研究者の方が指摘されているのですが、現状ではどうやら少数派らしく、またあまり追及されていない問題のようだったので、もっとこれを補強する根拠がないかなと思って調べてみたのです。韶子内親王が当時既に賀茂斎院に卜定されていて初斎院で潔斎中だったという点は早くから気になっていましたが、調査の結果色々面白いことがわかり、また自分でも新しい発見がいくつかあったりして、小さな問題かと思ったら意外なほど奥深いテーマでした。
 しかし今回特に面倒だったのが「后腹内親王の三品直叙」で、そもそも后腹内親王の定義は一体どういうものなんだ、という基本的かつ案外難しい問題と取っ組み合う羽目になったのは、予想以上に大変でした。おかげで結論はともかくその根拠として挙げたいくつかの点については、自分でもあまり自信を持って断言はできないのが正直なところです(これも毎回言い訳してますが、何しろ大学できちんと専門に勉強したわけではないため、研究者なら常識であろう基礎知識も色々怪しいのです)。一応体裁だけは論文らしくまとめてみたものの、多分色々勘違いや見落とし等もあるかと思いますので、もし気がつかれた点がありましたらどうぞご遠慮なくご指摘願います。

タグ :

困ったことになりました

 2016/02/12(Fri)
 大変ご無沙汰しております、昨年の琳派イヤー報告もまだ色々残っているのに(特に大本命の京都展が!)、このところまたまた賀茂斎院関連(とはちょっと違うかも?)のレポート作成に追われておりました。しかしそろそろ終わりかなと思っていたら、土壇場でまた新たな発見?があったりしてなかなか仕上げられずにいましたら、先日まったく別方面から大変困った問題が舞い込んできてしまいました。

 何と、賀茂斎院サイト(+酒井抱一サイト)を置いているレンタルサーバが、後1年ほどでサービス終了になってしまうらしいのです(!)。

 実を言えば以前にも一度、抱一サイトを置いていた無料サーバがなくなってしまって現在のサーバに引っ越ししたのですが、まさか有料サーバで(と言っても契約上は無料オプションですが)これをやられるとはあまり思っていなかったので、これは大変困ったことになったと目下頭を抱えています。こういう「ある日突然消えてしまう」危険性のあるのがインターネットの怖いところではありますが、とはいえ当方まったくの素人ですから雑誌投稿だとか本の出版だとかは縁がありませんし、かといってブログではWEBサイトのような表示形式での掲載は難しいですし(特に一覧表はここではまず無理です)、さてさてどうしたものやら…

 ともあれ、とりあえずはやはりまたお引っ越しするしかないようなので、今手がけているレポートが仕上がったら本格的に新しいレンタル先を探す予定です。しかしその引っ越し先もいつか同じように消えてしまったら結局元の木阿弥なわけで、結局根本的な問題の解決にはならないのがさらに困ったところなのでした。もちろん大元のファイルは公開日の日付で保存しているのですが、サイトが消えても最初の公開日を証明できる方法って、何かないですかねえ?

タグ :

琳派400年(番外) 400年目の同窓会・美の巨人たち

 2015/11/24(Tue)
 10月の「美の巨人たち」は、4週連続琳派尽くしという豪華なスペシャルシリーズでした。
 まず本阿弥光悦の「舟橋蒔絵硯箱」、続いて光悦・俵屋宗達の「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」、さらにもう一つ宗達の「養源院杉戸絵」で、最後が酒井抱一の「夏秋草図屏風」です。何故か今回は尾形光琳が入っていませんでしたが、多分京都国立博物館の琳派展と合わせての内容ということで、そこに出ていない二大国宝の「燕子花図屏風」「紅白梅図屏風」は入れられなかったのでしょうね。

 さて、今回ちょっと驚いたのが、お馴染み大好きな抱一さんの「夏秋草図屏風」(10/31放送)です。
 以前にもここでご紹介しましたが、この作品は既に2010年の夏、美の巨人たちで取り上げられています。一度扱った作品が再登場というのもあまり聞きませんが、どうするのかなと思っていたら内容も完全な新作で再び驚きました。
 さらに前回は単独の扱いということもあり、光琳の「風神雷神図」との関連に留まる紹介でしたが、今回は琳派シリーズの最終回とあって、ドラマ部分は何と光悦・宗達・光琳・抱一の四人が現代に集まった同窓会という、珍しくも愉快な内容となっていました。最初に「琳派」と聞いて、宗達が「『光琳派』ってこと?」と尋ねると、「めめめ、滅相もない!!」と慌てふためく光琳が意外に?控えめだったり、かと思えば最初は「宗達・光琳派」だったと聞いて「そもそも、わしの名前が入っとらん!」と不満そうな光悦がやけに偉そうだったりというのも面白かったです。
 ちなみに抱一さんに扮したのは橋爪淳さんで、わざわざお髭を剃って、もちろん坊主頭(これは特殊メイク)でのご登場です。イメージは番組中でもたびたび出てきた鏑木清方作の肖像(もちろん想像ですが)でしょう、湊鼠のすっきりとした着流し姿が粋なたたずまいでした。

 さて内容は、記念すべき「第一回琳派サミット」(笑)において、抱一さんに対して他の三人がそれぞれ「夏秋草図」について質問するという形を取っています。

 ・光琳「何故、自分の「風神雷神図」の裏に描いたのか?」
 ・宗達「何故、草花を描いたのか?」
 ・光悦「何故、金地ではなく銀地だったのか?」

 これに対して、そもそもは(恐らく)当時光琳作「風神雷神図」を所蔵していた一橋治済(はるさだ)の依頼であったこと、風神に対して秋の風・雷神に対して夏の雨、天上の神々に地上の草花を対比させていたことを説明しつつ、抱一さんの生涯が合わせて語られていきます。もちろん抱一さんの熱烈な光琳追っかけぶりもばっちり紹介され、それに照れまくる光琳もおかしかったですね。
 さらに今回もお馴染み玉蟲敏子先生の解説が加わって、「銀地は月の光を表し、引いては亡き人を追慕するものである」ことが明かされますが、ここで面白かったのが琳派サミットの面々。「誰を追慕しているのか…もう、おわかりですよね?」という小林薫さんのナレーションに、宗達と光悦が「はて、一体誰を…?」「まったくわからん」と首を傾げると、その隣で光琳が肩を震わせ感涙に咽んで?いるのです。(笑) 光悦・宗達コンビは「ええー!? 光琳殿ー!?」と驚いていましたが、やっぱりここでも何だか光琳が妙に可愛くて笑ってしまいました。

 ところでこの琳派サミット、司会は「抱一の弟子」だという青年が勤めていたのですが、最後に彼が鈴木其一であったことが明かされました。番組で紹介された根津美術館所蔵の「夏秋渓流図」は京都の琳派展でも登場しており、師匠の抱一さんとはまた別の持ち味を発揮していった人ですが、やはり彼こそ抱一の一番弟子であると同時に、真の意味で琳派の後継者の一人でもあったと言っていいでしょう。劇中ではかなり若い頃の感じで、何だか初々しい雰囲気なのがやっぱりちょっと可愛かったです。

夏秋草図屏風(2013)
(2013年・東京国立博物館にて撮影)


 番組で登場した「夏秋草図」の映像は、京都国立博物館の特別展会場で撮影したもののようです。千尋は放送前に先に現地で見てきましたが、夏秋草図の展示場所は手前のガラスの繋ぎ目が微妙に両端に引っかかる感じで、何となく気になっていたのですね。
 とはいえ幸い最初の週末ということもあってか、閉館10分前には殆ど人もいなくなり、おかげさまで久々に独り占め状態でたっぷりと堪能させていただきました。東京でも何度も見ている作品ですが、やっぱり何度見ても惚れ惚れする美しさです。

タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。