スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

大琳派展 継承と変奏(3) 風神の風

 2008/11/03(Mon)
 当初「毎週通ってやるー!」とか息巻いていたわりにしばらく都合がつかず、昨日やっと3回目の観覧に行ってきました。しかし少しゆっくりめにと考えて午後4時くらいに着いたら、何と入場20分待ち…「ええ、この時間にまだ!?」とちょっと驚きましたが、さすが風神雷神人気は今回も健在だったようです。悩んだ末に30分ほど暇をつぶしてから入場しましたが、やはり中はまだそれなりに混んでいて、ようやく空いてきたのは実に5時半過ぎでした。あー疲れた(^^;)

 ともあれ、今回は抱一の本邦初公開(ってのも変な表現ですが)「十二ヶ月花鳥図」ファインバーグ本や、十数年ぶり(だったかな)での光琳・抱一「波図屏風」揃い踏みなども大変見応えがありましたが、最後にもう一度見に行った「風神雷神」4作を見ていて、あれっと気がついたことがありました。
 一昨年の出光での展示とは違って、今回東博ではほぼ一列?に勢揃いという嬉しい状況で見ることができましたが、宗達、光琳、抱一、其一と順番に見て行った時、最後の其一の雲の描写がふと目に留まりました。前回はさほど気にしなかったのですが、其一の絵では左側の雷神はともかく、右側の風神の背後の黒雲が激しい風を受けたように強く靡いているのです。あれれと思ってもう一度宗達に目を戻しましたが、宗達のやや淡い雲にはもちろんそんな描写はなく、その隣の光琳のおどろおどろしい黒雲もやはり同様でした。
 ところが、其一の師匠抱一の屏風を見てびっくり、ここで初めて風神の背景の雲に「風」の動きが出てきていたのです。出光で宗達・光琳・抱一の三作を見た時にはまったく意識しなかったのが、今回其一が加わったことで突然はっきりと見えて、しばらく驚きに足が止まってしまいました。

 そこで当然、抱一はどうして彼が模写した光琳の風神にもなかった「風」を入れたのだろう?という疑問が湧きましたが、考えてみれば彼はあの「夏秋草図」を「風神雷神図」の裏絵として描いた人です。雷神の裏には雨に打たれる夏草、そして風神の裏には風になびく秋草を、というこだわりの元に配置した抱一ですから、自身が風神雷神図を描いた時にも敢えて意識して風神の背後の雲に「風」を思わせる描写を入れたのかもしれません。そして抱一の弟子であった其一なら、当然そんな師匠の製作現場を間近で見ていたでしょうし、屏風よりも広い画面に描くことでさらにダイナミックな嵐の世界をあの「風」で表現しようとした可能性もありますよね。(ただ其一自身が、光琳作の実物を見ていたかどうかまでは判りませんけれど)

 ともあれ、宗達や光琳にとってはある意味あくまで架空の図像イメージとしての存在に留まった風神雷神が、抱一と其一では現実の自然界の中に現れたものとして表現されたということなんだろうかとか、うまく言えないのですが色々考えさせられてとても面白かったです。特に其一は独立後の変化の大きさが劇的だけに師匠との関係を色々言われたりしてますが(苦笑)、ああいうものを見るとやはり、抱一の影響を色濃く受けた江戸琳派の絵師だったのだなあと思いました。
 なお、帰宅後はろるどさんのブログを拝見して初めて気がつきましたが、抱一の「光琳百図」に出てくる「風神雷神図」も、本来光琳作にはなかったはずの「風」がはっきり描かれているのですね。今回の観覧では「光琳百図」の風神雷神や抱一作の扇と見比べることはできませんでしたが、上手下手はさておいて(笑)4人それぞれにとっての風神雷神の捉え方をもう一度じっくり比較しながら見てみたいと、改めて思いました。
 というわけで、多分来週は山種美術館で始まる琳派展の後、東博にもまた行ってきます。(^^)

スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんばんは。風はやはり抱一の創作なのでしょうか。雲の部分の表現が光琳百図からして全然違うことには驚きました。

次のエントリでもお書きになられてますが、
抱一はそうした風や雨を暗示させるようにして画中に取り込むのが抜群にうまかったのでしょうね。「兎に秋草図襖」の風も本当に機知に富んでいました。芸術新潮の号も是非見てみたいものです。
【2008/11/04 22:30】 | はろるど #GMs.CvUw | [edit]
はろるどさんこんばんは、いつもありがとうございます。
私も今まで抱一のテーマとして「風」はあまり注目したことがなかったので、今回の新発見(私にとってですが)は何だかとても新鮮でした。光琳追っかけ(笑)のようにも言われる抱一ですが、ただ模倣だけに終わらず自分なりの世界を産み出していったところがやはり凄いと思いますね。

なお、「芸術新潮」の記事はちょっと古いもので、1995年04月のVol.46(4)掲載です。確か見開きカラーでそう長い記事ではなかったと思いますが、ご興味があれば図書館で探してみてください。
【2008/11/05 21:15】 | 飛嶋千尋 #EvGjErPc | [edit]
こんばんは。

あっという間のひと月でした。
大琳派展を中心に先月から
今月にかけて生活していたと
言っても過言ではないかと。
【2008/11/17 18:14】 | Tak #JalddpaA | [edit]
Takさんこんばんは、ご無沙汰しております。
今回は本当に、琳派に追われた一ヶ月でしたね。
おかげでお勧めのハンマースホイもまだ見逃しているので、今週末こそは絶対行こうと思ってます。(^^;)
ともあれ、オフ会その他お疲れ様でした!
【2008/11/18 23:38】 | 飛嶋千尋 #EvGjErPc | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/81-b0bddfe4
  • 「大琳派展」 東京国立博物館 Vol.7(風神雷神図そろい踏み)【はろるど・わーど】
    東京国立博物館(台東区上野公園13-9) 「大琳派展 - 継承と変奏 - 」 10/7-11/16 ようやく真打ちの登場です。明日、28日より宗達の「風神雷神図屏風」の展示が始まり、光琳、抱一、其一と合わせて計4作の風神雷神図が一挙に揃います。会場の熱気もさらにヒートアップ
【2008/11/04 22:31】
  • 「大琳派展」風神雷神【弐代目・青い日記帳 】
    東京国立博物館で開催中の 「大琳派展-継承と変奏-」に行って来ました。 (展示替前の「大琳派展」の感想はこちら。展示会場内の写真もあります) 尾形光琳生誕350周年記念特別展「大琳派展」~継承と変奏~ 10月7日(火)~11月16日(日) 10月28日から俵
【2008/11/17 18:13】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。