スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

幻の秘宝 佐竹本三十六歌仙絵巻

 2008/10/18(Sat)
 前回ちょっと触れました佐竹本三十六歌仙ですが、実は千尋の追っかけ対象のひとつでもあります。昔NHKの番組で「絵巻切断」を見たのが心の底にひっそりと残っていて、その歌仙切のひとつに5年前偶然東博で遭遇したのをきっかけに、ぼちぼちと出逢いが増えていきました。特に凄かったのは2006年の出光美術館「歌仙の饗宴」で、あの時は合計9点勢揃いというのに仰天したのもさることながら、(先日も会ってきた)憧れの斎宮女御を初めて見られてもう大感激でした。
 というわけで、現在までに制覇(笑)した歌仙絵は住吉明神も含めて17点、やっと半分近くまでさしかかった所です。しかし何しろ個人秘蔵が多いので、2006年現在で全部国内にあると聞いてはいますが、果たして一生かかっても全部の歌仙に会えるかどうか…ある意味フェルメールより大変かも(笑)

 ともあれ、覚え書きも兼ねて現在並びに今後出品予定の歌仙のリストを挙げておきます。

・秋の優品展(2008.8.29-10.19/五島美術館
 「清原元輔」(展示期間:9.23-10.19)
・茶人のまなざし 森川如春庵の世界(2008.10.4-11.30/三井記念美術館
 「藤原敏行」(展示期間:10.15-10.26)
・開館25周年記念 館蔵名品展(2008.8.29-10.19/野村美術館
 「紀友則」(展示期間:10.28-11.16)

 この中で見たことのあるものは清原元輔だけで、藤原敏行は比較的近いからいいものの、紀友則は厳しいかもしれません; 野村美術館は滅多にあれ出してくれないし、ちょうど最後の頃が細見の琳派展に引っかかっているだけに余計行きたいのですが、ただでさえ紅葉渋滞おびただしい(笑)京都まで行けるかどうか…うう、ちょっと辛いかも…

 参考書籍:三十六歌仙絵巻の流転―幻の秘宝と財界の巨人たち (日経ビジネス人文庫)
  上記「絵巻切断」が本になり、その後文庫化にあたって加筆したもの。
  所蔵者のリストも載っていますが、その後さらに変わってます(^^;)

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/78-82056e7a
  • -【】
    管理人の承認後に表示されます
【2009/09/16 07:43】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。