スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

いざ琳派!!

 2008/01/26(Sat)
 今年2008年は尾形光琳生誕350年&酒井抱一没後180年という節目の年で、久々琳派イヤーになりそうだとの予想通り、秋から冬にどどっと一挙に三連発でくる模様です。(^^) いつもは忙しくてなかなか時間のやりくりがつかないのですが、これは何が何でも全部制覇するぞ!と今から鼻息荒く(笑)意気込んでいる千尋でした。まあメインは光琳でしょうが、大好きな抱一や案外見る機会の少ない俵屋宗達などもどのくらい出てくるか楽しみです。うふふ。(そしてできれば、久しぶりに光琳「風神雷神図」&抱一「夏秋草図」の同時展示もまた見てみたい♪)

 というわけで、とりあえず注目中の三展。

 ・大琳派展 継承と変奏(2008.10.7-11.16/東京国立博物館)
 ・琳派から日本画へ 宗達・抱一・御舟・観山(2008.11.8-12.25/山種美術館)
 ・琳派展(2008.12.6-12.24/MOA美術館)

 なお、東博琳派展情報ははろるどさんのブログで知りました。ありがとうございます!

追記:
 琳派にはまってからというもの、千尋の密かな念願のひとつに実は尾形光琳の「燕子花図屏風」と「紅白梅図屏風」を同じ美術展で一度に見たい、というものがあります。上記の光琳作「風神雷神図」&抱一作「夏秋草図」や、宗達・光琳・抱一の「風神雷神図」揃い踏みはここ何年かで実現したので、残る野望(笑)はこれだけなんですが、さて実現するでしょうか…?(今根津美術館がお休み中なので、ある意味いいチャンスじゃないかと期待中)

さらに補足:
 上記の抱一没後180年というのは旧暦で、厳密に言えば太陽暦では179年です。(だって抱一の命日って、グレゴリオ暦だとお正月なんですもん…苦笑)

もうひとつ補足(笑):
 そういえば忘れてましたが、秋から冬といえば細見美術館も毎年恒例琳派展のシーズンなのですよね。(汗) 去年は神坂雪佳だったけれど、さて今年はどんなテーマで来るんでしょう?
スポンサーサイト
コメント
こんばんは。拙ブログへのリンクとTBをありがとうございました。

東博の琳派展は本当に楽しみですよね。仰る通り、根津美が改修中なので燕子花の出品はありそうですが、MOAはどうなのでしょうか。並んだとしたらともかく大変なことになりそうです。

海外からの里帰りもあるとのことで、その辺にもまた注目したいなと思いました。
【2008/01/27 23:53】 | はろるど #GMs.CvUw | [edit]
こんにちは、早速のお越しありがとうございました。そして
大琳派展、まだ細かい情報公開がしばらく先だけに色々
願望は募るばかりです。4年前の近代美術館の琳派展も
チラシ見た時から大騒ぎでしたが、今回はもしかすると
あれ以上を期待してもいいのかなあ、とやっぱりどきどき
してしまうのでした。
(そして里帰り作には、メトロポリタンの光琳作八橋図を
密かに希望中です)
【2008/01/28 20:32】 | 飛嶋千尋 #EvGjErPc | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/5-b79fca6a
  • 2008年 私の気になる美術展【はろるど・わーど】
    毎年、この号だけは購入しています。月刊「美術の窓」最新号より「今年の展覧会ベスト150」です。今年は上半期と下半期に分けず、一年間の展覧会がまとめて挙げられています。その中より、私が特に気になる展示をピックアップしてみました。 現代美術 「宮島達男 Art i...
【2008/01/27 23:36】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。