スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

初詣と紫野散歩

 2017/01/16(Mon)
 大変遅まきながらですが、あけましておめでとうございます。目下色々と立て込んでいて、なかなかブログまで手が回らずにおりますが、本年もよろしくお願いいたします。

 1月最初の連休は久々に京都を訪れたので、初日の7日に早速上賀茂神社・下鴨神社へ初詣に行ってきました。
上賀茂さんでは真っ白な神馬がお出迎えしてくれまして、見るとどうやら午前中に神事があった模様。そこで気がつきましたが、そういえば一月七日は平安時代には「白馬節会(あおうまのせちえ)」の日だったのでしたね。今ではすっかり七草粥になってしまいましたが、今でも上賀茂神社や大阪の住吉大社等では毎年行われているそうです。

  上賀茂神社の神馬


 その後上賀茂さんからの帰り道、うっかり勘違いで遠回りのバスに乗ってしまったのですが、これがある意味運のいいことに千本通りを下る路線でした。ということは、今出川通から二条駅の手前までは平安時代の大内裏のど真ん中を通り抜けることになるわけです。これはこれで面白いなと喜んで外の景色を眺めていましたが、そこでふと気がついたことがありました。

 斎院サイトをご覧いただいた方はGoogleMapがあるのをご存知かと思いますが、この地図には歴代斎院ゆかりの場所や邸宅、墓所等はあるものの、大内裏の中にあった初斎院の場所は載せていなかったのです。これはいかんというわけで、昨日改めて大内裏と内裏の範囲、そして歴代初斎院跡を地図に付け加えました。あまり細かくすると現在の地図がわかりにくくなってしまいそうだったので、内裏と初斎院以外の施設については特に触れていませんが、大体の位置はおわかりいただけるかと思います(今では便利なスマホアプリもあるようですが、千尋はスマホは持っていないので…)。
 またついでに、今までアイコンを初期設定のままにしていましたが、内容別にわかるよう変えてみました。上賀茂・下鴨両社と紫野斎院跡とされる櫟谷七野神社は神社マークで、邸宅跡は家の形のマークで表しています。なお墓所はなかなか適当なものがなく、悩んだ末に十字マークを選びました。
 ともあれ、この地図は簡単な説明と関連施設へのリンクがある程度なので、後日写真等も付け加えていく予定です。

・「賀茂斎院関連マップ」
 https://goo.gl/p0hrgP

 さて、8日は大雨だったこともあり平安京散歩は残念ながらお預け、最終日の9日に紫野の櫟谷七野神社へ行ってきました。
 思えば最初にこの場所を訪れた頃(2003年)は、斎王に興味を持ち始めてはいたものの、まだ賀茂斎院自体をあまり理解してはいませんでした。なまじその時の写真も手元にあったため、斎院サイトを開設してからもずっとご無沙汰していたのですが、このたび本まで作ったからには改めてきちんとご挨拶に行かねばなりません。
 というわけで、せっかくだから本のタイトル「紫野逍遥」のとおり、神社から紫式部のお墓までぶらぶらお散歩してみようというのが今回のささやかなミッションでした。

 櫟谷七野神社は堀川通のバス停「天神公園前」から、上御霊前通を西へ向かって徒歩で約5分ほどの場所です。途中はごく普通の町並みで、少し細い道をひたすらまっすぐ進むと、T字路に突き当たる直前の右手に神社がありました。

  櫟谷七野神社


 神社は奥まった小高い場所にあり、拝殿脇の東側に賀茂斎院跡の立派な石碑が建っています。境内はすっかり駐車場になってしまっていますが、階段を上るとなかなかいい眺めで、まだ高い建物が少なかった頃は京都市内を一望できたかもしれませんね。

 お次は一度東に戻り、今度は大宮通を北上します。
 ここは少し広い通りで、平安時代には大内裏の東端を貫く「大宮大路」でした。つまりこの道はその昔、賀茂祭で斎院一行が往来した道でもあるのです。今ではまったくその面影もない普通の通りですが、そう思いながら歩くとやはり感慨深いものがありました。
 そして鞍馬口通を東に向かい、再び堀川通に出てちょっと北上すると、北大路通の少し手前に紫式部と小野篁の墓所があります。ここも随分昔に一度訪れたことがあり、久々の訪問でした。

  紫式部墓所


 もう少し足を伸ばせば近くに雲林院もあるのですが、今回はあまり時間もなかったのでここで終了、そのままバスで駅へ戻りました。珍しく天候にあまり恵まれない旅行になってしまいましたが、今年は何とかまた5月に京都へ行きたいなと思っています。


 ところで、来月東京渋谷にて、斎宮歴史博物館・國學院大學博物館共同シンポジウム「伊勢神宮と斎宮」 が開催されます。もちろん千尋も早速申し込み、ここで紹介しなければと思っているうちに気がついたら〆切となってしまいましたが、東京でこうしたイベントが開催される機会はあまり多くはないので、今からとても楽しみです。

・シンポジウム「伊勢神宮と斎宮」公式サイト
http://museum.kokugakuin.ac.jp/event/detail/2016_ise_saiku.html

 なおもう一つ、所京子先生の最新刊『斎王研究の史的展開 伊勢斎宮と賀茂斎院の世界』(勉誠出版)が、このたび発売となったそうです。
 所先生の斎王研究書は既に『斎王和歌文学の史的研究』『斎王の歴史と文学』の2冊が発行されているものの、その後未収録の論文が随分ありましたが、今回ようやくそれらがまとめて収録されたようでこちらも大変楽しみです。

『斎王研究の史的展開 伊勢斎宮と賀茂斎院の世界』
(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/dp/4585221638/
(勉誠出版)
http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100665

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/398-379a84aa
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。