スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

追憶の月光と踊る朝顔

 2016/10/01(Sat)
 今年は年度初めから仕事がてんやわんやで、ただでさえ賀茂斎院にかまけていたこともあってすっかり美術展レポもご無沙汰中です。美術展自体はせっせと回っているのですが、今年は本当に回るだけで精一杯で、もうしばらくは休止状態が続きそうですがご容赦くださいませ。

 さて9月21日から、上野の東京国立博物館にて酒井抱一の「夏秋草図屏風」が公開中です。
 東博での公開は3年ぶりとなるものの、昨年の琳派イヤーでは京博琳派展に出張していたので、千尋にとっては約1年ぶりの再会です。京博の1回目でも閉館直前の10分間ほど独り占めでしたが、今日は20時まで延長開館だったおかげで、19時以降はほぼ無人の大変贅沢な状態で心行くまで堪能してきました。大好きな絵画は古今東西たくさんありますが、「夏秋草図」は時間さえ許せばいつまででも見ていたい作品です。


2016年夏秋草図
今回は真っ平らな状態での展示でした。


 そしてサントリー美術館では9月10日から、抱一さんの一番弟子こと鈴木其一の回顧展を開催中です。こちらも早速初日に足を運び、冒頭にまず師匠である抱一さんの作品、しかもこれまた大好きな「白蓮図」が出ていたのに大喜びでした。あの掛け軸も抱一作品ではベスト3に数えているお気に入りなので、去年に続き今年も会えて嬉しかったです。 
 それはともかく、肝心の其一ご本人ですが、初めて見る作品が予想以上に多く、何だか其一のイメージが大分変わった気になる素晴らしい内容でした。
 大作の屏風を始め掛け軸、襖絵、扇面、さらには羽子板や絵馬と実に多彩な種類が揃っており、中でも特に惹かれたのは、雛道具として作られたらしいミニチュアの掛け軸でした。まさにお雛様サイズで、これがまた小さいのにとても丁寧で大変に可愛らしいのです。思えば其一作のミニ巻物は前にも見たことがありますし、師匠の抱一さんが描いたミニ屏風や草紙も知っていましたが、あのくらいのサイズなら自宅にも置けそうなせいか本気で欲しくなってしまいました(ちなみに千尋は何を隠そう、ドールハウス大好き人間です。笑)


2016鈴木其一展


 ともあれ、其一の其一らしい(と私が勝手に思っている)作品については、個人的に結構好き嫌いが別れるため、抱一さんほど好みとは言えないのが正直なところです。今回久々にメトロポリタンから里帰りの「朝顔図屏風」は大好きですが、根津美術館所蔵の「夏秋渓流図屏風」はちょっとどぎつく感じる色彩が苦手なのですよね。
 とはいえ、彼自身の画風が確立された後のあのシャープでモダンな独特の味わいは、好き嫌いはまた別としても面白いですし、朝顔以外にもいいなと思う絵は色々あります。細見美術館所蔵の黒楽茶碗と白椿の掛け軸は、タッチはいかにも琳派なのですが、すっきりと端正な佇まいがまさに其一らしくてお気に入りの絵の一つですね(今回他にも白椿を描いた作品があり、どうやら彼の好きな花だったようです)。だから抱一さんの抒情的な優美さとは異なるものの、絵のセンスは決して嫌いではないのですが(むしろ抱一さんと同じだったら面白くないでしょう)、ただ若冲の場合と同じで、色彩がビビッド過ぎるとちょっと苦手だなとも思ってしまうのでした。

 ところでそういえば、関連書籍に以前取り上げた『麗しき果実』があるかなと期待していたのですが、今回売店にはありませんでした。最近時代小説でも絵師を題材にした作品が増えていますが、其一を取り上げたものは大変珍しい(もしかして唯一?)ですし、作中で描かれた其一の人物像も千尋にはイメージに合っていると感じられたので、ちょっと残念です(個人的には前から何だかとっても真面目そうな人だなと何となく思っていたのですが、解説によると当たりだったようです。笑)。

 さて最後に、明日の日曜美術館ではその鈴木其一が登場です。しかも「幕末の異端児」なんて言われてしまってますが、とはいえ其一の場合、若冲や蕭白ほどエキセントリックではないと思うんですけどねえ(笑)

関連過去ログ:
 ・「麗しき果実 酒井抱一と根岸の里

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/395-fa407a84
  • 鈴木其一 @サントリー美術館【Art & Bell by Tora】
     気候が良くなり、体調も回復してきたので、美術散歩を再開した。  久しぶりのサントリー美術館である。見てきたのは「鈴木其一ー江戸琳派の旗手」。  江戸琳派といっても酒井抱一とは一味も二味も違う。「江戸琳派の旗手」という表現は正鵠を得ている。 この展覧会は展示期間によって、大きく「前期」(9/10-10/3) と「後期」(10/5-10/30)に分かれている。  今回見たのは...
【2016/10/14 22:14】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。