琳派400年(6) 華麗なる季節・山種美術館「琳派と秋の彩り」

 2015/11/20(Fri)
 今年の琳派四百年記念イヤーもそろそろ終盤ですが、今週はNHKの「歴史秘話ヒストリア」が尾形光琳で、チェックしそびれていた千尋はたまたまチャンネルを回してびっくり仰天しました。全編ドラマ仕立てというわけにはいかない関係もあって諸々端折られてはいましたが、光琳視点というのは思えば初めてで面白かったです。なおドラマ仕立てと言えば「美の巨人たち」でもちょっと意表を突く演出があってこれまた大変愉快だったので、その話はまたいずれ。

 さて、9月26日(土)と10月24日(土)の2回、山種美術館で開催の「琳派と秋の彩り」(2015/9/1-10/25)へ行ってきました。

 山種美術館さんも琳派作品を色々所蔵していらっしゃるところで、とりわけ酒井抱一好きには嬉しい美術館の一つです。今回もお馴染み「秋草鶉図屏風」がポスターやチラシになっていて、図録の表紙にも「菊小禽図」が使われるなど、まさに抱一が主役!という感じでした。

 なお今回は光琳はありませんでしたが、光悦・宗達は所蔵品の和歌短冊や槙楓図屏風に加えて、個人蔵の貴重な作品もたくさん出品されていました。また抱一作品も、2011年の大回顧展で見た「仁徳帝・雁樵夫・紅葉牧童図」や「寿老・春秋七草図」等のあまり見る機会のない三幅対やその下絵もあって、数そのものは琳派関連で30点弱ながらとても見応えのある内容でした。

 さて今回、一番面白かったのが抱一さんの「仁徳帝」の下絵でした。
 構図は三幅対の完成作と全く一緒で、他にも同じような作品があるそうですが、仁徳帝の側に控える女官?の衣装の柄が下絵と完成作では違うのです。まあそもそも仁徳帝の時代に平安の女房装束は明らかに変なのですが(笑)、下絵では裳の柄は松林なのに、完成作の方はかの「夏秋草図屏風」を思わせる群青の流れが小さいながらしっかり描き込まれていました。
 また下絵の御簾には「スシ(筋)金」と書き込みがあり、確かに完成作では緑の地に細い金泥の線が丁寧に書かれていて、小さな部分なのに非常に丁寧に細部まで手を抜かずに描いてあるのです。もっとも下絵に指示書き?があるということは、そうした単純な部分は弟子にアシスタントをさせたのかもしれませんね。

 ちなみに女房の裳に描かれた水流や、寿老人の衣の襟、秋草の朝顔の花などはやはりいい顔料を使って描いたものらしく、少し角度を変えて見ると、ごく小さな部分なのに照明で群青がきらきら光っているのがはっきりわかりました。以前千葉市美術館で初めて見た時はびっくりしましたが、あの群青色は本当に綺麗で、何度見ても惚れ惚れします。

 それにしても、抱一さんの絵は宗達や光琳と比べても独特の何ともいえない典雅な気品を湛えていて、こういう点が女性ファンの多い由縁なんだろうなといつも思います。春秋七草の春の絵など、抱一さんの手にかかるとペンペン草ですら優雅に見えてしまうのですよね(笑)。

 ともあれ、今年訪れた琳派展は他にもサントリーの乾山展、京都国立博物館の琳派展、京都国立近代美術館の琳派イメージ展、そして静嘉堂の金銀展と、まだまだレポートを書かなければいけないものが盛り沢山でちょっと大変です。何とか今年中に一通り書いておきたいと思うのですが、京都の国立博物館・国立近代美術館は共に11/23で終了ですので、見逃している方はどうぞお早めに。

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/389-f69506a4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫