スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

上野の夏休み 指輪と女王と女神

 2014/08/27(Wed)
 またまたご無沙汰してます、今年の夏はいつにも増して天候がめちゃくちゃで、関東は先週の猛暑から一転してまるで彼岸明けのようなお天気です。というよりも、梅雨の間に降らなかった雨が今頃になってやってきた感じでしょうか。
 そして今月は全国各地で水害が頻発しており、心の痛む毎日です。被災地の皆様はまだ色々大変かと思いますが、少しでも早く落ち着いた生活に戻れますように、そして山や川の近くにお住まいの方もこれからの台風シーズンは油断せず、くれぐれも気をつけてお過ごしください。

 さて、遅まきながらですが梅雨明け直前?の先月18日に国立西洋美術館の「The RINGS 指輪」(2014/7/8-9/15)、翌19日に東京都美術館の「女王と女神 メトロポリタン美術館古代エジプト展」(2014/7/19-9/23)へ行ってきました。今年の前半は何故だかあまり行きたい美術展がなくてちょっとぼんやりしていたのですが、これから先に色々楽しそうなものが目白押しなので、後半戦は頑張って取り返そうと思います。(ちなみにキトラ展は以前明日香村で既に一度四神揃い踏みを見たこともあり、混雑が怖くて行きませんでした。苦笑)

 指輪展は今回たまたま珍しく金曜の夜に時間が取れたので、夕方6時に現地到着、お客も少ないゆったりと静かな館内で素晴らしい展示品の数々を心行くまで堪能してきました。いわゆるアンティークジュエリーもダイヤやルビーやエメラルド等の輝きが目に眩しい程でしたが、テーマが「指輪」というだけあって、時代がとても幅広いのがまたとても見応えがありました。
 古代の発掘品では、エジプトのスカラベ指輪がファイアンスやアメシスト等色々あって面白かったですし、他ではあまり見られないインタリオの指輪がたくさんある上に、どれも印章として使った場合にどうなるかの見本が添えられていたおかげで、図柄がとてもわかりやすいのもよかったです。また最後のコーナーでは、神戸ファッション美術館所蔵の様々な時代の衣裳が指輪と一緒に展示されていて、なるほど、こういう衣裳にはこういう指輪やアクセサリーを合わせていたのかと、何だか目からうろこが落ちる気分でした。ああいう時代衣裳は新宿の文化学園服飾博物館でも見たことがありますが、ジュエリーと一緒というのは私もあまり憶えがありません。(ラリック展でフォルチュニィが2点ほど出ていた時くらいでしょうか?) しかもちゃんとかつらまでつけたマネキンに衣裳を着せていたので、本当に絵画の中の貴婦人たちが絵から抜け出してきたようで、時代衣裳というものがとてもよく実感できる貴重な体験でした。

  参考書籍:
  
  西洋史の中の指輪を巡る文化をわかりやすく紹介した名著です。
  (残念ながら絶版ですが…)


 そして指輪展の翌日、こちらは初日の古代エジプト展へ、朝一番で駆けつけました。
 というのも、エジプト絡みの展示会というのは日本では大人気と相場が決まっていて、家族連れのお客さんも多いのですよね。しかも会期は夏休みと同時にスタートとあって、日曜美術館などで放送される前に行かなければ!(笑)というわけだったのでした。

 それはさておき、エジプトで女王と言えば圧倒的にクレオパトラが有名ですが、今回の主役はハトシェプストとネフェルティティでした。2011年の「フェルメールからのラブレター展」もそうでしたが、見慣れた題材の美術展でもこういう新しい切り口での展示になると、今までとはまた違う魅力が発見できるのが面白いところですね。
 ハトシェプストは彼女の名前や姿を記録した遺跡・遺品の大半が破壊されてしまったと思っていたのですが、今回の展示で意外にたくさんの品々が残っているのを知ってちょっと驚きでした。またネフェルティティゆかりの品では、ロータスをかたどったアラバスターのゴブレットがとても繊細な美しい器で、ちょっと手に取ってみたくなったほどです。さらに王族女性たちが使ったという宝飾品や化粧用具も、3000年以上昔のものとは思えないほど豪華できらびやかで、溜息が出るような品々でした。
 また今回、古代の楽器も展示されていましたが、その周辺で楽器を演奏した時の音が流れていたのも、意表を突かれる心憎い演出でした。これも面白い企画でとてもいいなと思いましたが、かなり音量が控えめで、混雑しているとちょっと聴きとりにくいかもしれませんので、これから行く方は会場では注意して耳をすましてみてください。


 ところで最後に、来年国立新美術館で開催のルーヴル美術館展へ、フェルメールの「天文学者」が来るそうですね! 「地理学者」の方は最近では2011年に見たことがありますが、「天文学者」は今回が待望の初来日だそうで、今から大変楽しみです。

スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんばんは。

TBありがとうございました!!
送っていただけて嬉しかったです。
【2014/08/27 22:46】 | Tak #gwhLWWFU | [edit]
こんばんは、こちらこそ大変ご無沙汰しておりました(苦笑)。
今年前半は色々あってちょっとよろよろでしたが、またぼちぼち美術展レポも書いて行きたいと思っています。
来年のフェルメールも楽しみですね!
【2014/08/27 22:53】 | 飛嶋千尋 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/369-30cb1f89
  • 「メトロポリタン美術館 古代エジプト展」【弐代目・青い日記帳 】
    東京都美術館で開催中の 「メトロポリタン美術館 古代エジプト展 女王と女神」に行って来ました。 展覧会公式サイト http://met-egypt2014.jp 2009年の夏に、「トリノ・エジプト展」を最後に、東京都美術館は建て替え工事に入りました。 あれから5年が経ち、装いも新たになった都美館でエジプト展が開催されています。一昨年(2012年)森アーツセンターギ...
【2014/08/27 22:45】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。