スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ようこそ琳派へ

 2013/09/21(Sat)
 今日は千葉市美術館で開催中の所蔵作品展「琳派・若冲と花鳥風月」(2013/8/27-9/23)と、前回に引き続き東京国立博物館の「秋の特別展」(2013/9/18-9/29)へ行ってきました。千葉市美術館も大変面白かったのですが、こちらは既に他のブロガーの皆様が色々書いてくださっているようですので、千尋は本日も夏秋草図情報です。

 まず今回、夕方4時近くに博物館へ着いて驚いたのですが、今日は毎年恒例「留学生の日」だったのですね。千尋はお間抜けにもすっかり見落としていたのですが、そんなわけで今日の開館時間は6時まで延長だったのでした。おかげさまで5時以降は大分館内も空いてきて、連休初日の土曜にもかかわらず随分ゆったり作品を鑑賞できました。(ちなみに来週28日も、コンサートで夜8時まで開館だそうです)

 そしてもうひとつ、これまた前回まったく気付かなかったのですが、大変なサプライズがありました。
 初日はとにかくひたすら夏秋草図しか眼中になく(笑)、おかげで他の展示も何も完全にすっ飛ばしていたのですが、今日たまたま買いたいグッズがあって売店コーナーに入ったところ、思いがけないものがありました。何と、「夏秋草図屏風」の実物大複製(!)が、レジの前にどーんと置かれていたのです。今までも半分の大きさのものはありましたが、今回は正真正銘本物と同じ大きさで、これにはさすがにびっくりしました。
 さらに驚いたことに、この複製は何と売り物でして、お値段も140万円(!!)とこれまた素晴らしく、お高いだけあって出来栄えも本物にかなり忠実なのです。オリジナルでは顔料の剥落している部分(特に右隻「夏草図」の中央部分)などは流石に元の姿を復元していましたが、逆にそれが元々はこんな感じだったのかな、と思われて、しばし感心して見とれました。

 とはいえ、所詮レプリカに過ぎないではないか、と思う方も多いでしょうが、個人的にこの複製の一番の見どころは「床の上に置いてある」ことでした。厳密には高さ10センチほどの台の上に載っているのですが、とはいえ畳の上で見るのとほぼ大差ない、つまり本来あるべき高さで鑑賞することができるのです。実を言えば、初日に本物を見た時にちょっと展示の位置が高すぎるなあと思っていたので、まさかこういう形で見られるとは思わず本当に驚きました。
 ちなみに夏秋草図の高さは約165センチだそうで、千尋は身長164センチですからほぼ同じくらいだということは知っていましたが、そうか、同じ高さから見るとこういう視点になるのか、と初めて実感できたのが何とも嬉しい衝撃でした。同時に思い出したのが以前BSの「極上美の饗宴」で玉蟲敏子先生が三渓園の建物で同じような複製を鑑賞していたことで、あんな素敵な環境で見られたらもっと素晴らしいだろうなあと、改めて玉蟲先生が羨ましかったです。
 ただ制作会社のスタッフさんに訊いたところ、この複製も例によって一般的な一曲二双屏風の置き方になっており、元々の裏屏風としての置き方は残念ながらできないのだそうです。えー、それが一番肝心な所なのにー!と少々がっかりしましたが、とはいえ大変貴重なものを見せてもらったのは事実で、おかげでしばしの間本物を見に行く足を止められてしまったほどでした。

 なおこの「夏秋草図屏風」の実物大複製は、東博開館140周年と制作会社の創業125周年を記念して作られたもので、売店での展示は特別公開の期間中のみだそうです。この機会を逃すと今後二度とこうした形では見られないかもしれないので、これから「秋の特別公開」で酒井抱一を見に行く方は、是非とも売店へも寄ってみてくださいね。

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/359-e9bd759b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。