秋の特別公開 in 上野

 2013/09/20(Fri)
 9/18(水)から、東京国立博物館の「秋の特別公開」が始まりました。

 今回は短期間ながら酒井抱一作「夏秋草図屏風」が3年ぶりでお目見え、ポスターでも主役扱いなのが嬉しいです。しかもちょうどその日は偶然にも休暇にあたっていたので、これは天の配剤とばかり喜び勇んで行ってきました。


秋の特別公開・夏秋草図屏風
本館7室にて。


 今回は展示場所も本館の2階7室(正面玄関から向かって左奥)で、御覧の通り壁面ひとつを丸ごと占領しての堂々たる特別待遇です。夕方4時頃に着いた時は結構たくさんの人が熱心に見ていたので、結局5時の閉館ぎりぎりまで粘ってこの写真を撮るのに成功しました。ほんのちょっとの間ですが、一人占め気分を堪能できて幸せでした。ふふ。

 とはいえ今回もやっぱり、本来の裏屏風としての展示形式でなかったのはいささか残念で、また心なしかいつもよりも照明を抑えていたようにも感じました。それでも渋い銀屏風に描かれた草花の嫋々とした風情は何とも美しく、いつまで見ていても見飽きない大好きな作品です。昨夜の見事な十五夜の満月のように、この儚げな草花を照らすのもきっと澄んだ美しい月光なのでしょうね。

 ところでこの「夏秋草図」は右隻と左隻でそれぞれ夏草と秋草を描いていて、真ん中で接している草が微妙に繋がっているようで繋がっていません。また描かれている草花も、薄以外に共通するものは殆ど見当たらず、同じ場所の違う季節を描いたものとも、あるいはそれぞれまったく別の場所とも取れます。同じく展示中の「四季花鳥図巻」は春夏秋冬の移り変わりを綺麗に一繋がりで描いていますが、この「夏秋草図」の世界も同じどこかの野原の情景の時間の経過を描いたものなんでしょうか?


夏秋草図屏風(2013)
正面からアップでもう一枚。

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/358-82c2ad52
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫