秋は酒井抱一!

 2013/07/28(Sun)
 この秋久方ぶりに、酒井抱一作「夏秋草図屏風」が東京国立博物館の本館常設展示に登場します!

夏秋草図1


 今回は秋の特別公開ということで、9月18日(水)から29日(日)までとやや期間は短いながら、同時期に「四季花鳥図絵巻」も合せて見ることができます。(※「四季花鳥図」の展示期間は8/20-9/29) 東京国立博物館ニュース8・9月号でも大々的に取り上げていますので、抱一ファンの皆様はぜひお見逃しなく!!

 …それにしても、今回はわずか二週間足らずと本当に短期間ですが、思えば夏から秋にかけてのこの時期にこの屏風を見た記憶はあまりないような気がします。一昨年の千葉での酒井抱一展はもう晩秋に近い頃でしたし、その前の2010年はちょうど今頃の夏真っ盛りで、「美の巨人たち」でも「暑中見舞い代り」なんて言われてたのですよね。
 なお今回の展示はちょうどお彼岸の時期で、しかも9月19日(木)は旧暦の八月十五日、つまり中秋の名月です。ただ特別展の期間からは外れてしまったため、今回金曜日の夜間開館はないのですよね。もし20日が20:00まで開館だったら、閉館ぎりぎりまで鑑賞した後で帰り道は十六夜月を楽しみつつ上野駅までそぞろ歩き…なんていう風流な楽しみもあったのになあ、とちょっと残念です。


追記:
 問題の東博ニュースを眺めつつ、今回は裏屏風の置き方で展示してくれるといいなあ、と考えていたら、ふといいことを思いつきました。

夏秋草図(東博ニュース)


 というわけで、画集のページは恐ろしくてさすがに折れませんが、東博ニュースなら綺麗な印刷で大変お手軽に本来の姿の「夏秋草図屏風」を再現できます。これから東博へ行く機会のある方は、ぜひ東博ニュースをもらってきて試してみてくださいね。

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/354-1d608109
  • 「酒井抱一筆 夏秋草図屏風の魅力」 東京国立博物館【はろるど】
    東京国立博物館の「秋の特別公開」に展示されていた酒井抱一の「夏秋草図屏風」。関東では千葉市美術館の抱一展以来の出品となりました。 さて公開中の9月28日、平成館大講堂にて、絵画・彫刻室研究員の本田光子さんの講演会、「酒井抱一筆 夏秋草図屏風の魅力」が行...
【2013/11/16 20:15】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫