スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

生誕100年 東山魁夷展

 2008/05/26(Mon)
2004年の大回顧展から早4年、久しぶりの東山魁夷展に5月5日行ってきました。
今回は魁夷さんご本人の講演会での解説録音を聴けるとあって、普段はめったに借りない録音ガイドも利用しまして、これがまた面白かったです。絵だけでなく文章も達者な方でしたが、語り口も穏やかで聞きやすく、この人は言葉もいいなあと改めて思いました。

ところで、もし東山魁夷の絵は何色のイメージか、と訊いたら、かなりの人が「青」と答えるのではないかと思います。ところが今回初めて気付いたのですが、確かに魁夷さんの絵は青が多いけれど、その割に真っ青な快晴の空を描いた絵は意外に少ないのですね。どの絵も空の面積が少なかったり、あっても雲が多かったり夕暮れだったり夜だったりで(そして月を描いた作品が結構多い)、やっぱり大好きなマグリットが描くようなぱっきりと青い空が殆ど見当たらないのは盲点でした。

で、そんな中で少ないながら青空が描かれた絵のひとつに、代表作の「道」があります。もっともこの絵の空も、青空というにはやや霞んだ感じの、春独特の少し低く灰色がかった空のように見えました。またもうひとつの代表作「残照」は、雲ひとつない空ながら名前の通り薄暮のごく淡い茜色で、やはり真昼の青空という感じではありません。魁夷さんの絵(特に風景画)は殆ど人が存在しない、画家の心の中の景色を描いた心象風景なんだなということは前から感じていましたが、その世界には一体どんな空があったのでしょうね?
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/34-a61a835b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。