愛しのレオナルド

 2012/07/05(Thu)
 しばらく前ですが、Bunkamuraで開催された「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」に行ってきました。
 日本人でもレオナルド・ダ・ヴィンチと「モナリザ」を知らない人は恐らく殆どいないでしょうが、何しろ天邪鬼な千尋は、世界一有名なあの女性を美しいとはあまり思ったことがありません。それ以前にそもそも、レオナルドの描いた女性で好みの人物が滅多にいないというのが本音で、現物を見たものではかろうじて「白貂を抱く貴婦人」(2002年来日、横浜美術館)がまあレオナルドにしてはチャーミングな美人だな、と思ったくらいでした。
 ところが今回の「ほつれ髪の女」は、そんなレオナルド作品では珍しく久々に大変美しいと感じた好みの作品で、これを今まで知らなかったのは大失敗でした。レオナルドは完成作品の少ないことでも有名な画家ですが、なまじきちんと描き上げられた?モナリザや聖母マリアより、このデッサンの方がよほどいいなと思ったくらいです。(そういえばブーシェの絵も、荒いタッチのデッサンの方が好きなものは多いのでした)

 ともあれレオナルドの絵に接したのは実に5年ぶり、2007年に来日した「受胎告知」(東京国立博物館)以来でしたが、そこでふと思い出したことがありました。
 多分この「受胎告知」来日の頃だったと思うのですが、書店でふと手にした美術エッセイらしき本で、珍しく私の好きな「洗礼者ヨハネ」が取り上げられていました。しかも著者は「日本ではダ・ヴィンチと称されることが多いが、私は断然「レオナルド」と呼ぶことにしている」というようなことを述べていて、おお同志、と嬉しくなったのです。(ただあいにくその時は買わなかったため、誰の何という本かは覚えていないのですが、多分中山庸子氏の『イケメン美術館』だったと思われます)

  
イケメン美術館イケメン美術館
(2007/01)
中山 庸子

商品詳細を見る


 これまたよく知られるとおり、「ダ・ヴィンチ」というのは「ヴィンチ村(出身)の」という意味であって、日本人が考えるような苗字とはちょっと違います。なので私も昔から「レオナルド」と呼ぶことに密かにこだわっているのですが、研究者以外で恐らくそうではないかと思われる人にもう一人、作家の塩野七生氏がいらっしゃいます。
 知る人ぞ知るかもしれませんが、塩野さんは昔からレオナルドの熱烈なファンだそうで、そのあたりは『イタリア遺聞』の最終章、その名も「レオナルド、わが愛」に詳しいです。しかも愉快なことに(と言っては申し訳ないのですが)、当時まだ書いていなかったマキアヴェッリもカエサルも書けるという自信があった塩野さんが、唯一(伝記として)書けない(ご本人曰く「モノにできない」)と白旗をあげたのが他でもないレオナルドだというのですよ。
 はて、『ローマ人の物語』の作者をして書けないと言わせるとは、と最初は驚いたのですが、理由を読んで納得。彼があまりにも万能の天才であったがために、特に自然科学方面は手に負えないということなのだそうで、これには私も心から賛同しました。もっとも私の場合、解剖学くらいならブラックジャックの影響で(笑)そこそこ興味もあるから何とかなりますが、建築だの兵器だのとなると確かにお手上げですね。

  
イタリア遺聞 (新潮文庫)イタリア遺聞 (新潮文庫)
(1994/03)
塩野 七生

商品詳細を見る


 ともかくも、この短いエッセイの中で塩野さんも一貫して「レオナルド」あるいは「レオナルド・ダ・ヴィンチ」と読んでいて、「ダ・ヴィンチ」という略称は一度も使っていません。私のようなこだわりを持つ人間にはこれだけでも大変に嬉しいことで、逆に某『ダ・ヴィンチ・コード』等は内容以前にそもそもタイトルが気に食わんというのが本音なのですが、ともあれこういう同好の士がいるのは非常に心強いのでした。

 ところでこの「レオナルド」という名前、決して悪い名前だとは思わないのですが、時々「どうせなら「ガブリエロ」だったらもっと面白かったのになあ」と考えてしまいます。
 というのも、レオナルド・ダ・ヴィンチは言うまでもなくルネサンス三巨匠の一人として有名ですが、あとの二人は「ミケランジェロ(=ミカエル・エンジェル即ち大天使ミカエル)」と「ラファエロ(=大天使ラファエル)」ですから、レオナルドが「ガブリエロ(=大天使ガブリエル)」だったら綺麗に三大天使が揃ったのに…という訳なのでした。思えばレオナルドの描く大天使ガブリエルはそれはもう美しく、はっきり言って聖母マリアよりよほど魅力的だと断言したいくらいですが、レオナルド自身も若い頃は大変な美青年だったそうですから、案外ご本人の面影を宿していたりするのかも…?


  レオナルド「洗礼者ヨハネ」
  一番好きな「洗礼者ヨハネ」。珍しくサイン入りだそうです。

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/333-cc30a8d9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫