白い毛皮の黒いぶち

 2011/07/10(Sun)
 このところ調査中の源氏物語の中に、末摘花と呼ばれる姫君が纏う毛皮の話があります。平安初期には貴重で高価な舶来品だったものの、女性が使うにはおよそ不向きなものであったらしく、初めてそれを見た光源氏は(確かに寒い冬の日だったとはいえ)彼女の衝撃的な醜女ぶりも相まって呆然とした、というエピソードは有名です。
 で、この毛皮、原文では「黒貂(ふるき)の皮衣(かはぎぬ)」とあります。クロテンことセーブルといえば今でも高級毛皮でお馴染みですが、ここでふと思い出したことがありました。

 西洋の王侯貴族の肖像画には、しばしばマントの裏地やケープ等に豪華な毛皮を使っているものが見られます。白の地に黒い小さな斑点が散っているあれで、特にお馴染みなのは太陽王ルイ14世の肖像画でしょう。

  ルイ14世
  イアサント・リゴー「ルイ14世」(ルーヴル美術館)

 ところでこの小さな黒い斑点、千尋はずっとああいう模様の毛皮だと思っていたのです。ところがある時(確か江戸東京博物館のエルミタージュ展だったと記憶していますが)、ロシアの女帝エカテリーナ2世のものだったという毛皮のマントの実物を間近で見て、びっくり仰天しました。

 何とこの斑点、実は毛皮の模様ではなくて、尻尾の先の黒い部分だったのです。(!)

 いや正直、それまでずっと某101匹わんちゃんのダルメシアンのような(笑)毛皮だとばかり思い込んでいた千尋にとっては、これは大変なカルチャーショックとも言うべき衝撃でした。確かによく考えてみればあれはいわゆる「アーミン」の毛皮で、アーミンというのはシロテンの純白の毛皮を使ったものですから、その毛皮で黒い部分は尻尾の先端しかないのです。コート等に使われるアーミンはその尻尾をつけた毛皮をずらりと並べてはぎ合わせたもので、だから絵画ではあんな風に一面に黒い模様が散っているようにしか見えませんが、近くで見ると尻尾がたくさん並んで(というよりぶら下がって)いるのですよ。

  マリア・テレジアの毛皮
  「女帝マリア・テレジアの肖像」

 ↑この絵だとかなり判りやすいですが、こうして見ると要するにそのコートなりケープなりに何匹のアーミンが使われたか、尻尾の黒い点を数えれば判るのです。おまけにその尻尾が何だか妙にリアルというか生々しくて、正直言って私にはあまり気持ちのいいものではありませんでした。
 もっとも、アーミンことシロテンは本当はテンではなくイタチの仲間のオコジョのことで、セーブルのクロテンや同じイタチ科でこれまた高級毛皮のミンクに比べ、大きくても体長30センチ程度の小柄な生き物です。従って一匹から取れる毛皮の面積もかなり少ないので、その分あんな大きなマントを作るにはさぞ何百匹もの毛皮が必要だったでしょう。(参考までに、上に挙げたルイ14世肖像のマントは少なくとも140以上の尻尾が確認できます)
 しかもオコジョは夏は普通の地味な茶色の毛皮で、あの純白の毛皮は雪が降る冬に合わせて生えかわった後、再び夏毛に戻る春までの間しか手に入らないものです。それだけに、厳しい冬のさなかに野生のオコジョを狩猟で捕らえる手間を考えただけでも、どれだけ高価なものだったか想像に難くありません。そういう貴重な毛皮だからこそ王侯のみが身につける高貴の象徴ともされ、紋章の模様にもなったということですが、それにしてもあの尻尾は本当に実物を見ると衝撃的でした…

 それにしても不思議なのは、どうしてあの尻尾もわざわざ一緒に使ったのか、ということです。尻尾があるからといって面積が増えるものでもなし、別に切り落としてしまって純白の部分だけを使ってもよさそうなものですが、敢えて尻尾も使ったのは何か理由があったんでしょうか。
 これについて、以前やはり実物を見て驚いたという友人とも話したのですが、そこで彼女に「もしかすると他の毛皮と区別するためではないか」と指摘を受けました。アーミンの毛皮の質感や手触りなどは私はあいにく判りませんが、純白というだけならウサギやキツネでもありますし、それに比べるとあの先端だけが黒い尻尾は確かにアーミン特有のもののはずです。ちなみにフェルメールの絵にも白地に小さな黒ぶちの毛皮が時々登場しますが、あれはどう見てもアーミンの尻尾ではないですから、元々ああいう模様の毛皮であったか、もしくはアーミン風にわざと着色する等したものでしょう。

 ここまで書いて気になって調べてみたら、以下の論文にも同じ指摘がありました。やっぱりあれをアーミンだと誤解した人は結構いたらしいですが、でもあれがあんな尻尾だということを知っていれば、絶対そんな誤解は出てこなかったはずなんですよね。(ということは、本場ヨーロッパの人たちも案外あれが尻尾だと知らなかったんでしょうか?)
 しかし読んでみてまたびっくりしたのですが、同論文によるとアーミンのあの尻尾は何と、毛皮から一度切り離したものをわざわざ好みの配置につけ直したものなんだそうです。(!!) なので理屈としては、実際に使っている毛皮よりもたくさんの尻尾をつけることも可能ですが、それだと尻尾をつけられない毛皮が余ってしまいますから、多分使った毛皮の分の尻尾をつけたと素直に考えて差支えないだろう、と解釈しました。
 もっとも穿って考えれば、他の似たような白い毛皮に尻尾だけつけるということも可能ではありますが(笑)、何しろあれをお召しになったのは正真正銘の王侯貴族の人々です。フェイクファーで満足する程度の下々の庶民ならいざしらず、ああいう人たちは金に糸目をつけない分本物の高級品のみを使い、とりわけアーミンは王権の象徴と見なし紋章にまで取り入れるほど誇りにしていたのですから、まさかそんなレベルの低いみみっちい小細工はしなかったでしょう。(多分)

参考論文:
 ・フェルメールの斑点入り毛皮をめぐる「アーミン」言説の再考(全文PDFあり)
  三友晶子(日本家政学会誌 56(9), 617-626, 2005) Cinii提供

  フェルメール「手紙を書く女」
  フェルメール「手紙を書く女」(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)

今回の画像提供:Wikimedia Commons

 ところで話は戻りますが、そういえば101匹わんちゃんでのダルメシアンの子犬誘拐は、そもそも子犬の毛皮でコートを作りたいからという動機からだったんですよね。もしかするとあれも実は、本当はアーミンがいいけどそれは無理だからせめて似たような黒ぶちの白い毛皮が欲しかった、ということだったりしたのかな、なんてふと思いました。

 …それにしても、昨日は関東甲信越も梅雨明けで大変な猛暑だったというのに、何だかますます暑苦しくなりそうな話題でしたね。(笑) 前から引っかかっていたのでつい忘れないうちにと書いてしまいましたが、せめて冬に書けばよかったかしら…?

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/309-2260f4cc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫