大地震の影響

 2011/03/15(Tue)
 その後大地震の影響が各方面に出てきていますが、本日出光美術館さんより、3/21まで開催予定だった「琳派芸術」打ち切りのお知らせがありました。抱一イヤーのトップを切る素晴らしい美術展だっただけに、まさかこのような形で期間短縮せざるをえなかったのは残念ですが、停電や交通機関の混乱を考えれば無理もないことと思います。
何より、被災地で今も寒さや物資の不足に苦しめられている方々のことを思うと、こんな折にこうした展示会等を楽しみに行くのは非常に申し訳ない気もしてしまうのですが、ここで景気がさらに悪化しては今後の被災地の復興にも影を落とすことになりかねません。今回助かった方々が一日でも早く元気と希望を取り戻すことができるよう、私たちもそれぞれ精一杯頑張りましょう!

 ところでただ今の抱一展のもう一方、畠山記念館さんの方は、今のところ開館時間を15時までに縮小して続行している模様です。千尋はあいにく東京までの交通手段が目下断絶中なため、週末も多分行けそうにありませんが、見逃していた方はどうぞお忘れなく。

 参考リンク:savemuseum@ウィキ-東日本大地震によるミュージアムの被災情報・救援情報

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/296-f3afb307
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫