スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

続・夢の巡り逢い

 2011/02/28(Mon)
 2/26(土)、今まで気になりつつ機会を逸していた三鷹の中近東文化センターへ、企画展「ペルシアの宝物 至高のガラスと銀の世界」(2010/11/27~2011/2/27)を見に行ってきました。

  ペルシアの宝物展


 この企画展示は始めどこかの美術館でポスターを見かけ、縦一列に並んだガラス器や銀器の一番上に例の白瑠璃碗に似たガラス碗があって、おやっと目を引かれました。さらによく見ると、何と展示品の中には岡山オリエント美術館からはるばる出張の品もあるとのこと。これは滅多にお目にかかれないものに会えそうだと喜びつつ、なかなか三鷹まで足を延ばす機会が掴めなくて、ようやく最終日ぎりぎりに駆け込む羽目になりました。まったく、いつもながらこのパターンはどうにかしなければと思うのですが、他の美術展との日程調整もあるだけに難しいです…

 ともあれ、当日は途中電車が一時ストップして思わぬ足止めに遭いつつも、何とか昼過ぎに到着。外観は比較的普通の建物だなと思いながら入ると、何といきなりハンムラビ法典(の複製)がでんと玄関ホールに鎮座していたのに驚き笑ってしまいました。
 今回のお目当てはペルシアですが、見れば窓の外の壁にもイスラム風の鮮やかな青いタイルが貼ってあったりして、なるほどいかにもオリエントの風情です。しかしちょうど企画展では作品解説中だとのことで、まずは急いで展示コーナーに駆け込み、既に半分ほど進んでいた団体様の後にくっついてご一緒させてもらいました。この解説がまた、担当の学芸員さんがとてもお話し上手な方で、後半だけだったのが残念でしたが大変楽しかったです。
 …それにしても、何度か訪れた古墳絡みの展示などでも思ったのですが、あの手の企画展のお客さんはどうして年配の方が多いのでしょうね? ちらっと見渡すと今回も殆どは50代から60代以降の方々ばかりで、考古学というのは専門家以外では若者好みのジャンルではないのかしらなどとつい思ってしまいました。それでもこれがエジプトあたりなら日本でもかなりメジャーなのでしょうが、ペルシアというのは確かにマニア好みかもしれません。うーむ。

 さて解説も一段落し、いよいよ大本命の白瑠璃碗(の兄弟)とご対面です。
 入口からすぐのエリアにあるのをちらっと見たものの、解説を聞こうと急いでいたのでそのまま通り過ぎてしまったのですが、改めて入口に戻って今度はじっくり解説のパネルを拝見しました。ここで当然本家本元?正倉院の白瑠璃碗の写真があり、例の井上靖作『玉碗記』のこともばっちり紹介されていて喜びましたが、その先に目をやってびっくり仰天。何と、ガラスケースの中にはずらりと並んだ器、器、器…「え、これ一体いくつあるの!?」と慌てて数えてみれば、実に13個の白瑠璃碗が一列に勢揃いしていて、しばし呆気に取られてしまいました。
 もちろんこれらのガラス碗は、正倉院のあの美しい器に比べれば風化で見る影もなくぼろぼろに成り果て、ガラスであることすら殆ど判らないような代物です。しかし日本の発掘隊が1958年に初めてイランで発見して以降、現在に至るまで何と数百のガラス碗が日本に持ち込まれているということで、今回私が驚いた13個でさえその中のほんの一部なのでした。ちなみにその1週間前にたまたま池袋で訪れた骨董市でも、同じような白瑠璃碗型のガラス器を置いているお店があってびっくりしたのですが、あの器って案外メジャーなものだったんですね。

 とはいえ、それだけたくさんの出土例(ただしほぼ全てが盗掘品で、学術的な発掘で正確な出土場所を確認できたものはないとのこと)があるにもかかわらず、正倉院の白瑠璃碗ほど保存状態の優れたものはやはり見つかっていないようです。強いて挙げるなら、これも日本の安閑天皇陵出土伝えられる例の東博所蔵のガラス碗が一番近く、あとは少し型違いのものに朝鮮の古墳から出土したもの(これは残念ながら未見)があるくらいでしょうか。しかし遠く離れた日本人にとってはあんなに馴染み深いものなのに、肝心の故郷には本来の姿を留めるものが殆ど残っていないなんて、何だか曜変天目茶碗のようだなとふと思いました。
 ついでながらイランと言っても広いですが、白瑠璃碗の故郷と思われるのは北部地方の、カスピ海沿岸のあたりではないかということです。今まで何となくもっと中央のペルセポリス等を漠然とイメージしていたので、これはちょっと意外でした。名前の通りに殆ど海のような広い広い湖のほとりで生まれ、その後砂漠を越え海を越えて日本へやってきたガラス碗…うーん、ロマンですねえ。


  カットグラス残欠
  常設展示のカットグラス。やっぱり風化してます…


  伝安閑天皇陵出土碗
  参考写真:伝安閑天皇陵出土・ガラス碗(東京国立博物館


 なお第一発見者である学者先生の当時のコメントとして、「骨董屋で白瑠璃碗の兄弟?を発見した時は店の主人に興奮を隠すのに苦労し、さらに持ち帰る時は落としやしないかと冷や汗ものだった」という話があって、ご本人はそれだけこの歴史的大発見に混乱していたのでしょうが、ちょっと笑ってしまいました。同時に地元イランでは当時は大した価値のないものと見なされていた様子も伺えて、やっぱりあの白瑠璃碗は凄いものだったのだなと思います。
 あともうひとつ、これらのガラス碗は、大きく分けて淡い褐色か緑色かのどちらかだそうです。正倉院や安閑天皇陵のガラス碗はどちらも薄い黄色(=淡褐色)ですが、改めて見ると同じ型で淡緑色と思われるものもちらほらありました。(ただしガラスは銀化で変色しているものも多いので、もしかしたら本当は淡褐色だったかもしれません)

 ところでこの中近東文化センター、そもそも三鷹のどの辺なのかも判っていなかったのですが、着いてみてびっくり、深大寺のご近所だったのですね! 深大寺や神代植物公園だったら以前何度か訪れていたのですが、その時は全然気がつかなくて惜しいことをしました。常設展示もなかなかバラエティ豊かな品が揃っていて面白かったので、今度薔薇の季節にでもまたぜひ行きたいです。


・関連ブログ:「夢の巡り逢い


 井上靖『玉碗記』は↓こちらで
  
(010)季 (百年文庫)(010)季 (百年文庫)
(2010/10/13)
円地文子、島村利正 他

商品詳細を見る



スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/293-589bfc0b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。