スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

上村淳之展

 2008/03/15(Sat)
 日本橋三越で開催中の上村淳之展(3/4-16)、ウルビーノのヴィーナスと同日に行ってきました。何しろ三越はいつも会期が短いもので、遠方の人間には日程調整が辛いのですが、淳之さんの個展は随分久しぶりでしたし、行けて本当によかったです。今回はパリ展の帰国記念だそうで、あの余白をたっぷり取った絵があちらの人にどう思われるのかなあと少し気になったのですが、なかなか好評だったようでほっとしました。(笑)

 ところでそのパリ展、タイトルを「霧と月明かりの鳥たち」としたそうです。淳之さんの絵がもっぱら鳥中心なのはおなじみですけれど、霧と月明かりという言葉に「そういえばこの人、背景銀色の絵が多かったっけ」と今さらながらに思い当たりました。特に屏風作品は、プラチナ箔の上に薄い和紙を貼った銀地が独特のつや消し感の中に静謐な明るさを湛えていて、森閑としていながらも絵の中の風の音や葉のざわめきや鳥たちのさえずりが聴こえてくるような世界だといつも思います。同じ銀の世界を描いても、例えば私の大好きな酒井抱一の絵は装飾性の強い構図や理想化された美しい花鳥図ですけれど、淳之さんは見たままの自然をそのまま写し取っているような、そんな印象を受けました。

 ともあれ、シギやハトなどつぶらな目が可愛らしい鳥たちの絵が多い中で、昔淳之さんのお父さん(故上村松篁画伯)が描きたがっていたという白鷹の絵は、鋭い目をした鷹の凛々しさが一際印象的でした。しかし場内で放送していたVTRを見て驚いたのですが、淳之さんのお宅って実に263種1600羽もの鳥を飼育しているそうで、しかも鳥類保護連盟の研究所指定を受けている(!)というのだから、この方画家でなければ鳥類学者になってたんじゃないでしょうか。(笑) きっとあの生き生きとした鳥たちの絵も、そういう環境だからこそ生まれるんでしょうねえ…(それにしても凄い)

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/28-2b134382
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。