スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

トラブル発生

 2010/07/08(Thu)
 本日ネットニュースのトピックに、「輸送中に国宝の馬具が破損」という恐ろしい見出しが出ていて仰天しました。問題の国宝馬具とは言わずもがな、かの有名な藤ノ木古墳から出土した華麗な黄金の鞍や鐙のことでして、記事によると破損したのは「鉄地金銅張鐘形杏葉」の一部だそうです。発見時に石棺の中でどっぷり水に浸かっていた(!)という副葬品はもちろん、石室で埋もれていた馬具も決して保存状態良好ではなかったでしょうが、それにしてもこういうことってあるのですねえ…(ところで運送会社って、やっぱり例の美術展御用達の某社でしょうか?)


参考書籍:
斑鳩に眠る二人の貴公子・藤ノ木古墳 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)斑鳩に眠る二人の貴公子・藤ノ木古墳
(シリーズ「遺跡を学ぶ」)

(2006/12)
前園 実知雄

商品詳細を見る



 ともあれ、最近古墳時代についてはこだわってる関係で、今回馬具を出展する予定だった九州国立博物館の特別展「馬 アジアを駆けた二千年」(2010.7.13-9.5)は以前から気にかけていました。今回騒ぎになった藤ノ木古墳出土品以外にも素晴らしい展示品が数多く予定されているようなので、できれば行ってみたいなあとは思っているのですが、何しろ遠いのでずっと悩んでいます。それに秋には宮崎の西都原にも行きたいし(目下色々大変そうですが)、どうせなら東京かせめて京都へ巡回してくれないかなあ…。

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/276-c55e59c3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。