読めぬなら読ませてみよう

 2010/03/21(Sun)
 平安時代ファンにとって欠かせない資料のひとつに、『平安時代史事典】という本があります。
 実に分厚くてお値段も立派で、しかも悲しいかな現在は既に絶版なのですが、幸いにして近所の図書館で所蔵してくれているので、暇な時にとりとめなくぱらぱらめくってみるのも楽しいものです。ただこの事典、女性の名前を探すのにはちょっと大変なのですよね。
 昔学校の日本史などでは、例えば「藤原定子」を「ふじわらのていし」、「藤原彰子」を「ふじわらのしょうし」等と習いましたが、この『平安時代史事典』は「藤原定子」は「ふじわらのさだこ」、「藤原彰子」は「ふじわらのあきこ」となっているのです。元々昔の女性名を音読みするのは、何のことはない「本当はどう読んでいたのか判らないので、便宜上音読みで統一した」という理由なのだそうで、だから当然音読みは本来正しくないのですが、慣れない初心者にはいきなり訓読みでこられてもそれはそれで大変です。それでも「定子」「彰子」くらいだったらまだ何とか読めますが、私の好きな斎宮女御なども「徽子」ってちょっと読めませんよね。
 前置きが長くなりましたが、そんなわけでこの『平安時代史事典』、多少慣れてきた今でもやっぱり苦労させられる本なのです。まあそれはそれでいいのですが、最近またちょっとぱらぱらめくって遊んでいた時に、ふと気になる項目に行き当たりました。

 一般的にはあまり知られていませんが、10世紀後半頃、村上天皇の皇女の一人に「資子内親王」という人がいました。音読みでは「ししないしんのう」とするこの人物も、『平安時代史事典』は「すけこないしんのう」としています。確かに同時代には「藤原実資(ふじわらのさねすけ)」という有名な人物がいますし、それ以外の人名も殆どが「資=すけ」と読んでいるので「すけこ」でもおかしくないのですが、ふと隣を見てあれっと思いました。
 そこにはもう一人、やはり村上天皇の皇女で「輔子内親王」という人の項目があったのですが、これも読みはやっぱり「すけこないしんのう」だったのです。

 姉妹でまったく同じ読み方をする名前なんて、あったんでしょうか?

 まあ、当時の「人名」というものは今とは大分感覚が違いまして、高貴な人ほど本名はむやみやたらに呼んだりしませんでしたから、ましてや天皇の娘ともなれば実際に本人へ向かって名前で呼びかけることはなかったでしょう。しかし裏を返せば、滅多に口に出してはならないくらい、名前というのは大事なものでもあったはずです。それがいくら字が違うとは言っても、赤の他人ならともかく姉妹で同じ読みの名前をつけられるなんて、やっぱりちょっと変ではないでしょうか。
 ちなみに輔子内親王と資子内親王はどちらも中宮安子の産んだ皇女で、年も僅か2歳差の第4子と第5子(村上天皇の皇女全体で言えば女七宮と女九宮)です。二人とも中宮の産んだ皇女ですから、内親王宣下を受けて命名されたのもきっと早かったでしょう(ちなみに輔子・資子の同母妹である選子内親王は、誕生4ヶ月後に宣下・命名されています)。
 ついでながら、同じく村上天皇の皇女の承子内親王・緝子内親王の二人も「つぎこないしんのう」と同じ読みになっていますが、こちらは母親が違う上に長女の承子内親王は僅か4歳で夭折しています。この場合は既に亡くなった姉と同じ名前になるわけで、それならまあ今でもなくはないケースですが、輔子・資子の二人はどちらも40以上まで生きていますし、やっぱりおかしいですよねえ。

 ところで、「輔」の字はどう頑張っても「すけ・たすく」くらいしか訓読みはなさそうですが、「資」の方は他にも「ただ・とし・やす・よし・より」等々、色々あるようです。「やすこ」「よしこ」はやはり同訓の姉妹がいますが、それ以外の「ただこ・としこ・よりこ」だったら重複する姉妹もいないし、「すけこ」よりは可能性は高いのではないかと思うんですが、どうでしょう角田先生?

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/271-b97905ae
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫