みささぎ巡り番外 失われたレガリア・王冠

 2010/01/31(Sun)
 ちょっと前の話ですが、1月3日にNHKにて「日本と朝鮮半島2000年」スペシャルで「海峡を越える国宝の美」というのを放送していました。これはもしかして、と期待していたら案の定、この前見てきたばかりの群馬の金銅冠が新羅の国宝金冠と共に登場、しかもスタジオのゲストさんがレプリカの冠を実際に頭に載せてみたりして、いや面白かったです。ただちょっと難を言えば、新羅の金冠は勾玉の色をちゃんと緑にして欲しかったですね。(だってレプリカの勾玉は水色で、翡翠じゃなくてトルコ石みたいだったんですよ)

 ともあれ、日本の古墳等から出土した冠は大陸の影響を受けたものが多い一方、茨城県三昧塚のあのお馬さんの冠のような日本独自のデザインのものも結構あるそうで、はてそういう冠ってどんなものがどのくらいあるのだろうと思ったのです。しかし試みにちょっとネットで検索して見た限りでは、「全国の冠一覧」のようなデータはなかなか見当たらず、判ったものでも写真が載っているものはあまり多くありません。図書館で「日本の美術」等の考古学関連の本も片端から当たってみたのですが、この前の「かがやきにこめた権威と荘厳」のような古い図録の方がまだ写真情報などはあるものの、とはいえやっぱり数は少ないのです。唯一詳しく検証しているらしい論文もすぐに手に入るものではなく、さて困ったどうしようと悩んでいた時、ふと思い出したものがありました。

 大阪府立の近つ飛鳥博物館で、平成15年に「黄泉のアクセサリー:古墳時代の装身具」という特別展を開催したことがあります。当時何かの時にチラシを見かけ、このネーミングに惹かれて見てみたいなと思ったものの、大阪ではちょっと遠くて残念ながら行けなかったのです。ただチラシはその後も大事にしまっておいたのですが、もしかしてあの時の図録だったら色々詳しいことが判るのではないかなと思いました。
 で、確か以前東博の売店で図録を見かけた覚えがあったので行ってみたら、ちょうど目下開催中の土偶展に合わせてでしょうか、古代関連の本や図録がたくさん揃った中に問題の「黄泉のアクセサリー」の図録もありました。しかも嬉しいことに、まさに私が探していた全国の冠一覧もばっちり載っていたのです! いやー、これを見つけた時は本当に嬉しくて、もちろんすぐさま購入しました。

 ともあれこのリストによりますと、日本古代の冠は主に三種類に分かれるそうです。もっとも細かなデザインまでいうなら同じものは殆どないのですが、幅の狭い冠、幅の広い冠、そして帽子型の冠ということらしいですね。というわけで、東博で再び撮り直してきた写真からご紹介。


【1.狭帯式】

  江田船山古墳冠1
  (金銅製冠。熊本県・江田船山古墳、国宝)

  二本松山古墳2
  (鍍金冠。福井県・二本松山古墳)

  二本松山古墳1
  (鍍銀冠。福井県・二本松山古墳)

  金冠塚古墳出土品
  (金銅冠。群馬県・金冠塚古墳)

  参考リンク:
   ・特集陳列・古代技術の保存と復元(東京国立博物館)
   ・二本松山古墳冠の復元(清川メッキ工業)
   ・金銅製天冠(長野県・桜ケ丘古墳)


【2.広帯式】

  江田船山古墳冠2
  (金銅製冠。熊本県・江田船山古墳、国宝)

  金と銀・三昧塚出土冠
  (金銅製馬形飾付冠。茨城県・三昧塚古墳、復元品)

  参考リンク:
   ・藤ノ木古墳(奈良県・橿原考古学研究所附属博物館)
   ・古代の冠を作ってみよう!(滋賀県高島市)


【3.帽】

  江田船山古墳冠3
  (金銅製透彫冠。熊本県・江田船山古墳、国宝)

 ちなみに朝鮮の冠は本物の金の冠が多いようですが、日本の冠は大抵が銅製に鍍金(金メッキ)や鍍銀(銀メッキ)を施したものだそうです。だから当時はぴかぴかのきらきらだったのでしょうが、今では土台の銅が錆びてぼろぼろになってしまっているのですね。
 幸い最近では復元品を制作しているところも多く、あちこちの博物館で当時の姿を見ることもできるようになっています。特に上の参考リンクに上げた清川メッキ工業さんの復元は、衣装までも再現してちゃんと人が身に付けた素晴らしい力作なので、ぜひ一度サイトをご覧ください。

 それにしても、古代日本の冠の数々を見ていて不思議に思うのは、これだけきらびやかで当時一世を風靡したに違いない(何しろ福島から福岡まで全国各地で出土している)、そして恐らく王権の象徴であっただろう宝物が、その後どうして日本文化から消えてしまったのかということです。大体日本で王権の象徴(レガリア)といえば三種の神器ですけれど、その中にも冠は含まれていませんよね。
 この点について面白い説を述べているのが「謎解きアクセサリーが消えた日本史」(浜本隆志、光文社新書)という本で、天皇家が門外不出の秘宝として神器を封印したことにより、それまでの宝玉信仰も衰退して日本文化からアクセサリーが消えて行ったのではないかとしています。言われてみれば確かに、王冠などというのはその豪奢なまばゆい姿を周囲に見せびらかしてこそ王威を発揮するものでしょうし、せめて即位の際に「戴冠」という儀式があるのならまだしも、しまいこんで天皇自身さえも見られないのではそもそも持っている意味もないでしょうね。

  
謎解き アクセサリーが消えた日本史 (光文社新書)謎解き アクセサリーが消えた日本史
(光文社新書)

(2004/11/13)
浜本 隆志

商品詳細を見る



 最後に、日本の冠に大きな影響を与えた朝鮮半島の冠は、韓国中央国立博物館公式サイト(日本語版あり)の「所蔵品情報」で「冠」を検索すると見ることができます。特に翡翠の勾玉をちりばめた国宝の金冠は、素晴らしく華麗で一見の価値ありですよ。(でも翡翠ってかなり重いはずだから、あんな勾玉をたくさんぶら下げてたら肩が凝りそう…笑)

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/268-da455dc8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫