スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

お猫様の秘密

 2009/10/27(Tue)
 前回の「古代ローマ帝国の遺産」展の後、24日(土)午後は明治神宮文化館宝物展示室の「特別展菱田春草」(2009/10/03-11/29,前期は10/29まで)へ行ってきました。
 神社大好きな千尋ですが、明治神宮はもう随分前に行ったきり長らくご無沙汰で、久しぶりに訪れたはいいけれども「…こんな所だったっけ?」という有様。とはいえ幸い参道は(当然ながら)一本道、鳥居をくぐった後は迷うこともなく会場の文化館へ無事辿りつきました。

  菱田春草展1

 菱田春草といえば私も大好きな日本画家の一人ですが、考えてみると有名な「黒き猫」や、琳派展で見た「落葉」等の限られた作品以外はあまりよく知らなかったのです。加えて神宮での展示ということから、点数もそう多くないだろうと気楽な気持ちで出向いたのですが、いざ入ってみてその質の高さはもちろん、出品先の幅広さにも驚かされました。東博や芸大はまあともかくとして、遠山記念館、長野県立信濃美術館、水野美術館、富山県立美術館等々、遠くてなかなか行けないような所から春草ばかりあれだけ集まって展示される機会はちょっとないんじゃないでしょうか。これは本当に予想外の嬉しい驚きで、軽く短時間で流すつもりがもう夢中で張り付いてしまいました。特に「武蔵野」はちょっと珍しい遠近感の強い構図に対して、手前のススキの描写がどこか酒井抱一の「夏秋草図」とも似通った感じを受けていいなと思いましたし、「雨後筏図」「躑躅図」「田家の烟」「海辺の松林」「雪中松」などの縦長の掛け軸絵も、間の取り方が一種独特で面白かったです。全体にごく淡いさらりとした筆致で、それでいて未完の屏風絵「落葉」の葉の描写などはどきりとするようなリアルさと何とも言えない品格の高さも感じさせる、他にない不思議な魅力を持った画家だなと感じて改めて大好きになりました。

 ところで今回、会場内に春草のご子息春夫氏による「父・春草の思い出」と題した短い文が紹介されていました。それによると、何と春草は「黒き猫」を始め今回の出品でもいくつも猫の絵を描いていながら、当のご本人は意外にも「猫はじぶんでもあまり好きではないといっておりました」のだそうです。ところがその後が傑作でして、ここから先は原文をちょっとそのまま引用させていただきましょう。

「絵にするのは興味があったとみえまして、美校在学中も、新案として描いた猫もあり、徽宗皇帝の猫を模写したものもあり、その後もたびたび描いております。(中略) この黒猫(「黒き猫」)の時も、特別の写生はいたしませんでしたが、近所の焼いも屋に大きな黒猫のおりましたのを借りてきて、見入っておりました」

 これを読んだ瞬間、大変失礼ながら私、静かな会場で危うく吹き出すところでした。だってだって、あの春草の代表作としてあまりにも有名な「黒き猫」のあの猫が、何と焼いも屋の猫だっていうんですよ!?(爆笑) あの得も言われぬ気品漂う、一体どこのやんごとないお猫様かと思うような美しい猫が、よりにもよって焼いも屋の猫…!!(抱腹絶倒)
 …で、さらに春夫氏によりますと「借りてきても借りてきても、逃げていくのには弱りましたものです」だそうで、しかもとどめの落ちに「借りに行く役はいつも私でした」と付け加えられたのには今度こそ笑ってしまいました。いやはや何とも、舞台裏を知る身内にかかると大画家の名作も形無しというか、夢が壊れたとは言いませんがこのギャップの激しさのショックはちょっとしばらく忘れられそうにありません。その「黒き猫」はあいにく今回出展はありませんけれど、次にどこかで会った時には絶対また思い出して絵の前で笑ってしまいそうです…


   焼いも屋のにゃんこ様(笑)
   焼いも屋のにゃんこ様(笑)

スポンサーサイト
タグ :
コメント
千尋さん、はじめまして。TBをありがとうございました!
日本各地からの作品が集められて、よい展覧会でしたね。
猫のエピソード、微笑ましくて、ほっこりあったかな気持ちになりました。
焼いも屋さんというのが良いですね。
【2009/10/29 10:06】 | もか #7uk6lDfk | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/250-c8268007
【2009/10/29 10:06】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。