アレクサンドリア対トリノ

 2009/09/23(Wed)
 この夏注目の二大エジプト展、横浜の「海のエジプト展」(9/12)と上野の「トリノエジプト展」(9/20)へようやく行ってきました。どちらも凄い人気で大混雑の上、内容も甲乙つけがたい素晴らしいものでしたが、しいて言うなら私は海のエジプト展に軍配を挙げます。さすがにあれほど巨大な像は美術館や博物館ではなかなか展示できませんし、また映像で紹介されていた陸上とは一風違う海中での発掘の様子も非常に面白く、質量ともにあれだけのもの見つけ出すのにはさぞかし苦労の連続だったろうとただただ溜息でした。また、会場の随所に見られる遊び心満載の演出も愉快で、丸々2時間休みなしでようやく全体を見終わった時にはもうくたくたでしたが、最後の発掘シミュレーションゲーム?ではつい友人と二人で大人げなく熱中してしまいました、ははは。(でも他の大人の皆さんも結構楽しんでました。笑)

 とはいえ、トリノ展の方も目新しさ等では一歩譲ったものの、内容の充実度は決して引けを取るものではなく、目玉のツタンカーメン像や色鮮やかな人型棺を始めとする展示品の数々はこれまた素晴らしいものでした。ちなみに私が特に目を引かれたのは動物を象った像で、中でも耳飾りと首飾りをつけたにゃんこはすらっとしたスマートな姿が何とも気品があって美しかったです。一方でハヤブサや山犬の像は何だか妙に可愛らしくユーモラスな雰囲気があって、ミイラの内臓入れはちょっといただけませんが、ああいう可愛い動物の像ならいいなとちょっと欲しくなってしまいました。

 そうそう、欲しいと言えば今回グッズはあまり心引かれるものがないかなと思ったのですが、都美術館の特別展会場ではなく、その外にある常設の販売コーナーの方で、ツタンカーメン王墓から出た木製椅子のミニチュアを見つけてびっくりしました。もう一つの金色の椅子のミニチュアなら我が家にもあるのですが、あの有翼日輪を描いた椅子もあるとは思わず、正直言ってまだちょっと心が揺れています。(苦笑) エジプト風チェスはさすがに一セットは多すぎて断念したのですが、あの椅子まだあるかなあ、もしまだ売れてなかったら思い切って買いに行っちゃおうかなあ…?

スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんにちは。

トリノはあまりの混雑であの会場の良さが減退しているようですね。
逆に海エジは箱が広いことが幸いしています。
エジプト関連の展覧会は開催されるとついつい出かけてしまいます。
ルーブルと並ぶ強力なアイコンです。
【2009/09/26 10:14】 | Tak #JalddpaA | [edit]
Takさんこんにちは、いつも貴重な情報ありがとうございます。
私は横浜→上野の順に行きましたが、先に海のエジプト展の大きさと迫力に圧倒されてしまって、これは順序逆の方がよかったかなと後で思いました。
ともあれ、同時期にこれだけ違ったエジプト展を二つ見られるというのはなかなかない体験でしたし、トリノの他の所蔵品も見てみたいですね。
【2009/09/26 20:10】 | 飛嶋千尋 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/239-0ce9e065
  • 「トリノ・エジプト展」【弐代目・青い日記帳 】
    東京都美術館で8月1日より開催される 「トリノ・エジプト展」のメディア先行内覧会にお邪魔して来ました。 「トリノ・エジプト展」公式サイト トリノ Torino:イタリア第4の人口を誇るこの街の名前は知っていても、ここに世界有数のエジプトコレクションがあるこ...
【2009/09/26 10:11】
  • 「海のエジプト展」【弐代目・青い日記帳 】
    パシフィコ横浜で開催中の 「海のエジプト展~海底からよみがえる、古代都市アレクサンドリアの至宝~」に行って来ました。 「海のエジプト展」公式サイト 「海のエジプト展」公式ブログ 「展覧会観てから昼食を取ろう」と展覧会会場に入ったのが12時ちょっと...
【2009/09/26 10:12】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫