スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

たまにはサイエンス

 2009/05/01(Fri)
 基本的に人文系な当ブログですが、千尋は自然科学系の話題も結構好きです。というわけで、今回はこの夏話題の皆既日食関連について。

 去年からニュース等でも話題になっていますが、今年の7月22日に日本やアジア各国で史上屈指の皆既日食が観測できます。奄美や中国へ観測に行く方、あるいはそこまでする気はないけど興味はあるという方は、↓こんなイベントがありますのでよろしければご参考までにどうぞ(ちなみに私も奄美ツアーに参加予定なので、予習がてら行ってみたいなーと思ってます。^^)。

 ・コニカミノルタプラネタリウム・満天:皆既日食特集番組
  http://konicaminolta.jp/manten/eclipse/index.html

 ・国立天文台:皆既日食公開講演会
  http://www.nao.ac.jp/open_lecture/index.html

 ところで、日本史上最古の皆既日食観測記録はいつだったかといいますと、実は平安時代なんだそうです。それも天延三年七月一日(西暦975年8月10日)、最近すっかり大人気の(笑)陰陽師・安倍晴明がまさに活躍していた頃の話で、このような天変を不吉の前兆とした当時、文字通り前代未聞の大事件に遭遇した人々が大混乱に陥ったことは想像に難くありません。天皇や朝廷も慌てふためき、その後特赦や年号の改元などが矢継ぎ早に行われたといいますから、現代のようにわくわくと楽しみに待ち構えるなんてとてもできなかったでしょうね。
 で、それとは直接関係あるわけではないのですが、ちょうど今年の皆既日食と同じ頃に三井記念美術館で「道教の美術:道教の神々と星の信仰」(2009.7.11-9.6)が開催されるということで、これまた楽しみです。星曼荼羅や陰陽道の天文関係資料なんて普段はなかなかお目にかかれるものではないので、古代天文学好きの方はぜひぜひお見逃しなく!(しかし展示替6回!というのはちょっと厳しい…;)

P.S 今回のおまけ。

  陰陽師の祈祷

 祈祷する陰陽師(風俗博物館・2004年展示「若菜」より)。明石女御の出産にあたっての祈祷の再現です。似たような場面で安田靫彦の「御産の祷」も有名ですが、以前東博で展示された時写真撮ったのに行方不明でした…残念。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/176-4c9df6c7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。