スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

続・尼門跡寺院の世界

 2009/04/23(Thu)
 先日触れた「尼門跡寺院の世界展」について、内容とは別にひとつだけちょっと不満だった点がありました。何しろ当方歴史好きとは言っても室町以降は守備範囲外でして、江戸時代あたりまで下ると歴代天皇の名前もよく判らないのです(^^;)。おかげで説明を読んでも「後西天皇って誰だっけ?」とか「中御門天皇なんていたっけ?」なんていう有様で、簡単でいいから系図があればよかったのですが、あいにく会場にも図録にもなくて残念でした。
 で、じゃあせっかく勉強したんだし自分で作ってしまえ!というわけで、大体以下のような具合です。


108 後水尾天皇――┬―109 ○明正天皇(母:○東福門院)
         |
         ├―○大通文智(円照寺)「爪名号」他
         ├―久嶽理昌(宝鏡寺)
         ├―○照山元瑤(林丘寺)「聖観音立像」他
         ├―久山永昌(大聖寺)
         ├―月江宗澄(霊鑑寺)
         ├―義山理忠(宝鏡寺)
         ├―瑞慶文察(円照寺)
         ├―泰嶽永亨(大聖寺)
         |
         ├―110 後光明天皇
         |
         ├―111 後西天皇―┐
         │        │
         │  ┌―――――┘
         │  ├―○光山宗栄(霊鑑寺)「大乗妙典」他
         │  ├―高栄尊秀(中宮寺)
         │  ├―○大成聖安(曇華院)「冬日書懐」他
         │  ├―○徳巌理豊(宝鏡寺)「自画像」「涅槃図」他
         │  ├―明山瑞光(慈受院)
         │  ├―○大規尊杲(光照院)「南無観世音髪名号」他
         │  └―香因尊勝(三時知恩寺)
         |
         └―112 霊元天皇――┐
                   │
         ┌―――――――――┘
         |
         ├―俊巌永秀(大聖寺)
         ├―大観文喜(円照寺入室)
         ├―松嶺元秀(林丘寺)
         ├―大寂永応(円照寺、大聖寺)
         |
         └―113 東山天皇――┐
                   |
         ┌―――――――――┘
         |
         ├―114 中御門天皇―┐
         │         │
         │  ┌――――――┘
         │  ├―玉江聖珊(曇華院)
         │  ├―逸巌理秀(宝鏡寺)
         │  ├―○大融尊乗(光照院)「御誕生人形」
         │  ├―○天巌永皎(大聖寺)「古歌カルタ」他
         │  └―115 桜町天皇――┐
         │            │
         │  ┌―――――――――┘
         │  ├―116 桃園天皇――――118 後桃園天皇
         │  └―117 後桜町天皇
         |
         |
         └―直仁親王(閑院宮祖)――典仁親王――┐
                             |
         ┌―――――――――――――――――――┘
         │
         └―119 光格天皇――┬―○霊巌理欽(宝鏡寺)「産着」
                   └―120 仁孝天皇――┐
                             |
         ┌―――――――――――――――――――┘
         │
         │
         ├―121 孝明天皇―――122 明治天皇===○昭憲皇太后
         └―親子内親王(和宮)


 ○印は関連展示のあった皇女で、「」内はその中でも特に印象に残ったものをひとつ挙げています。なお一人ひとりの生母まで皆書くと複雑でかなわないので、ここでは省略しました。

参考過去ログ:「尼門跡寺院の世界展」

 元々系図から歴史フリークに突っ込んだので、何だかんだと言いつつ結構楽しかったです(笑)。さらに秋には国立新美術館の「THE ハプスブルク」展も控えているし、系図好きにはますます楽しみなのでした。
 …しかし苦労して作ったけど、この系図ちゃんと表示されてるでしょうか…?
(空白部分がずれている場合は、お手数ですがブラウザのフォントをMS明朝またはMSゴシックに変えてみてください)

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/172-c8ddc892
  • 尼門跡寺院の世界 / 東京藝術大学大学美術館【南風録ぶろぐ】
    尼門跡寺院の世界-皇女たちの信仰と御所文化 会期:4/14~6/14 尼門跡(あまもんぜき)とは、天皇家や公家(摂関家)に生まれた息女が出家して住職となり、継いできた寺院。また、「門跡さま」といえば、そこの住職を指す言葉。そのような、尼門跡寺院に受け継...
【2009/05/04 21:55】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。