新春美術展巡り・東京編

 2009/01/25(Sun)
 1月24日は、都内で合計三つの美術展を駆け回ってきました。いやー、それぞれに見ごたえがありましたが、さすがにくたくたです…

 ・「珠玉の輿 江戸と乗り物」(江戸東京博物館)
 ・「智積院講堂襖絵完成記念 田渕俊夫展」(日本橋高島屋)
 ・「japan 蒔絵 ―宮殿を飾る 東洋の燦めき―」(サントリー美術館)


  珠玉の輿

 今回は運よくというか、たまたま開館時間の長いところばかりだったのでどう回ろうかちょっと悩みましたが、結局サントリー美術館を最後に回しました。おかげで昼時に行った江戸博は人気の篤姫関連ということもあって混雑が大変でしたが、あれだけたくさんの駕籠を一度に見たのは初めてで、とても面白かったです。そして今まで全然意識したことがありませんでしたが、輿と駕籠は上か下かという違いだったのですね(でもどちらもとても狭くて窮屈そう…)。

 続く二番手、実は今回初めてお名前を知った田渕俊夫画伯については、ちょっと前の新日曜美術館でとても素敵な絵を描く人だと知って、これまた勇んで見に行きました。現代の日本画家の方々は色々な意味で個性派揃いで、まだまだこれから先も楽しみですね。特に目を引かれたのは夏のめだけを描いた金剛の間で、殆ど線描だけの絵に部分的に着色されたさわやかな緑がとても印象的でした。
ともあれ、今回の展示は完全に智積院の襖絵だけでしたが、それだけにたっぷりと贅沢に空間を使っていて、おかげでゆっくりと作品を楽しむことができました。そして機会があれば、他の作品もぜひ見てみたいです。

 そして最後、サントリーの蒔絵展ですが、さすがにここまで来るとかなりへとへとで、ここだけはもう図録を買って帰る体力が残っていませんでした(^^;)。しかし「海外に輸出された蒔絵」というのは考えてみるとあまり馴染みのないテーマで、大きな机や箪笥などの家具も圧巻でしたが、手に乗りそうな可愛らしい小品もとても素敵なものばかりで、ああいうものならひとつくらいほしいかなーなどとちょっと思ってしまいました。
なお、以前触れたとおりサントリーは今年は個人的一押し美術館なので、今回初めて会員申込みをしてきました。特に待ち遠しいのはやはり春の薩摩切子展で、何と160点もの作品が一堂に会するとあってますます楽しみです。元々サントリー美術館自体、蝙蝠の小鉢や藍色ちろりなど名品の多いところですし、これははりきって行かねばなりませんね!

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/139-a5032d7d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫