「源氏物語」の色辞典

 2008/12/20(Sat)
 今日たまたま出かけた途中の本屋で、素晴らしい本に遭遇しました。

  
源氏物語の色辞典源氏物語の色辞典
(2008/11/01)
吉岡 幸雄

商品詳細を見る


 内容は簡単に言って、源氏物語に出てくる装束を実際に再現した写真集とでもいうべきものですが、しかしレベルの高さが半端ではありません。有名な場面をいくつかとりあげただけのものは今までもありましたが、この本では何と源氏物語五四帖のほぼすべてから、中にははっきりと何色か本文に書かれていない装束まで、すべて当時のまま植物染のみで(つまり化学染料は一切なし)再現しているのです。さすがにすべての衣装を直衣や狩衣、十二単などの形に仕立て上げたわけではなく、反物を広げたり重ねたりしてイメージを出すような形を取っていますが、それでも実際の色がこんなものだったと判るだけでも目から鱗が落ちますし、何よりひとつひとつの布地の染の美しいことと言ったら、源氏を知らない人でも充分見応えのある写真集としてお勧めできます。もちろん、「花宴」で光源氏が纏った桜重の直衣や、「絵合」で帝の禁色の袍を挟んだ梅壺・弘徽殿双方の華やかな衣裳の対峙、さらに「玉鬘」の衣配りや「若菜・下」の女楽の場面など、よく知られたシーンの数々も余さず入っており、源氏の華麗な世界を一層リアルに想像できて惚れ惚れしました。お値段3,465円と少々お高いですが、絶対に損はさせない1冊ですので、コアな源氏ファンの方はぜひとも書店で探してみてください。(一度見たら絶対欲しくなること請け合いです! 笑)

 ところで著者の吉岡幸雄氏は、今までもこうした日本古来の染物について特別展示などを手がけており、つい先日も日本橋高島屋で今回の発行記念特別展を開催していたそうです。迂闊にも見逃してしまっていたのが悔しい限りですが、数年前に同じような特別展を開催した時の様子が以下のサイトで紹介されていますので、こちらも合わせてどうぞ。

「紫のゆかり」吉岡幸雄の色彩界
 http://www.sachio-yoshioka.com/2002jp/index.html

 いやしかし、先週の特別展は何故か完全に見落としていて、返す返すも心残りです。(というか期間短すぎますって!涙) 本のカラーはデジタル手法で印刷したとのことで、やはりどうしても実物とは微妙に色合い等違うところもあるでしょうから、今度また機会があればぜひとも本物を見たいですね。


スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ctobisima.blog101.fc2.com/tb.php/133-74f64e6b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫