夢見る塔、再び ~ブリューゲル「バベルの塔」展~

 2017/06/18(Sun)
 こんにちは、大変ご無沙汰しております。
 ちょっと公私ともに色々ありまして、最近は美術展もややご無沙汰気味ですが、ご覧いただいている皆さまありがとうございます。

 さて6/11(月)、東京都美術館で開催中の「ブリューゲル「バベルの塔」展」(2017/4/18-7/2)へ行ってきました。

 今回の特別展のタイトルでもある「バベルの塔」は「24年ぶりの来日」と銘打たれていたとおり、今は亡き(苦笑)池袋セゾン美術館で1993年秋に開催された「ボイマンス美術館展」以来の登場です。この時のポスターのキャッチコピーは「人は何故塔を夢見るのか」で、千尋も初めて「バベルの塔」を見て大感激でしたが、あれからもう24年も経ったのか…と、改めて何とも言えない感慨を覚えました。
 とはいえ、その24年前の記憶は実のところ「案外小さな絵なんだな」という印象と「本物を見ちゃった!」という衝撃以外あまり残っていなかったのです。しかし今回改めて実物と向き合ってみて、画集で見るだけではわからないその緻密な迫力に改めて圧倒されました。

 この「バベルの塔」、繰り返しますが決して大きな絵ではないにもかかわらず、とにかくその描写の細かいこと、あの小さな面積に書き込まれた人物の数は実に1400人(!)に上るそうです。千尋も単眼鏡で絵を見ながら「…一体何人描かれているのかな?」と考えましたが、ちゃんと数えた方がいるのですね(笑)
 塔の構成は、ローマのコロセウムを思わせる巨大な層が全部で10段あり、下5層は完成していますが、上の5層は建造中です。(高さは推定約500mとのこと) 建造中の部分にはびっしりと足場が組まれてクレーンが部材を運んでおり、左側で漆喰を運んでいるところは零れた漆喰で白く、また下の層に比べて上の層の色は真新しいレンガの赤味が強調されている等、空想の絵とは思えないような徹底したリアリズムで描かれているのがわかります。またひとつひとつの窓?も皆同じようでいて、よく見るとどれも少しずつ違う風に描かれているのですね。(これは解説を聞くまで全然気がつきませんでした)
 ちなみに会場には、実物の3倍に拡大した東京芸術大学作成の複製画がありました。しかもその裏側の壁面にはさらに拡大した塔の一部が張り付けられていて、多分10倍以上はあるのではないかと思われますが、それでもまったく見劣りしないという凄さでした。

 ところで今回の美術展に合わせて、大友克洋氏が描いた「Inside Babel」が会場入り口脇に展示されており、これがまた圧巻の力作でした。オリジナルをトレースし、そこから塔の内部構造を想像してバームクーヘンの一部を切り取るように描いたもので、いや実にまさしくこんな感じだろう!という素晴らしさです。あれを見てしまったら、きっと誰もが「バベルの塔の内側はこうなんだ」と信じてしまうでしょうね。
 しかしその大友氏ですら、日曜美術館に出演された際には「描いてる途中で嫌になった」と苦笑していらっしゃいました。まったく千尋も今回改めて、あんな絵を描いたブリューゲルってどれだけマニアックだったの?(笑)と思ったものです。見ているだけでも気が遠くなりそうな絵というのは時々ありますが、緻密さに加えてスケールの大きさも兼ね備えた絵となると、ちょっと他に並ぶものはないかもしれないなと感じました。
 あと今回、会場内の映像コーナーの解説も大変わかりやすく面白かったです。塔の構造を3Dで再現しているだけでなく、人物やクレーンをアニメーションで動かしてみせる映像が愉快で、大きなスクリーンにアップで映すとますます本物があんな小さな作品だというのが嘘のようでした。これは本当にお勧めでしたので、これから見に行く方はぜひ映像解説も見て、それからもう一度本物をご覧になってくださいね。

 ところで、今回はブリューゲルの版画作品も色々とありましたが、最後に展示されていた戦艦の絵に何故かとても惹きつけられました。
 もともと千尋は帆船が大好きでして、絵画作品でも帆船が出てくると嬉しいのですが、あんな風に船を主役に(しかもアップで)描いた絵はあまり憶えがありません。加えてブリューゲルの作品で船というのはちょっと意外なようでもありますが、「バベルの塔」でも画面右下にたくさんの船が描かれていますし、ブリューゲルは海運の盛んなアントウェルペンに縁の深い画家ですから、そう思うと船が画題になるのは当然かもしれませんね。
 ともあれ、版画なので白黒で地味といえば地味な絵でしたが、硬質な線でやはり細部まで丁寧に描き込まれていて、バベルの塔以外では一番印象に残った作品でした。大きさも普通の家にも飾れそうなサイズで、ポストカードがあったらぜひ欲しかったのですが、グッズ売り場にはありませんでした…残念。
 なお今回はグッズ売り場もなかなか愉快で、バベルの塔型のシフォンケーキや、塔のように積み上げたハンカチにキャラメル等、ユニークな商品が多かったです。もっともハンカチは単体だと何のグッズかわかりませんが、キャラメルの箱は小さくて可愛かったので、思わずひとつ買ってしまいました。

 ところで、日曜美術館では大友氏の世界と絡めて紹介されていましたが、改めて「バベルの塔」を見ていてふとジブリの「天空の城ラピュタ」を思い出しました。空に浮かぶ半ば廃墟となったラピュタの姿も、思えばブリューゲルのバベルの塔にちょっと似ていますよね。(あの背景美術も圧巻でした…)

ブリューゲル バベルの塔2017
会場内撮影コーナーにて。バベルの塔は東京タワーより高い!?

スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫