文豪の愛した絵画 抱一と漱石

 2013/03/13(Wed)
 本日、5月から始まる「夏目漱石の美術世界展」(2013/05/04-07/07)のチラシを見かけてびっくり仰天しました。
チラシの一番上にどどんと載っている絵は何と、大好きな酒井抱一のそれも滅多に会えない「月に秋草図屏風」ではありませんか! うわー久々にこれ出るのねー、と喜んで手に取り、裏の説明にざっと目を通したのですが、何気なく図版紹介を見てまたまた卒倒しそうになりました。何故というに、問題の「月に秋草図屏風」は東京国立博物館寄託(!)となっていたのです。えええちょっと待って、あれってペンタックスの所蔵じゃなかったのー!?

 …というわけで、昔は(何故か)旭光学工業、その後名前を変えてペンタックスの所蔵だったあの屏風は、(その後所蔵者が変わったのかどうかは判りませんが)いつの間にか東博寄託品となっていたらしいです。ということは、これからはちょくちょく東博の常設展示でもお目にかかれる可能性が高いというわけで、これは抱一ファンには非常に嬉しいニュースですね。
 私も抱一さんはかれこれ18年ほど追っかけ中ですが、それでもあの「月に秋草図屏風」を見たのは2004年の「RIMPA」展を始めとする2、3回程度でした。抱一の作品の中では「夏秋草図屏風」と並んで重要文化財指定されている傑作で、しかも海外流出したわけでもないにもかかわらず、この屏風はなかなか会えなくてずっと残念だったのです。六曲一隻の金地のほぼ中央に銀の月を配し、墨を基調に淡いたらし込みで渋く秋草を描いた構図で、抱一得意の冴えた銀屏風とはまた違う味わいがありますよね。(この前山種で見た「秋草鶉図」に少し近いけれど、こちらはもっとシックな雰囲気です)

 ところで公式サイトを見ると、この「月に秋草図屏風」は『門』との関連で出展のようですが、抱一と漱石といえばもうひとつ例の『虞美人草』も気になります。もっとも以前このブログでも触れたとおり、あの作品に登場するような罌粟を描いた抱一の銀屏風は今のところ確認されていないので、これはさすがに出しようがなかったのでしょうね。
 それにしても、文豪夏目漱石にまつわる美術品を集めた特別展というのはなかなか面白い企画で、以前行きそびれた澁澤龍彦展もそういえば似たようなコンセプトだったなと思い出しました。ちなみに澁澤龍彦展も抱一さんが出ていたそうですが、抱一さんは文学者に好かれるタイプの画家なんでしょうか?


tsukiniakikusazu.jpg
「月に秋草図屏風」6/25-7/7の期間限定展示です。



 関連過去ログ:虞美人草の謎 青邨・漱石・抱一

スポンサーサイト
タグ :

解読不能

 2013/03/03(Sun)
 ご無沙汰してます、色々多忙でゆっくりブログを書く暇もなかなか取れずにいましたが、何とか元気です。2月はやたら寒くてたまらず、かといって暖かくなれば花粉症にはちょっと憂鬱なのですが、ともあれ今年も色々頑張りたいです。

 とりあえず近況報告として、今年は美術展もまだあまり行っていませんが、以下三つは見てきました。

 ・チョコレート展(1/13、国立科学博物館)
 ・尾張徳川家の至宝(2/23、江戸東京博物館)
 ・琳派から日本画へ(3/2、山種美術館)

 チョコレート展はさすが科博、という一味違った切り口で、チョコレートになった気分で製造工程を体験してみようというコーナーが大人にもなかなか面白く、またチョコレートドリンク専用のカップのコレクションが量も凄い上にどれも実に綺麗でした。尾張徳川家は後期のみでしたが、国宝・初音の調度の鏡台を見ることができて大感激、これまた華麗で繊細な細工に惚れ惚れです。最後に山種の琳派から日本画は大好きな酒井抱一もたくさん出ているので気にかけつつ、昨日かろうじて前期展示に滑り込みで間に合いました。次回後期は早めに行って、ついでに静嘉堂文庫美術館で展示中の曜変天目茶碗にも久しぶりに会いに行こうと思っています。

 ところで、尾張徳川家でひとつ面白かったのが、百人一首のかるたが木製の札だったことでした。もっとも北海道の下の句かるたで今も楽しまれているようなぶ厚い札とは違い、見たところ2~3mmくらいのごく薄い札で、さらさらと書かれた筆字も実に上品で美しいものです。上の句の札には歌人の名前があるので判りやすかったですが、下の句は下から上へ書いていたりする札も多く、なかなか読み取れなくて苦労しました。とはいえ百人一首は子どもの頃に一通り憶えたからまだ何とか判りますが、山種で見たような光悦の書になるともう殆ど読めませんね…(なのでたまに知っている歌を発見すると、おおこれは判る!とちょっと嬉しかったり)

 なお美術展とはちょっと違いますが、お正月にかねてから念願だった大阪の天皇陵巡りにやっと行ってきました。最近箸墓古墳の調査も話題になっており、まだまだ先は長そうですが、日本の古代史の謎がいつか解き明かされるのかなと楽しみです。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫