賀茂祭の謎・弐 行きか帰りか

 2012/07/26(Thu)
 先日賀茂斎院についてご質問をいただいた方より、「『源氏物語』の車争いの場面は、斎王御禊の帰り道での事件ではありませんか」と再度お問い合わせがありました。はて、そういえばあまり深く考えたことがありませんでしたが、言われてみれば原文には往路か復路かという記述は見当たりません。しかも困ったことに、先日ご紹介した土橋誠氏の解説にも出典は明記されていないのです。

 で、ひとまず自宅の本棚や図書館の参考図書等色々当たってみたのですが、ますます困ったことに『源氏』の注釈書を漁っても『延喜式』や『江家次第』等をひっくり返しても、「斎院御禊のルート」を記した史料はまったく見当たりません。かろうじて『京都の三大祭』(所功、角川選書)、『平安の都』(角田文衛編著、朝日選書)、そして『賀茂斎院と伊勢斎宮』(斎宮歴史博物館)に「一条大路を東に進んだ」という解説があり、東に向かったということはこれから鴨川へ向かう往路のことと理解していいかと思うのですが、これまた肝心の一次史料の名前はどこにもないのです。また逆に『源氏物語の鑑賞と基礎知識9 葵』(至文堂)の解説では「御禊が終わった後、斎院一行は一条大路を通って紫野の斎院に入るわけだが…」とあり、こちらは明らかに復路として書かれていますが、これまた出典はなし。…一体どっちが正しいんでしょう?

 ところで、うっかり書きそびれていましたが、そもそも「斎院御禊」というのは三種類ありました。どのように違うかというと、順番に以下のとおりとなっています。

 1.初度御禊~新しい斎王(斎院)が決められて初斎院(宮中の潔斎所)に入る際の御禊。
 2.初斎院御禊~賀茂祭を前に、斎王が初めて紫野斎院へ入る際の御禊。
 3.尋常四月御禊~紫野斎院へ入って以降の、賀茂祭を前に行う通常の御禊。

 つまり、1と2は当然一度しかない御禊で、後は斎院の任にある限り3ということになります。ちなみに『源氏物語』の「葵」帖で語られる御禊は、供奉する顔ぶれ等から2の「初斎院御禊」であろうとされています。

 ここでちょっと平安京の地図を頭の中に浮かべてみると、3の紫野斎院からのルートは洛北から平安京北端の一条大路へ至り、そこで左折して鴨川へ(つまり東へ)向かったと考えるのに特に矛盾はありません。(上記『京都の三大祭』の記述も、この紫野からの尋常四月御禊についての説明でした) また1の初斎院に入る時のルートは、そもそも出発点である斎王の住居の位置にもよると思われるので、ここではひとまず外します。

 では「葵」帖の舞台となったと思われる、2の初斎院からのルートはどうだったのでしょう?

 この場合、初斎院は言うまでもなく内裏のどこかですから、つまりは一条大路を北端とする内裏から鴨川に向かったということになります。『賀茂斎院と伊勢斎宮』によると、初斎院御禊はわざわざ特別な経費や人員を使ったといい、毎年行われる斎院御禊の中でも特別な御禊だったそうなので、それほど格式高い位置づけであれば大内裏の正門である朱雀門から出て行った可能性も考えられます。
 そして朱雀門の目の前には、東西に都を貫き鴨川へ至る二条大路があります。仮に朱雀門から出発するルートだと考えた場合、斎院一行は少なくとも大宮大路までは二条大路を東へ進んだと思われますが、そこから先で北へ左折して一条大路へ向かったのか、それともそのまま二条大路を直進したのか、どちらだったのでしょうか。

 参考リンク:Wikipedia大内裏地図

 ちなみに『行親記』という11世紀の貴族の日記によれば、18代斎院娟子内親王が初斎院に入る際の「初度御禊」の時は「斎院御禊、<従直成朝臣宅入御右近衛府>、従二條大路東行給、還行之時自二條大路西行、従東大宮北行、従一條大路御右近衛府前」だったようです。この時は往路・復路共に二条大路ですが、応天門を通らずに大宮大路を北上して一条大路を西に進み、西大宮大路を南下して上西門か殷富門から右近衛府へ入ったことになります。(あるいは西大宮大路まで行かず、安嘉門から直接内裏へ入ったかも?) これを見る限り、少なくとも初度御禊では朱雀門を出入りすることにこだわりはなかったようですが、初斎院御禊はどうだったのでしょう。

 ここでもうひとつ、『源氏物語』よりやや後の『狭衣物語』の例を見てみます。
 巻三でヒロイン源氏の宮がいよいよ、宮中の初斎院から御禊の後紫野の本院(斎院)へと入ります。少し長いですが、大事な部分なので略さずご紹介します。


 かねて聞きし、一条の大路、つゆの暇なく、立ち重なれる車、桟敷の多さなど、次々ならん人、頭さし出づべくもなきに、かしこう、身のならんやうも知らず、同じ上に重なりゐたるさまども、いと苦しげなり。さるべき所々、桟敷の多さも、物見車の袖口ども、げにかねて聞きしに違はず、目の輝くことのみ多かり。ほのぼのいそぎ出でつらん家々の人もいかなりつらんと見えて、よろづめでたき年の御禊なり。
 河原におはしましたる御ありさまなど、例の事にも事添ひて、永き世の例にも、よろづをせさせたまへり。宮司参りて、御祓へ仕うまつるは、いと神々しく聞こゆれど、大将殿(狭衣)は昼の(ちらりと垣間見た源氏の宮の)御ありさまのみ心にかかりたまひて、
  御禊[みそぎ]する八百万代の神も聞けもとより誰か思ひ初めしと
と思すは、うしろめたき御兄[せうと]の心ばへなり。



 この文脈を見る限り、源氏の宮の斎院行列は一条大路の見物人の中を通り過ぎて、その後鴨川の河原で御禊に臨んだと解釈できます。この注釈に出典等があればよかったのですが、あいにく『日本古典文学全集』(小学館)の解説には何も触れられていませんでした。…残念。

 というわけで、この問題はとりあえず今後の宿題ということで、引き続き追いかけてみます。

 それにしても、『源氏物語』の描写を読む限りでは例の車争いは午前中(せいぜい午前10時~11時くらい)の出来事のように思われますが、『京都の三大祭』によると斎院御禊は午後に行われていたそうです。『京の葵祭展』でも「申刻に鴨川に至り、酉刻に御禊を行い、日没の頃斎院に還御した」とあるので、一条大路に詰めかけた見物客たちは随分と早い時間から場所取り合戦をしていたのですね。お祭り大好きな庶民の元気さは昔も今も変わらないようで、何だか私もまた葵祭へ行きたくなってしまいました。

 参考書籍:
  
京都の三大祭 (角川選書)京都の三大祭 (角川選書)
(1996/01)
所 功

商品詳細を見る


  
平安の都 (朝日選書)平安の都 (朝日選書)
(1994/11)
角田 文衛

商品詳細を見る



追記:
 うっかりしていましたが、『斎王の歴史と文学』(所京子、国書刊行会)のp268に、ずばり「斎王御禊路図」がありました。これによると、往路は待賢門から出て中御門大路を東へ進み、途中東洞院大路を南下して、二条大路で再び東に向かい鴨川に到着。復路は二条大路を同じく東洞院大路まで西へ進み、今度は東洞院大路を北上、一条大路に突き当たったところで西に進み、最後の大宮大路で紫野斎院へ向かうという、ちょっとジグザグなコースになっています。
 ただこの図解、タイトルが「斎王御禊路図」とあるだけで、出典もなければどういう「斎院御禊」の時のものかもまったく書いていないためよく判りません。まあ前後の文から考えて、『狭衣物語』の源氏の宮初斎院御禊の想像ルートらしいのですが、でも上記のとおり、源氏の宮の場合は往路で一条大路を通っているように見えるんですよねえ…

  
斎王の歴史と文学斎王の歴史と文学
(2000/03)
所 京子

商品詳細を見る


スポンサーサイト
タグ :

裳着の謎

 2012/07/25(Wed)
 先日賀茂斎院サイトにご質問をいただいたことで、平安前期(10世紀)の裳着事情についてその後も引き続き調査していたら、ちょっとあれっと思うことに遭遇しました。というわけで、斎院と関係があるのかないのか微妙ですが、とりあえず中間報告?です。

 前回の「内親王の裳着年齢」一覧の中にはあげませんでしたが、実は第13代賀茂斎院・韶子内親王の裳着についても記録が残っています。延長2年3月25日に韶子の裳着が行われたということで、改めて確認したらサイトの年表にもちゃんと書いてあったのですが、よくよく見直しておや?と思いました。
 というのも、延長2年当時韶子は何と7歳(!)でして、言うまでもなく「成人式」をするような年齢ではありません。時代が下るにつれて次第に裳着年齢が早まっていく傾向はありますが、それにしても10歳未満での裳着の例は、11世紀になっても見当たらないくらいなのです。
 これはいくら何でも若すぎる、着袴の間違いか何かじゃないの?と思い、さらに調べていったところ、ありがたいことに打ってつけの論文が見つかりました。

 服藤早苗氏の著書『平安王朝の子供たち』の第三章に「平安王朝社会の成女式 加笄から裳着へ」というものがありまして、これがまさに内親王の裳着年齢一覧をばっちり載せてくれているものだったのです。その中で韶子内親王の異常に早い裳着年齢についても触れられており、結論から言えばやはりこれは「着裳」ではなく「着袴」の誤りではないか、ということでした。
 これで「そうか服藤先生も同じお考えなのか」と、私も最初は嬉しく思いました。しかし何度か論文を読み直すうち、段々と何だか違和感を覚えてきたのです。

 そもそも、問題の韶子内親王裳着についての記事の出典は、源高明の『西宮記』です。同じ10世紀の人物が残した史料ですから、かなり信頼性は高いと思うのですが、問題の原文は実はこんな風に書かれていたのです。

 「延長二三廿五、昌子(内)親王於承香殿西廂著裳。天皇結腰有送物。
  御遊宸筆叙品。<三品> 雖不后腹、依先朝恩云々。
  以黄紙書叙品、給上卿、令作位記」

 何と、原文は「韶子」ではなく「昌子」なのです。
 昌子と言えば、韶子から40年後の朱雀天皇の一人娘昌子内親王を真っ先に連想しますが、何故それがここでは「韶子」(の誤り)とされたのかは判りません。(『大日本史料』では「韶子」としています) ただ恐らく、「延長2年3月25日」という年月日から見てそれが醍醐天皇の皇女の誰かであること、そして年齢的に他に該当する人物がいなかったことから、昌子ではなく韶子だと解釈されたのだろうと思われます。

 ところが、ここでひとつ厄介なことに、この「韶子(昌子)」は着裳(着袴?)と同時に三品に叙されているのです。
 服藤氏の研究によれば、10世紀前半の天皇家で、着袴と同時(あるいはそれ以前)の叙品は他に例がないのだそうです。この点について服藤氏は「韶子の母が光孝皇女源和子であることによる特別な叙品とも考えられる」としていますが、それにしては韶子と同母の他の兄弟姉妹が同様の特別待遇を受けた様子はありません。特に同母姉慶子内親王は14歳で裳着をしたことが記録に残っていますから、母源和子が多くの子をもうけるほどの帝寵を受けていたのは事実としても、韶子だけがこうした例外扱いをさるのは(いかに当時現役の斎院といっても)どうも納得がいきません。

 で、何だかしっくりこないなあと思いつつ、改めて『西宮記』の文を読み直していたのですが、そこで再びあれ?と思いました。ここで今度は、朱雀天皇皇女昌子内親王の裳着の様子について、『日本紀略』の文章をご紹介します。

 「応和元年十二月十七日(中略)朱雀院第一皇女昌子内親王於承香殿初笄。
  天皇神筆給。三品位記。又侍臣奏絃管。」

 こちらの「昌子内親王」も、「承香殿」で裳着を行い、「宸筆により三品に叙された」という点で、上記の『西宮記』の記録とぴたり一致しています。
 …ということは、もしかすると『西宮記』の記述は韶子内親王の誤りではなく、文字通り「昌子内親王」の裳着のことだったのではないでしょうか?
 もちろんこの場合、年月日はどう考えても昌子内親王の生まれる前ですから辻褄は合わないのですが、筆者高明(もしくはそれを写した誰か)が何らかの理由で年月日を間違えた可能性もないとは言い切れないのではないでしょうか。この記事を韶子内親王のものと考えた場合、年齢や叙品について当時の他の事例とは明らかに合わない点がある以上、まったくありえないことでもないのではないかと思うのです。

 またもうひとつ、特に気になったのは「雖不后腹、依先朝恩云々」の一文です。
「皇后所生の皇女ではないけれど、(今上の)先帝への深い御恩のため」くらいの意味にとっていいかと思いますが、この「今上」が村上天皇、「先帝」が朱雀天皇と考えれば、実に頷ける表現です。
 そもそも村上天皇の同母兄朱雀天皇は、母后穏子が弟(村上天皇)の即位を望んでいると思って早々と譲位したとも言われ、その後若くして亡くなった不遇な天皇でした。昌子の生母煕子女王は皇族出身で、皇子を産んでいれば立后もあったかもしれませんが、朱雀天皇譲位後に昌子を産んですぐ亡くなっています。
 こうしてわずか3歳で両親を亡くした姪昌子内親王を、村上天皇は後に我が子冷泉天皇の后に迎えるという最高の待遇で庇護しており、それは裳着の時の「宸筆で三品に叙した」という記述からも伺えます。元々この時代、裳着の腰結を父天皇が行った例はないそうですが、昌子の腰結を叔父村上天皇が行ったというのはありうることではないでしょうか。
(※ちなみに他の内親王の裳着の例では、外祖父または尚侍が腰結を行ったものがありますが、961年当時昌子内親王の親族は両親(朱雀天皇・煕子女王)も祖父母(醍醐天皇・中宮穏子・皇太子保明・藤原仁善子)も既に全員亡くなっていました。よって叔父村上天皇は、天皇家家長であると同時に生存する最も近い昌子の親族でもあったわけです)

 というわけで、あくまでも素人の素朴な疑問ながら、こっちの解釈の方が納得がいくんだけどなあと思ったので書いてみました。ただし何しろ日本史の基礎知識については非常に心もとない歴史マニア?の考察ですので、もし異論・反論その他ご意見等あればぜひご教授願います。

タグ :

賀茂祭の謎

 2012/07/20(Fri)
 本日、賀茂斎院のサイトについてお問い合わせをいただきました。せっかくですので、こちらでお答えさせていただこうと思います。


Q1.斎王御禊の解説で「一条大路を東に進んで申刻に鴨川に至り~」というのは、出典は何か

 参考文献にもあげている『京の葵祭展』(京都文化博物館)より、土橋誠氏の「概説・京の葵祭」という解説を参考にさせていただきました。なお『源氏物語』原文にも、「一条の大路、所なく、むくつけきまで騒ぎたり」と書かれており、その後車争いの騒動が起こっていることから、この事件が斎王御禊の途中であったと考えられています。

参考リンク:「源氏物語の世界」様


Q2.「花宴」の右大臣家の宴は女一宮・女三宮の裳着の祝宴とあるが、これは違うのではないか

 はい、これは千尋の勘違いでした。右大臣邸について、少し前の文に「新しう造りたまへる殿を、宮たちの御裳着の日、磨きしつらはれたり」とあったことから、藤の宴を裳着当日と思い込んでしまったようです。ご指摘ありがとうございました。
 ただこの裳着の式そのものも、「新しう造りたまへる~」という描写から見て、恐らくそれほど前のことではないだろうと考えます。姉妹が共に裳着の式を挙げる例は歴史上にもありますし(やや時代は下りますが、臣下では藤原道隆や藤原教通の娘達がそうでした)、もちろん皇族でも兄弟姉妹が同日に元服・裳着をあげた記録が残っています。よって「花宴」の記述も「宮たちの御裳着」とあることから、素直に二人同時であったろうと思います。

 また女一宮・女三宮の年齢について、ご指摘のとおり「桐壺」で光源氏7歳の時に初めて「女皇女たち二ところ」と彼女たちの名が上がっていますが、「花宴」の頃に裳着をしたとなると、どちらも源氏より年上とは考えられません。(20歳以上の裳着はさすがに異例でしょう)
では年下だとすると一体どのくらいかということになりますが、上記の「桐壺」から少なくとも最大で6歳差なのは間違いなく、しかも同腹の姉妹で「女一宮・女三宮」ということは双子でもありません。よって、妹の女三宮は最も若く見て「花宴」当時14歳ということになります。

 さて、『源氏物語』の冒頭は醍醐天皇の頃を想定して書かれたという説が有力ですが、醍醐天皇の内親王たちで裳着の年齢が判っている例は、以下のとおりです。(※名前の後のカッコ内の数字は生没年です)

 ・歓子内親王(899-?)  914年裳着(15歳)
 ・慶子内親王(903-923) 916年裳着(14歳) 同日、克明親王(14歳)元服
 ・勤子内親王(904-938) 918年裳着(15歳)
 ・普子内親王(909-947) 925年裳着(17歳) 同日、時明親王(14歳)・長明親王(13歳)元服
 ・康子内親王(919-957) 933年裳着(15歳)
 ・英子内親王(921-946) 938年裳着(19歳)

 この中で皇后所生の皇女は康子内親王のみですが、このデータから見て大体14~16歳くらいが当時の内親王たちの平均的な裳着年齢と思われます。皇族以外はちょっと調べられませんでしたが、当時はまだ内親王と臣下との婚姻例は殆どなく、よって結婚を考えての裳着ではなかったはずなので、またちょっと違うかもしれません。

 なおその後の時代の内親王たちの裳着年齢についても、参考までにあげておきます。

 朱雀天皇皇女
 ・昌子内親王(950-999) 961年裳着(12歳)

 村上天皇皇女
 ・保子内親王(949-987) 962年裳着(14歳)
 ・規子内親王(949-986) 964年裳着(16歳)
 ・盛子内親王(951-998) 965年裳着(15歳)
 ・楽子内親王(952-998) 965年裳着(14歳)
 ・輔子内親王(953-992) 965年裳着(13歳)
 ・資子内親王(955-1015) 968年裳着(14歳)
 ・選子内親王(964-1035) 974年裳着(11歳)

 中には11歳・12歳という例もありますが、全体的に見てこちらも大体13歳~16歳ですね。こうした例から見て、「花宴」の女一宮・女三宮も大体14歳~16歳程度と考えていいかと思われます。
(※なお冷泉天皇の皇女たちはいずれも裳着年齢は不明で、円融天皇・花山天皇は皇女がいないことから割愛しました)


 それにしてもこういう資料というのは意外に一覧表等がなくて、改めて調べると結構大変でしたが、同時にとても面白かったです。内親王といえども年齢のはっきりしない人物もいるので、全部の完璧なデータが揃うわけではないのですが、今度こうしたデータもまとめてみたいですね。
 ともあれ、今回は貴重なご質問ありがとうございました。何分素人でまだまだ勉強中の管理人ですが、何か他にも気になった点などあれば可能な限りお答えしたいと思いますので、今後もどうぞよろしくお願いします。

タグ :

愛しのレオナルド

 2012/07/05(Thu)
 しばらく前ですが、Bunkamuraで開催された「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」に行ってきました。
 日本人でもレオナルド・ダ・ヴィンチと「モナリザ」を知らない人は恐らく殆どいないでしょうが、何しろ天邪鬼な千尋は、世界一有名なあの女性を美しいとはあまり思ったことがありません。それ以前にそもそも、レオナルドの描いた女性で好みの人物が滅多にいないというのが本音で、現物を見たものではかろうじて「白貂を抱く貴婦人」(2002年来日、横浜美術館)がまあレオナルドにしてはチャーミングな美人だな、と思ったくらいでした。
 ところが今回の「ほつれ髪の女」は、そんなレオナルド作品では珍しく久々に大変美しいと感じた好みの作品で、これを今まで知らなかったのは大失敗でした。レオナルドは完成作品の少ないことでも有名な画家ですが、なまじきちんと描き上げられた?モナリザや聖母マリアより、このデッサンの方がよほどいいなと思ったくらいです。(そういえばブーシェの絵も、荒いタッチのデッサンの方が好きなものは多いのでした)

 ともあれレオナルドの絵に接したのは実に5年ぶり、2007年に来日した「受胎告知」(東京国立博物館)以来でしたが、そこでふと思い出したことがありました。
 多分この「受胎告知」来日の頃だったと思うのですが、書店でふと手にした美術エッセイらしき本で、珍しく私の好きな「洗礼者ヨハネ」が取り上げられていました。しかも著者は「日本ではダ・ヴィンチと称されることが多いが、私は断然「レオナルド」と呼ぶことにしている」というようなことを述べていて、おお同志、と嬉しくなったのです。(ただあいにくその時は買わなかったため、誰の何という本かは覚えていないのですが、多分中山庸子氏の『イケメン美術館』だったと思われます)

  
イケメン美術館イケメン美術館
(2007/01)
中山 庸子

商品詳細を見る


 これまたよく知られるとおり、「ダ・ヴィンチ」というのは「ヴィンチ村(出身)の」という意味であって、日本人が考えるような苗字とはちょっと違います。なので私も昔から「レオナルド」と呼ぶことに密かにこだわっているのですが、研究者以外で恐らくそうではないかと思われる人にもう一人、作家の塩野七生氏がいらっしゃいます。
 知る人ぞ知るかもしれませんが、塩野さんは昔からレオナルドの熱烈なファンだそうで、そのあたりは『イタリア遺聞』の最終章、その名も「レオナルド、わが愛」に詳しいです。しかも愉快なことに(と言っては申し訳ないのですが)、当時まだ書いていなかったマキアヴェッリもカエサルも書けるという自信があった塩野さんが、唯一(伝記として)書けない(ご本人曰く「モノにできない」)と白旗をあげたのが他でもないレオナルドだというのですよ。
 はて、『ローマ人の物語』の作者をして書けないと言わせるとは、と最初は驚いたのですが、理由を読んで納得。彼があまりにも万能の天才であったがために、特に自然科学方面は手に負えないということなのだそうで、これには私も心から賛同しました。もっとも私の場合、解剖学くらいならブラックジャックの影響で(笑)そこそこ興味もあるから何とかなりますが、建築だの兵器だのとなると確かにお手上げですね。

  
イタリア遺聞 (新潮文庫)イタリア遺聞 (新潮文庫)
(1994/03)
塩野 七生

商品詳細を見る


 ともかくも、この短いエッセイの中で塩野さんも一貫して「レオナルド」あるいは「レオナルド・ダ・ヴィンチ」と読んでいて、「ダ・ヴィンチ」という略称は一度も使っていません。私のようなこだわりを持つ人間にはこれだけでも大変に嬉しいことで、逆に某『ダ・ヴィンチ・コード』等は内容以前にそもそもタイトルが気に食わんというのが本音なのですが、ともあれこういう同好の士がいるのは非常に心強いのでした。

 ところでこの「レオナルド」という名前、決して悪い名前だとは思わないのですが、時々「どうせなら「ガブリエロ」だったらもっと面白かったのになあ」と考えてしまいます。
 というのも、レオナルド・ダ・ヴィンチは言うまでもなくルネサンス三巨匠の一人として有名ですが、あとの二人は「ミケランジェロ(=ミカエル・エンジェル即ち大天使ミカエル)」と「ラファエロ(=大天使ラファエル)」ですから、レオナルドが「ガブリエロ(=大天使ガブリエル)」だったら綺麗に三大天使が揃ったのに…という訳なのでした。思えばレオナルドの描く大天使ガブリエルはそれはもう美しく、はっきり言って聖母マリアよりよほど魅力的だと断言したいくらいですが、レオナルド自身も若い頃は大変な美青年だったそうですから、案外ご本人の面影を宿していたりするのかも…?


  レオナルド「洗礼者ヨハネ」
  一番好きな「洗礼者ヨハネ」。珍しくサイン入りだそうです。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫