スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

幼な妻と尼姫宮

 2011/06/24(Fri)
 先日久しぶりに十二単を見てきたこともあり、またちょっと源氏物語をあちこち読み返していました。で、今まであまり関心のなかった女三宮について、いくつか思ったことがあったので覚書きです。

 源氏物語の登場人物たちについては、よく歴史上の人物に準拠、つまりモデルを求める研究が多くあります。特に主人公光源氏の準拠は源融とか源高明とか藤原伊周とか藤原道長とか、日本史でもお馴染みの人物たちがぞろぞろ挙げられており、そのどれか一人に限定するということは恐らく不可能でしょう。
 というわけで、そんな大物について語るのはおこがましくまた今さらでもありますが、そういえば女三宮のモデルではないかと言われた人っていたかしら、とふと思いました。単に私が今まで興味を持たなかったから知らないだけだろうとは思うのですが、そこで連想したのが、藤原彰子と尊子内親王だったのです。

 まず藤原彰子といえば、これまた日本人なら知らない人は少ないでしょう、道長の娘で一条天皇の中宮、そして紫式部の仕えた主人です。12歳の若さ(というより幼さ)で8歳年上の従兄一条天皇の後宮に入内、同じく12歳年上の従姉・皇后(始めは中宮)定子と並び立って后となったことは、平安時代の歴史でも特に有名な一大事件でした。
 しかしよく考えてみると、先妻を押しのけて(と言うと言葉が悪いですが)天皇の正妃になった彼女の来歴は、紫の上という人がありながら親子ほども年上の光源氏の正室として降嫁した女三宮と、何だか妙に似ています。最近「源氏物語の時代」という本を読み返していてそのことに気がつき、こういうことを考えた人って他にいないのかなと思っていたら、その後橋本治の「窯変源氏物語」、それも『雲隠』の中にちらりと同じようなことを書いていたのを見つけて驚きました。(昔読んだはずなのに、すっかり忘れてました…苦笑)

 とはいえ、物語では女三宮は柏木との密通・出産の末に呆気なく出家、源氏の正妻の座から降りてしまいましたが、歴史の方は皇后定子が出産で亡くなり、中宮彰子はその後一条天皇の生涯を通して事実上ただ一人の妻でした。栄花物語では「かかやく藤壺」と讃えられ、華やかに時めいた彼女はどちらかといえば源氏の初恋の人で、その名も同じ藤壺中宮のイメージの方がまず浮かんできそうです。
 ただ「源氏物語の時代」にもあったように、亡き後も定子への思いを忘れることのなかったらしい一条天皇が、表向きはともかく果たしてどれだけ彰子を寵愛したのかは疑わしいところも残ります。しかし現代ならともかく、当時「源氏」の読者でこれを意識した人はどのくらいいたのかと思うと、やっぱり紫式部ってちょっと怖い人ですねえ。(なお「源氏物語の時代」の著者は一条天皇と皇后定子の二人に桐壺帝と桐壺更衣の悲恋のイメージを重ねていますが、それはそれでやっぱり洒落にならない…)

  


源氏物語の時代源氏物語の時代
一条天皇と后たちのものがたり
(朝日選書 820)

(2007/04/10)
山本 淳子

商品詳細を見る



 さてもうひとり、こちらは名前を知っている人は恐らくかなりの日本史通だろうという、尊子内親王ですが。
 彼女は冷泉天皇の第二皇女、生母も藤原北家嫡流の名門出身という、文句なしに高貴ないわば血統書つきの内親王です。しかし母は早くに亡くなり、また摂政となった祖父も同じく早世、尊子は幼くして頼りになる後見を失くしてしまいました。
 もともと彼女については、第15代賀茂斎院という肩書のひとつから注目していましたが、この人の珍しいところは斎院を降りた後で天皇の妃となったところです。相手は叔父にあたる円融天皇で、そもそも入内についても円融天皇の方から勧めたことだったといい、「栄花物語」でも妃となった内親王を可愛らしい人と思ったとありますから、二人の仲は多分悪くなかったのでしょう。
 しかし尊子は内親王と言う高貴な生まれにもかかわらず、結局円融天皇の皇后にはなれず、また皇子皇女にも恵まれませんでした。そして数少ない身内の一人であった叔父の死をきっかけに、何と自ら髪を切り落として出家、世を捨ててしまったのです。

 …こうして見ると、中宮彰子とはまた違った意味で女三宮との共通点がいくつもありますが、尊子内親王はその後20歳の若さで亡くなってしまいました。女三宮は出家こそしたものの、表向きは光源氏との子とされた息子薫のおかげで不自由ない平穏な生活をしていたようですから、過酷な体験をしたとはいえ尊子に比べれば随分恵まれた余生を送ったことになりますね。
 なお付け加えれば、尊子の同母弟は一条天皇の先代・花山天皇でした。こちらも道長の父兼家の陰謀で退位・出家させられた逸話で有名な人で、そのとばっちりで紫式部の父為家はいわば失職、その後随分苦労したようです。その花山天皇の姉で若くして世を捨て亡くなった尊子を、式部はどう感じていたのでしょうか。

  




内親王ものがたり内親王ものがたり
(2003/08/29)
岩佐 美代子

商品詳細を見る







 それにしても、源氏物語とはそれなりに長い付き合いになりつつありますが、時折それまで意識しなかったようなことにふっと気がついて驚くことがよくあります。こういうところがいくつになっても飽きることのない、それどころかますます惹きつけられる源氏の魅力でもあるのでしょうね。

 そうそう、最後にもうひとつ、これは大分以前から密かに気になっていたのですが。
 中宮彰子は皇后定子の亡き後、定子の産んだ敦康親王を引き取って母代りに養育し、一条天皇が亡くなった時には実の息子よりも敦康を東宮にと希望したといいます。肝心の敦康親王がそんな彰子にどういう感情を持っていたかは判りませんが、モデルと言うならこの二人こそまさに光源氏と藤壺の宮を連想させるなあと思うのは私だけでしょうか…?(←それこそ歴史小説等のネタとしては行けるかも。笑)


スポンサーサイト
タグ :

再び十二単の謎

 2011/06/19(Sun)
 6月18日(土)、明治神宮文化館にて開催中の「十二単の世界 ―四季を飾る「かさね」の美―」(2011/4/29-7/3)へ行ってきました。


   十二単の世界



 お馴染み京都の風俗博物館さんでもこの手の展示はよく見に行きますが、やはりものがお着物ですから実物大で見るのが一番です。残念ながら情報を知ったの自体が遅かったので、多分既に展示替えを行った後だろうと思うのですが、それでも目も彩な衣裳の数々はいつもながら大変目の保養でした。


 ところで今回、展示された十二単の数々を見ていて、ふと引っかかったことがありました。
 展示スタイルは大きく分けて二通りで、唐衣・五つ衣・表着・裳をそれぞれ個別に分けて展示するタイプと、一式着用した形の展示とがあったのです。おかげで個別の展示の方は、普段見えない唐衣の仕立ての仕組みだとか、通常袖口や裾だけが覗く五つ衣の具合だとかがよく判るようになっていました。
 一方、一式着用型の方もこれまた実に華やかで、鮮やかなピンクや山吹や紅など、まさしく等身大お雛様の着物のようでそれは綺麗でした。特に唐衣や表着は多分二陪織物(ふたえのおりもの)というものでしょう、生地の地文の上に刺繍のような華やかな上の文様が一面に散らされた豪華なもので、見ているだけでも溜息がでるような美しさでしたが、最後の着物のところであれっと立ち止まりました。
 一見した感じは同じように普通の十二単なのですが、入口から見て左側の一番手前にあったその着物だけは、唐衣も表着も地文だけの何だかちょっと地味な着物だったのです。
 この点についてはキャプションにも特に説明はなく、解説してくれそうなスタッフさんもいなかったので判らなかったのですが、よくよく見ると他の十二単は五つ衣もしっかり立湧等の華やかな地文がある豪華なものなのに、その衣裳だけは五つ衣もまったくの無地で明らかに違っていたのです。ついでに裳も他のおめでたい桐竹鳳凰文に対して、やっぱりシンプルな流水とちょっとした植物や鳥を描いただけのものでした。
 そうした点を考え合わせると、あれは多分昔で言うなら女房クラスの人が着るような衣裳だったのかもしれません。何しろ教えてくれる人が誰もいなかったので、はっきり断定できるわけではないのですが、そういう細かいところの解説ももっとつけてほしかったなと思いました。


 さてもうひとつ、今回特に目を引いたもののひとつが、入口すぐの左脇にあった「帛装束」です。
 これは皇后陛下用の全身真っ白な十二単で、元は江戸時代の女帝が神事に着用したものに由来するそうです。確か以前三の丸尚蔵館でも、皇后陛下が大嘗祭でお召しになった(!)というのを見ましたが(ただしこちらは袴のみ淡い桜色でした)、これも一式着用スタイルだったので大変目立っていました。
 しかし何しろ目的が目的だけに、一口に白と言っても華やかな地文も何もない、まったくの真っ白白(というか、正確には多分生糸そのままの生成り色?)です。他の衣裳が花園さながらに色とりどりの華やかさを競っている中では、袴さえも真っ白というのは何だかちょっと地味というか淋しいような印象もありましたが、実は滅多に見られない神々しいお衣裳なわけで、まさかここでまた見られるとは思いませんでした。

 ところで以前もちらっと触れましたが、平安時代で白一色の女房装束が登場する場面と言えば、出産とその後のお祝いの時です。しかもこちらは神事ほど飾りけなしではなく、「紫式部日記」によれば銀糸で刺繍をしたり銀泥で裳に模様を描いたり、それどころか螺鈿(!)で飾りつけをしたりと、白い中にも色々工夫を凝らして華やかさを出していたようなんですね。


  明石女御出産
  2009年4月風俗博物館展示、明石女御出産の祝いの宴での紫の上。
  フラッシュのおかげで衣裳の織文様がよく判る1枚。
  (手前に並ぶ祝いの食膳も、すべて銀器なのに注目!)


 で、後でそんな話を友人としたところ、「それって(滅多に使わないだろうから)使い捨てだったの?」と言われたのです。それまでまったく考えたことがなかったのですが、指摘を受けて私もはたと考え込みました。

 とりあえずぱっと思いつく限りでは、私も「源氏」「紫日記」「栄花物語」に登場する以外は殆ど知りません。ただお馴染み近藤富枝先生は、以前あの頃の喪服について「普段の衣裳を黒く染めて使ったのではないか」という指摘をしていらっしゃいました。その理屈で行くなら、出産祝いの白い衣裳の場合も、その後生地を染め直して普通の衣裳として使うということもやったのではないでしょうか?
 上で触れたような二陪織物ならともかく、地文だけの生地なら衣裳を一度解いてから染め直せばいいわけですし、いつ出番があるか判らないような白装束をそうそう準備していたとも思えません。(もっとも喪服と違って、出産は早くから準備する余裕はあるわけですけれど) それを使い捨てだなんてそんな、今でもオールシルクの服なんていいものは高価なのだし、まして平安時代はごくごく一部の限られた上流階級の人々だけが身に着けることのできた贅沢品ですから、衣裳は無理だとしても何らかの形でリサイクル(笑)はしただろうと思うのですよ。

 ※ちょっと追記:
  喪服の場合は、服喪の期間が明けるとお祓いをして、切って川に捨てた(!)そうです。
  ということは、まさしく使い捨てだったわけですね。
  (しかもこれは衣裳だけでなく、小物や調度に至るまで一式全部だそうです。大変そう…)


 で、そんなことを考えていたら、またもうひとつ気になったことがありました。
「紫日記」は出産祝いの折の女房たちの衣裳について、かなり詳しく描写しているのですが、その中で「釵子(さいし)さして」という一節があります。釵子というのは正装の時に結い上げた前髪につける髪飾りのことで、今でもお雛様がおすべらかしの頭につけている、小さな冠のような金色のあれです。もちろん平安時代でも普通は当然金の釵子を使うのですが、この場合はどうだったんだろう?とまた考え込みました。
 というのも、話戻って例の皇后陛下の白装束を見た時、釵子の類もやっぱり銀だったのです。(!)
 これは初めて見た時とても驚いたのでよく憶えていますが、「紫日記」ではあいにく釵子まで銀製だったかどうかまでは触れていなくて判らないのです。ただ髪をまとめる「元結」が白だとは述べているので、それなら釵子も銀に揃えていてもおかしくなさそうですが、これはそれこそリサイクルできるものではないでしょうねえ。(もっとも衣裳と違って嵩張らないけれど、銀だから時間が経てば黒変して結局駄目になりそう…)


 それにしても、いくら頑張って刺繍だとか銀箔の摺りだとかで飾りつけをしても、紫式部くらいの中級・下級の女房さんたちでは身分柄やはり限界があったと述べられています。逆に言うなら、身分高い人はもっと思い切った贅沢もできたわけで、二陪織物も白地に白の模様では判らないから華やかに銀糸の織なんかをしたのかなあと想像して、そこでふと思い出したものがありました。


   栄花物語1

   栄花物語2


 上の写真は、2009年5月に東京国立博物館で展示されていた、土佐光祐作「栄花物語図屏風」の一部です。しかもこれがまさしく、紫式部が日記に描いた中宮彰子の出産祝いだったのでした。
 一枚目の女性は、茵に座って半ば姿を隠していることや寛いだ袿姿から、中宮彰子本人だろうと思われます。彼女を始め、周りの女房達(それも高貴な上臈)も皆、見ての通り白地に華やかな銀の文様の衣裳を纏っているのですね。
 あいにくこの屏風絵は300年の間に銀が焼けてやや黒ずんでしまっていますが、描かれた当初は眩しい白銀の輝きがさぞかし平安時代の王朝絵巻そのままの美しさだったでしょう。釵子をつけている女房がいないのが残念ですが、土佐光祐もやはり同じような想像をしながら描いたのかなと、ちょっと楽しくなりました。


   栄花物語3
   若宮(後の後一条天皇)を抱く祖父道長(多分)。
   隣では女房が、父一条天皇から贈られた御佩刀(みはかし)を捧げ持つ。

 「宮は、殿抱きたてまつりたまひて、御佩刀、小少将の君、虎の頭、宮の内侍とりて御先に参る。(中略)
  少将の君は、秋の草むら、蝶、鳥などを、白銀して作り輝かしたり」
  (「紫式部日記」より抜粋)


 最後になりましたが、冒頭の説明文の中で「昔は現代のように室内は明るくはなかったけれど、そんな中だから鮮やかな色彩の衣裳が好まれた」というような一文がありました。確かに、今のような節電モードであっても「電気の明かり」がある生活とは異なり、平安時代の寝殿造は昼でも御簾やら几帳やらに取り囲まれて薄暗かったでしょう。伊藤若冲の絵もそうでしたが、そんな弱い自然光や夜の蝋燭の明かりの元だからこそ、あれほど色とりどりの衣裳が発達し愛されたのでしょうね。


 関連過去ログ:続・衣裳から見る源氏物語の世界

 参考リンク:源氏物語の世界(紫式部日記本文・現代語訳あり)

 参考書籍:
  
きもので読む源氏物語きもので読む源氏物語
(2010/05/15)
近藤 富枝

商品詳細を見る



 
タグ :

東西版画対決?

 2011/06/12(Sun)
 5月28日(土)に国立西洋美術館の「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」展(2011/3/12-6/12)、6月11日(土)に東京国立博物館の「写楽」展(2011/5/1-6/12)へ行ってきました。

 今回どちらも殆ど事前情報を調べずに行って驚いたのですが、この殆ど同時期に開催されたふたつの特別展は、どちらも版画の「刷り違い」を見ることができるという面白い共通点がありました。しかもレンブラントは何と、好んで使ったのが日本の和紙だというのだから二度びっくりです。なるほどそう言えば、江戸時代の鎖国政策の中でもオランダは日本と貿易をしていたのだったっけ、と懐かしい知識が甦ってきて、今までには感じなかった親しみが湧いてきました。絵の中では時折アラビア風のオリエンタルな素材も描いているレンブラントですが、一体どんな風に日本を想像していたのでしょう?
 ともあれ、和紙を使った刷りはいかにもそれらしくインクがややおぼろに滲む感じで、他の刷りに比べて全体にやわらかい雰囲気になっていたのが印象に残りました。レンブラントと言えば2000年の京都国立博物館で見た時以来、暗い色調の地味派手な油絵のイメージが強かったのですが、今回まったく違う一面を見られて大変楽しかったです。


 一方、浮世絵の中でも一際知名度も人気も高い写楽ですが、実を言えば最初はあまり興味を引かれませんでした。何しろそもそも浮世絵自体があまり好みではないということもあり、この手の美術展にはいつもあまり食指が動かないのです。
 とはいえ、以前東博で見た北斎展はなかなか見応えがあって予想外に面白いものでしたし、考えてみると写楽の作品は教科書や画集などではお馴染みながら、実物を見たことは殆どありません。ましてこれだけの規模の特別展となると滅多にないことですし、まあ行くだけは行ってみようかというわけで、最終日前日にぎりぎりで駆けつけました。これは絶対大混雑だろうなと覚悟していったのですが、当日は午前中が強い雨だったおかげか、意外に混んでいなくて助かりました。(しかも平成館ではちょうど東大寺山古墳の特別展示もやっていて、二度ラッキーでした。^^)

 で、写楽もこれまた刷り違い作品がたくさんあり、特に凄かったのは海外からの里帰り軍団です。以前から噂には聞いていたものの、ギメ美術館始めとする作品の状態のいいこと、これは管轄外の千尋にも驚きでした。今では薄い茶色のような色が元は似ても似つかない紫色だったなんて、あれだけのものが残っていなければまず判らないでしょうねえ。(ちょっと国宝「源氏物語絵巻」復元を思い出しました)

 でも個人的にそれ以上に面白かったのは、写楽が描いた歌舞伎役者の絵を他の絵師の作品と並べていたコーナーです。こうした試みは今まで見たことがなかっただけに、比べてみると写楽の作風の特異さが大変よく判って、一際見応えがありました。
 そもそも写楽の絵は内容が内容だけに、歌舞伎に関する知識がないとなかなか意味が判らず楽しめないというのも微妙に苦手意識を助長していたのですが、今回の特別展はその点もしっかりフォローしてくれていました。とりわけチラシやポスターにも使われた「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」は、歌舞伎のどんなシーンであのポーズが出るのかを映像解説でも詳しく説明してくれていて、これはとても判りやすかったです。ただ肝心の江戸兵衛と奴一平を演じている役者さんの名前がどこにもなくて、スタッフさんに訊いてみても判らなかったのがちょっと残念でした。(奴一平の方は多分十二代目團十郎さんだったと思うんですが)

 なお江戸兵衛といえば、今回のグッズに何とあの絵そのままのフィギュア(!)があったのにはびっくり仰天、思わず吹き出してしまいました。しかもこれがなかなかにいい出来で、浮世絵や写楽に興味のない私も感心してしばらく見入ってしまったほどなんです。阿修羅展の時には凄いことになっていたようですが、あの江戸兵衛はどのくらい売れたんでしょう…?(笑)

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。