スポンサーサイト

 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

お堀端の洋風建築

 2011/05/02(Mon)
 4月30日(土)、東京へ出かけたついでに、久しぶりに上野の旧岩崎邸へ行こうかと思い立ちました。
 先に八重洲に用事があったので、その後でてくてく歩いて国際フォーラムの横を通過、地下鉄二重橋前駅を目指しました。ところが、三菱一号館の前を過ぎて皇居の緑が見えてきたところで、突然どーんと聳え立つ巨大なギリシア風円柱が目に入ったのです。

 何これ、一体どこの銀行!?と驚き、近寄って見ると、壁にこんなプレートがありました。

   明治生命館1

 確かに丸の内界隈は明治から昭和にかけての洋風建築がちらほら残っているという話は聞いていましたが、今まで三菱一号館の先へ足を向けたことはなく、おかげでこんなものがあるとは全く知りませんでした。遠目にも実に目立ちますが、近くで見上げると、アカンサス装飾も華やかなコリント式の柱頭がますます目を引く、凄い存在感の建築です。しかし何しろあまりにも大きいため、反対側の道路へ渡ってもなお全体像が入りきらなくて、結局交差点の斜め向かいまで移動してカメラに収めました。


   明治生命館2
   明治生命館全景。実に堂々たる姿です。


 ところが、皇居側へ移動してみると、三菱一号館側とはまた別の入口があるのが目につきました。
 どれどれ、こっちもちょっと見てみようかと再び横断歩道を渡り、目の前まで行ってみてびっくり。何と、ちょうど土日の一般見学開放中であるとの案内板が出ていたのです。うわーラッキー!と大喜び、その瞬間当初の予定はあっさり変更となりました。(笑)

 さてこの明治生命館、竣工は1934年(昭和9年)ということで、既に80年近い歴史を誇り現在は重要文化財にも指定されている、堂々たる古典西洋建築です。とにかく外観の大きさ華麗さにまず驚き圧倒されますが、中に入り2階に上がると、巨大な吹き抜け空間と立ち並ぶ壮麗な柱、そして華やかな天井の石膏・漆喰装飾にまたまた仰天。昔の左官さんたちは鏝ひとつの職人技であの素晴らしい漆喰のレリーフを作り上げたそうですが、これほど大きなものをしかもこんな間近でみることのできるところは初めてで、一際感激でした。


   明治生命館3
   中央の吹き抜け部分。1階は今でも現役のオフィスです。


 柱や床などに使われた大理石ははるばるイタリアから輸入したものだそうで、種類も灰色、クリーム色、薔薇色など実にカラフルで美しく、中でも階段の踊り場はあたたかみのある色合いが綺麗です。一方で室内は重厚なダークブラウンの木材を多用し、また各部屋に様々な意匠のマントルピースを配していて(ただし本物の暖炉ではなく飾り)、落ち着いた格調高さと華やかさが見事に調和していました。特に応接室は華麗なスパニッシュ風のつくりが大変好みの雰囲気で、知らなければとてもオフィスビルの一室だとは思えないくらいお洒落なんですよ。


   明治生命館4
   食堂の立派な暖炉。隣室には何とダムウェーターも。


   明治生命館5
   華やかな応接室。どんなお客様をお迎えしたのでしょうか?


   明治生命館6
   階段踊り場の窓。隅々まで実に凝っていてお洒落。


 ともあれ、こうした企業の建築物(しかも現役)でここまで中を公開してくれているところはかなり珍しいのではないかと思います。(おまけに無料!) 週末に三菱一号館へお出かけの際には、ぜひ足をのばしてこちらも覗いてみてください。

スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。