みささぎ巡り

 2009/09/30(Wed)
 ちょっと時間が前後しますが、9月19日に埼玉県行田市の「さきたま古墳群」へ出かけてきました。
 元々西洋史と美術展大好きな千尋ですが、古い時代の日本史(鎌倉時代まで)も大好きで、なかなか時間は取れないものの神社や古墳を回り歩くことも多いです。しかし京都や奈良のように遠い所も大変ですが、近くの場所もこれはこれで案外なかなかきっかけが掴めないもので、さきたま古墳群もそんなひとつだったのですが、今年のシルバーウィークでようやく行ってみようかという気になりました。

 というわけで、高崎線の各停電車にとことこ揺られること1時間余り、北鴻巣駅から直行バスで割合楽に目的の「さきたま古墳公園」に到着しました。実は事前にあまり詳しい情報を確かめずにとにかく行ってみよう!と勢いだけで出発したのですが、よくまあこんな限定された区域にこんな数の古墳がひしめき合っているものだと、思わず目を見張るような、まさしく「古墳群」です。しかも古墳ひとつひとつも決して小さなものではなく、最大の二子山古墳(全長138m)を始めどれもなかなかの規模で、河内の巨大古墳には及ばないもののなかなかの壮観でした。

 さて、さきたま古墳群といえば、とりわけ外せないのがかの有名なあの!稲荷山古墳です。

  稲荷山古墳
  (稲荷山古墳全景。隣の丸山墓古墳の頂上より撮影)

 見ての通り典型的な前方後円墳で、前方部分は土取り工事で一度完全に壊されてしまったそうですが、現在は復元して元通りの姿になっていました。後円部分の頂上には埋葬施設が二つ発見され、その一方からかの国宝「金錯銘鉄剣(稲荷山鉄剣)」が発見されたとあって、実際にその場所に立ってみると改めて感動でしたね。

  稲荷山古墳頂上
  (後円部頂上、鉄剣の見つかった埋葬施設跡)

 ところでその鉄剣ですが、本物はすぐ近くの埼玉県立さきたま史跡の博物館にて常設展示されており、もちろんこちらもしっかり見てきました。ぼろぼろに錆びた刀身に鮮やかな金色で刻まれた「獲加多支鹵大王」の文字は、字体こそ拙いもののよくぞこれが千何百年もの間失われずに残ってくれたものだと、まったく感動を覚えずにはいられません。うーん、古代史ってやっぱり他にはないロマンを掻き立てられますね。
 ちなみにちょうどその一ヶ月ほど前、東博で伊勢神宮展を見た帰りにも、常設展で国宝「銀象嵌銘大刀」(熊本県・江田船山古墳出土)に偶然出会ってきたのです。こちらも「獲□□□鹵大王」の文字があったことでよく稲荷山鉄剣と対のように語られるもので、まさか東京で実物にばったり遭遇するとは思わずびっくり仰天したのですが、あれって東博所蔵だったのですね。九州にも国立博物館ができたのだし、あっちに移っていてもよさそうなものなんですが、ともあれこの二つの剣に殆ど間を置かずに出会えたのは大変ラッキーでした。

  銀象嵌銘太刀
  (銀象嵌銘大刀。12/13まで引き続き展示中です)

 話戻ってさきたま古墳群ですが、稲荷山古墳の他にも色々と面白い見所がたくさんで、一通り見て回るのにやや速足で2時間弱程かかりましたが、余裕があれば半日くらいかけてゆっくり楽しみたかったです。中でも面白かったのは将軍山古墳で、何とこの古墳、横穴式石室をそのまま展示室として中に入って見学することができるのですよ(というか、元々一度壊れてしまったのを復元して展示施設にしているのですね)。これには驚きましたが、この古墳は発掘品も非常に豪華なもので、ちょっと他では体験できない非常に楽しい展示でした。

  将軍山古墳
  (展示施設の反対側から見た将軍山古墳。復元された埴輪が可愛い。^^)

 といった具合で、長年の懸案だったさきたま古墳群を(全部ではありませんが)一通り見ることができて、やっと肩の荷がひとつおりました。しかしそうなると何だかまた他の古墳も見に行きたくなってきて、目下来月あたりまた奈良へ古墳巡りの旅に出ようと計画中です…

スポンサーサイト
タグ :

ハプスブルク家と西洋美術

 2009/09/26(Sat)
THEハプスブルク


 昨日始まりました国立新美術館の「THE ハプスブルク」、混まないうちにと今日早速行ってきました。
 ハプスブルク家メインの大規模な美術展としては随分久しぶりなので、手持ちの比較的お手軽な本何冊かで簡単におさらいしていったのですが、何といいますか、今回はハプスブルク家そのものがメインというわけではないのですね。(いやだって名前がああだからてっきりそうだとばかり…) ゆかりの工芸品等はたくさんありましたが、私が期待していた肖像画は思ったほどなくて、その意味では正直言ってちょっと拍子抜けでした。

 というわけで、歴史好きやハプスブルクファンにはちょっと物足りない向きもありますが、内容そのものは実に錚々たる顔触れでした。いきなりラファエロが来たのにまず仰天、えええ!?と慌てましたが、そこで驚くのはまだ早かった。大作でこそないものの、ジョルジョーネが2点、ティツィアーノが3点、ティントレットが3点etcと、イタリア絵画部門だけでも早くもたじたじです。続くドイツはデューラーがこれまた3点、クラナッハ(父)が2点、さらにスペインからはベラスケス3点、ムリーリョ2点、リベーラ、スルバラン、ゴヤ、フランドルからもルーベンス2点、ヴァン・ダイク4点、ヤン・ブリューゲル(父)、レンブラント等々…普通この中のどれか一つの部門に絞ってやりませんか?と思わず言いたくなるような、とにかく凄い面々です。絵画作品全体の数はむしろそう多い感じはしませんでしたし、会場がまださほど混んでいなかったこともあって一点一点ゆっくりじっくり見ることができてもう大満足、期待していたのとは違う意味で非常に贅沢な特別展でした。

 それにしても今回、何故か目を引かれたのは華やかな作品よりもむしろ渋めの絵が何故か多く、その点でも何だかちょっと新鮮でした。一例として、ハプスブルク家肖像画の中では「ハンガリーの軍服姿の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世」は、もう一点の若い頃の豪華な正装姿に比べてすっかり老けこんだ(失礼)姿でタッチもむしろ荒い絵なのですが、皇帝の人柄をまざまざと描き出しているような生々しさにとても惹きつけられた作品です。他にもルカ・ジョルダーノの「物乞い」は、一見ぼろを纏った男ですがこれもどきっとするような何か崇高ともいえる精神性を感じさせましたし、ヴァン・ダイクの肖像画群も地味な黒衣の男性ばかりですが、どの人物も威厳ある魅力的な人柄が絵からにじみ出ているようで、華やかさや明るさはないけれど見ていていつまでも飽きず見入ってしまいそうでした。

 もちろん、今回目玉のエリザベート皇后や若き日の女帝マリア・テレジアも大変美しかったですし、お馴染みマルガリータ王女やフェリペ・プロスペロ王子もとても可愛らしかったですが、有名人の肖像でもうひとつびっくりしたのがティツィアーノの「イザベッラ・デステ」の肖像です。ルネサンス好き、わけても塩野七生ファンにはこれまたお馴染みの人物で、そういえばちゃんと肖像画を見た事ってなかったなと思いましたが、でもあれを見ると彼女がモナリザのモデルだとはあんまり思えないですね。
 あ、可愛らしいといえばもうひとつ、今回初めて見てとても嬉しかったのがムリーリョの「聖家族と幼い洗礼者聖ヨハネ」です。大工仕事に働くヨセフと縫物に勤しむマリアの傍らで、幼いイエスとヨハネの二人が無邪気に戯れている(と見せて、実は十字架作りをしているところが暗示的)ですが、このイエスとヨハネがもう可愛いのなんの! プラド美術館の有名な「貝殻の子どもたち」もそうですが、ムリーリョはああいう幼いイエスやヨハネを本当に愛らしく微笑ましい姿に描く人で、無原罪の御宿りの清純可憐なマリア以上に大好きです。ただ個人的に一番好きな洗礼者ヨハネの絵ロンドン・ナショナル・ギャラリー所蔵)はまだ実物を見たことがなくて、今一番見たいムリーリョの筆頭なのですが、いつか日本に来てくれないかなあ…

 話が逸れましたが、最後に今回の特別展絡みで出た本の中から一冊推薦。

  
THEハプスブルク王家―華麗なる王朝の700年史 (別冊歴史読本 46)THEハプスブルク王家―
華麗なる王朝の700年史
(別冊歴史読本 46)

(2009/08)
菊池良生ほか

商品詳細を見る


 こちらは正真正銘?ハプスブルク家の歴史をメインに語りつつ、歴代の人々の肖像画や王家に伝わる華麗な宝物の写真などもふんだんに載せているなど、なかなか読み応えのある一冊です。肖像画も有名なものというよりあまりなじみのない珍しい絵の方が多いようですし、神聖ローマ皇帝冠に加えてハンガリーとボヘミアの王冠のカラー写真も載っている等、目に楽しい点でもお勧めですよ。

タグ :

アレクサンドリア対トリノ

 2009/09/23(Wed)
 この夏注目の二大エジプト展、横浜の「海のエジプト展」(9/12)と上野の「トリノエジプト展」(9/20)へようやく行ってきました。どちらも凄い人気で大混雑の上、内容も甲乙つけがたい素晴らしいものでしたが、しいて言うなら私は海のエジプト展に軍配を挙げます。さすがにあれほど巨大な像は美術館や博物館ではなかなか展示できませんし、また映像で紹介されていた陸上とは一風違う海中での発掘の様子も非常に面白く、質量ともにあれだけのもの見つけ出すのにはさぞかし苦労の連続だったろうとただただ溜息でした。また、会場の随所に見られる遊び心満載の演出も愉快で、丸々2時間休みなしでようやく全体を見終わった時にはもうくたくたでしたが、最後の発掘シミュレーションゲーム?ではつい友人と二人で大人げなく熱中してしまいました、ははは。(でも他の大人の皆さんも結構楽しんでました。笑)

 とはいえ、トリノ展の方も目新しさ等では一歩譲ったものの、内容の充実度は決して引けを取るものではなく、目玉のツタンカーメン像や色鮮やかな人型棺を始めとする展示品の数々はこれまた素晴らしいものでした。ちなみに私が特に目を引かれたのは動物を象った像で、中でも耳飾りと首飾りをつけたにゃんこはすらっとしたスマートな姿が何とも気品があって美しかったです。一方でハヤブサや山犬の像は何だか妙に可愛らしくユーモラスな雰囲気があって、ミイラの内臓入れはちょっといただけませんが、ああいう可愛い動物の像ならいいなとちょっと欲しくなってしまいました。

 そうそう、欲しいと言えば今回グッズはあまり心引かれるものがないかなと思ったのですが、都美術館の特別展会場ではなく、その外にある常設の販売コーナーの方で、ツタンカーメン王墓から出た木製椅子のミニチュアを見つけてびっくりしました。もう一つの金色の椅子のミニチュアなら我が家にもあるのですが、あの有翼日輪を描いた椅子もあるとは思わず、正直言ってまだちょっと心が揺れています。(苦笑) エジプト風チェスはさすがに一セットは多すぎて断念したのですが、あの椅子まだあるかなあ、もしまだ売れてなかったら思い切って買いに行っちゃおうかなあ…?

タグ :

この秋会える抱一さん

 2009/09/19(Sat)
 先日もばったり東博で遭遇しましたが、この秋久々に会える酒井抱一情報がありましたので、覚書きも兼ねてご紹介します。

 まずこの秋一番の目玉、皇室の名宝展(東博)第1期(10/6-11/3)にて、おなじみ「十二か月花鳥図絵巻」がお目見えします。全12幅を一度に揃って見る機会はなかなかなく、私が前回見たのは確かちょうど10年前、やはり東博のその名も同じ「皇室の名宝展」(御即位十年記念)でした。いくつかある「十二か月花鳥図」シリーズの中でも特に美しい逸品で、10年前も若冲そっちのけでうっとり見とれましたが、今回も多分同じパターンになることでしょう。(苦笑)

 もうひとつ、こちらは会期あとわずかですが大倉集古館にて開催中の「花・華」(8/4-9-27)にて、「五節句図」のうちの一幅「重陽宴」(重要美術品)が出ています。これも全幅揃ってはなかなか見られない作品で、特に画風も琳派ではなく古典的な大和絵とちょっと珍しいので、見た事のない方はぜひどうぞ。

 また秋というよりもう冬になりますが、年末年始にかけて国立能楽堂で京都・細見美術館のコレクションから「琳派に見る能」(12/23-2010/2/21)というお題の特別展も開催されます。能に関連する琳派って一体何が出るのかちょっと予想がつかないのですが、これも抱一が出そうで楽しみです。

 そうそう、細見といえば抱一本人ではありませんが、今日から毎年恒例琳派展XI「鈴木其一」が始まります。今のところ出品目録はサイトに出ていないようですが、細見の其一コレクションは国内有数の大変充実したものですし、これまた滅多にない機会なのでお好きな方はぜひお見逃しなく!

P.S
 なお、これは未確認情報というか多分に私の願望なのですが、サントリー美術館にて次回開催の鏑木清方展に、例の三幅対「抱一上人」(永青文庫蔵)が出るかどうかも気になるところです。この前のシアトル美術館展でも、弟子の鶯蒲が描いた抱一図が出るという嬉しいサプライズがありましたし、ここはぜひとも二度目を期待したいですね。

タグ :

油断大敵常設展

 2009/09/06(Sun)
 昨日の5日(土)、東博へ伊勢神宮展のリベンジ&染付展へ行ってきました。もちろんどちらも見応え充分の内容でしたが、その後サントリー美術館へ一緒に行く予定をしていた友人が遅れると言うので、じゃあ時間潰しも兼ねて久しぶりに常設展を覗きに行ったのです。ところが案の定というべきか、例によって(笑)予想外の嬉しい不意打ちの連続で、結局危うく私の方が待ち合わせに遅れそうになる始末。本当に東博本館という所は、いつ訪れても宝の山で嬉しい反面、時間のない時には危険地帯ですね。

 ともあれ、せっかく写真撮影OKの作品が多いので、今回目を引いた展示をいくつかご紹介します。

 武蔵野図扇面
 酒井抱一筆「武蔵野図扇面(紙本金地着色)」。金砂子を散らした月夜?の武蔵野に咲く、ススキ、キキョウ、ナデシコ、ワレモコウ等の秋草を繊細優雅に描いた、いかにも抱一らしい一品です。元々東博は抱一の扇面をかなり多数所蔵しているらしいのですが、お目にかかる機会に恵まれたことは殆どないので、今回一面だけでも見られたのはラッキーでした。


 蓮下絵和歌巻断簡
 本阿弥光悦筆・俵屋宗達絵「蓮下絵和歌巻断簡(紙本墨書)」。名高いゴールデンコンビの合作のひとつで、惜しいことに関東大震災で大半が焼失してしまった作品の焼け残り?だそうです。歌は百人一首でもおなじみの「おほけなく浮世の民におほふかな我立杣に墨染の袖(前大僧正慈円)」で、これは私でも読めました。


 菊御作
 伝後鳥羽上皇「太刀 菊作(または菊御作)」、即ち俗に「菊一文字」の名で有名なあの日本刀です(ただしこれは一文字がないので、則宗作ではないようですが)。以前京都国立博物館でも別な菊御作を見たことがありますが、撮影可の常設展でこれに遭遇した時は思わず飛び上がりそうになりました。細身の優美な姿形といい華やかな刃文といい、目に楽しい逸品であることは確かですので、日本刀ファンの方はどうぞお見逃しなく。

 最後にこれはさすがに撮影禁止でしたが、国宝「久能寺経」の展示もありまして、今回初めて間近でじっくりと見てきました。そして驚いたのが、これでもかと散りばめられた金銀砂子や切箔の贅を尽くした華やかさもさることながら、特に銀箔の信じられないような保存状態の良好さです。平安時代作という古い品だというのに、殆どの銀が少しも焼けずに本来の美しい白銀の輝きを留めていて、まったく目を奪うばかりの眩さでした。玉蟲敏子氏の『夏秋草図屏風 追憶の銀色』でも銀を特に多く使った経典として紹介されていましたが、上に挙げた宗達の金銀泥絵なども本当はあんな風だったのでしょうね。
(なお、久能寺経の展示は今日9/6で一度終了しますが、11/3~11/29に国宝室にて再登場予定だそうです)

 というわけで、同日鑑賞のシアトル美術館展やそれ以前のレポートも遅れていますが、それについてはまた後日。

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫