サロメ変奏曲

 2009/02/28(Sat)
 先日、ちょっと面白い本に出会いました。

聖女・悪女伝説 神話編/聖書編 ムーサの贈り物 III聖女・悪女伝説 神話編/聖書編 ムーサの贈り物 III
(2008/07/03)
喜多尾 道冬

商品詳細を見る


 最初に見た時はよくある西洋美術ガイドのようなものかと思ったのですが、ちょっと手に取って読んでみると、これが簡単な紹介だけではない非常に濃厚な内容なのです。この本の場合筆頭として登場するのはギリシア神話の悪女(と言われる)メデイアですが、絵画はもちろん文学・音楽まで幅広い芸術ジャンルの中でメデイアがどのように取り上げられてきたかを丁寧に解説していて、特に音楽は元々月刊誌「レコード芸術」に連載していたというだけあって、こんな作品があったのかという驚きの連続でした。

 さてこの「ムーサの贈り物」シリーズ、目下4冊が刊行されているようですが、今回千尋が特にこの「神話編/聖書編」を取り上げたのは、西洋美術でもとりわけ異彩を放つかの有名な「サロメ」が登場するからです。私が最初に接したのは、もちろんのことかの有名なオスカー・ワイルドの戯曲と、その挿絵として描かれたビアズリーの作品でした。


  ビアズリー「孔雀の裳裾」
  ビアズリー「孔雀の裳裾」


 とはいえ、始めは凄い話だなあくらいにしか思っていなかったサロメについて、その後さらに一段踏み込んだ興味を持つようになったきっかけが「サロメ―永遠の妖女 (山川鴻三 著、新潮選書)」でした。
 特に日本ではサロメと言えば、ワイルドの描いたあの強烈なサロメのイメージが真っ先に浮かぶでしょうし、事実山川氏もワイルドのサロメを一つの頂点として丸1章を費やしています。しかしそもそも聖書に登場するサロメとはどんな人物だったのか、そしてその後の西洋美術史の中で彼女がどのように描かれてきたのか、それを日本人の初心者にも判りやすい形で紹介してくれた本で、思えば私がサロメどころか西洋美術に本格的に関心を抱くようになったこと自体、この本との出会いが源流にあったのかもしれません。歴史の中でそのイメージが時代時代で様々に移り変わってきたのは、何もサロメ一人に限らず多くの神話・伝説の登場人物にもいえることですが、その中でもやはりサロメの変遷は一際劇的かつ多彩であり、その後特に惹かれた画家のひとりであるモローを知ったのもまた、このサロメとの出会いが始まりでした。

 ただ、山川氏の著書は西洋美術を取り上げたものでありながら、肝心要の数々のサロメ作品は殆どが小さな白黒写真でしか掲載されておらず、それだけが残念でなりませんでした。その後画集でカラー写真を見たり、時には幸運にも実物を日本の美術展で見る機会に恵まれた作品もあったものの、昔は今ほどインターネットの情報も充実してはおらず、到底全部の作品は追いかけきれませんでした。


  ティツィアーノ「サロメ」
  ティツィアーノ「サロメ」(女性美の500年展、東京富士美術館、2001年)


  モロー「出現」
  モロー「出現」(ウィンスロップ・コレクション展、国立西洋美術館、2002年)


 ところが、そこへある時、思いがけず夢のような本が登場してくれたのです。

カラー版 エロスの美術と物語―魔性の女と宿命の女カラー版 エロスの美術と物語―魔性の女と宿命の女
(2001/02)
利倉 隆

商品詳細を見る


 一見したタイトルだけでははて、どんな本だろうと思われるかもしれませんが、この本は実にその大半をサロメをテーマにした絵画の紹介に費やしていて(だから表紙の絵もシュトゥックの「サロメ」です)、しかも山川氏の著作に登場した作品の殆どがカラー写真で載せられているのです。おかげで初めて見つけた時にはまさに狂喜乱舞し、よくぞやってくれたありがとう!!(笑)という嬉しさで一杯でした。

 ところで、私がサロメにこだわったのは何も「宿命の女」の代表格ともいえるドラマチックなイメージだけではなく、まったく別の理由がもうひとつありました。当事者のもう一人でありながら、通常サロメの強烈さに圧されて影の薄い(笑)洗礼者ヨハネに関しても、元々かなり興味があったのです。


  レオナルド「洗礼者ヨハネ」
  レオナルド・ダ・ヴィンチ「洗礼者ヨハネ」(ルーヴル美術館)


 レオナルド最晩年の作品、彼の数少ない完成作のひとつでしかも珍しく彼のサインが残っており、そして「モナリザ」共々死ぬまで手元に留めて手放さなかったと言われる絵でありながら、一般ではどうも知名度の低い作品ですが、初めて画集で見た時から奇妙に惹きつけられてやまない絵でした。最初は何の絵かもよく判っていなかったのですが、その後洗礼者ヨハネという人物を理解し、さらにサロメ伝説と彼の関わりを知るにつけて、ますます興味が湧いたのです。
 というのも、西洋における一般的な洗礼者ヨハネのイメージは大体が髭もじゃでぼろを纏った荒野の苦行者らしく、まあ中にはラファエロのようにキリスト共々愛らしい幼子で描いた例や、他にも若者の姿で表わされたものもありますが、これほど瑞々しい若さに加え、どこか妖しい艶めかしささえ漂わせたヨハネはちょっと珍しいのです(おかげでレオナルド作と言われるもう一枚は、ギリシア神話のバッカスとされていますが)。レオナルドがどのような意図でこんなヨハネを描いたのかも興味がありますが、もうひとつ引っかかるのは、例のワイルドの戯曲に登場するヨハネ(ヨカナーン)も並々ならぬ美青年ということになっていて、もしかしたらこの絵が何かしらの影響を与えたのではないかということでした。何しろワイルドのサロメは「雪のように白い肌、黒檀のような髪、珊瑚のような赤い唇」と恐ろしく耽美的な(殆ど男女逆の口説き文句のような。笑)言葉でヨカナーンの美貌を褒め称えて口づけを迫るのですが、そんな女好きのする魅力的な美青年として描かれたヨハネなんて、ちょっと他に覚えがなかったのですよね。

 で、その後色々調べてみたところ、「サロメと世紀末都市:ワイルドに於ける悪の系譜」(堀江珠喜、大阪教育図書、1984)という研究書の中で、同じような説があるのを見つけました。ただし上記「エロスの美術と物語」等でも、ワイルドのヨカナーンとの関連は残念ながらとりたてて触れられてはいないのですが、そのうちこの点についてもっと追及してくれる人が出てこないかと密かに期待しています。(他力本願ですが、さすがに一素人にはいささか手に余るので…苦笑)
 ただ、「エロスの美術と物語」ではこのレオナルドのヨハネを両性具有的だと述べた上で、ちょっと面白い指摘をしていました。

「私たちはサロメやユディトの図像で斬られた首が画家の自画像として描かれている例をいくつか知っている。ではその生首を持つ女性は何を意味しているのか。生首が画家の男性としての自我の表現だとすれば、その首を持つ女性、すなわちファム・ファタル(宿命の女)」は画家のもうひとつの自我であり、そのファム・ファタルには彼の内なる女性(ユング心理学でいうアニマ)が投影されているケースもありうるはずだ」

 そもそもこの文章は「永遠の女性像」と題したコラムのくだりで、レオナルドのヨハネの前に他でもないモナリザを最初に紹介した上で、締めくくりの近くに述べられたものです。確かにレオナルドのヨハネをモナリザ同様彼の精神的自画像であろうとする説もどこかで見たことがありますし、カトリック最大の聖者というにはあまりに女性的で官能的でさえある描写を改めて見ると、この両性具有のヨハネはむしろサロメにも通じるものをその底に秘めているのではないか、とふと思いました。
 で、そこでまた思い出したのが、もう随分昔にTVで見た舞台劇の「サロメ」です。ワイルドの戯曲をスティーブン・バーコフが現代的なアレンジで演出したもので、自らもヘロデ王役で出演した作品でした。バーコフのヘロデも何ともいやらしく脂下がってサロメをかき口説く様が見事でしたが(笑)、それ以上にサロメを演じたミリアム・シールが凄かった。いやもう、まさにワイルドの作品から抜け出てきたのではないかと思うようなイメージぴったりのサロメで、見ていて惚れ惚れさせられたものです(残念ながら海外版DVDしか出ていませんが)。しかし今にして思えば、あのサロメは確か黒髪にくっきりと大きな瞳のエキゾチックで何とも妖しい魅力をたたえていて、おぼろげにしか覚えていないのですがやはりどこかレオナルドのヨハネに似ていたような気がするのですよね。

Oscar Wilde: Salome [DVD] [Import]Oscar Wilde: Salome [DVD] [Import]
(2004/06/29)
Steven Berkoff

商品詳細を見る

スポンサーサイト
タグ :

美と戯れる人 加山又造展

 2009/02/15(Sun)
  加山又造展1

 2月13日、塩野さんのサイン会の前に国立新美術館で加山又造展を見てきました。もっと早くに行けなかったのが残念ですが、全体に大きな作品が多かったおかげで、規模の割にはそれほど疲れずに済んだ気がします。そして1998年の国立近代美術館以来久々で見た「雪月花」三部作は、あれこれこんなに大きかったっけ!?とびっくりしました(笑)。

 ともあれ加山画伯は初めて知った時から大好きな画家のひとりですが、今回改めて展示作品を眺めていてふと、「…この人、銀色が好きだったのかな?」と感じました。もちろん金色も豊富に使われていましたが、何だか今回の展示内容で印象に残ったものは何となく銀のイメージが強く、特にアメリカから里帰り中の「七夕」(でしたっけ?)は天の川をイメージした紺地一面のプラチナ箔(多分)が実に華やかで目を惹かれました。
 また花鳥画を見ていて思ったのですが、加山さんは琳派の中でも多分、宗達が一番好きだったのではないでしょうか。「平成の琳派」と呼ばれ、事実2004年の琳派展にも現代の琳派の一人として「千羽鶴」が出たこともありましたが、特に花鳥画の屏風は構図といい雰囲気といい、明らかに宗達の世界に近いのが今回よく判りました。江戸琳派の酒井抱一のような華奢な繊細さにあまり似ていないのはもちろんですが、同じ京琳派でも尾形光琳より俵屋宗達の影響が格段に強いことを実感したのは初めてで、ちょっと驚きながらも新鮮な感動がありました。
 そして今回、これまた久しぶりに対面して一番嬉しかったのは何と言っても、水墨画の大作「月光波濤」です。これも1998年に初めて見て一等衝撃を受けた忘れがたい作品で、きらびやかな色彩の屏風絵を堪能した後だけに一層、あの劇的な墨一色の世界は一際強い印象を受けました。琳派風の華やかな作品も好きですけれど、やはり一番好きな加山作品といえば文句なしにあの絵ですね。

 ところで、今回たまにはレストランでお昼食べて行こうかなと思ったら、相変わらずの混雑でとても無理でした(^^;)。以前一度入ってみたらなかなか美味しかったし、もっと時間に余裕があれば並びたかったのですが、あのお店はお値段以上に行列待ちの方が問題です…(溜息)

加山又造展・公式サイト
http://www.kayamaten.jp/

おまけ:展覧会期間限定・桜アイスクリームと抹茶ラテのセット

  加山又造展2


タグ :

行ってきましたサイン会

 2009/02/14(Sat)
ローマ人の物語〈15〉ローマ世界の終焉ローマ人の物語〈15〉ローマ世界の終焉
(2006/12)
塩野 七生

商品詳細を見る


 いやー、さすがに2週間そこそこで全15巻読破は疲れました; そして当日花束買ったお店の近所の喫茶店で慌ただしくファンレター書き上げましたが、せめてもうちょっと推敲する時間が欲しかった…
 ともあれ、いざご本人を前にするとやはりかちんこちんに緊張してしまいまして、なまじ待ち行列の中でも早い方だったために心の準備をする余裕もなかった(笑)のはある意味失敗だった気がします。せっかくのローマコインのネックレスとかカエサルコインの指輪とかももっとじっくり見せていただきたかったのですが、ともあれサインいただいて(ちょっとだけですが)お話もできて、そりゃあもう大感激でした。
 なお後でサインいただいた友人によりますと、ネックレスをテーブルの上に降ろして見せてくださった際、「ゴトっ」と物凄い音がしたそうです。そりゃねえ、ただでさえ質の高いローマのアウレウス金貨に見劣りしないくらいの、実に立派なネックレスでしたからねえ…

 ところで、当日の客層を見て思ったのですが、大きく分けて年配の方々と比較的若い女性が大部分だったようです。そこで思ったのですが、若い女性は多分ほぼ確実に10人中9人までがチェーザレ・ボルジアではまったお嬢さん方でしょうね!(笑)

チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷
(1982/09)
塩野 七生

商品詳細を見る


 なお、各地サイン会の模様は新潮社サイトにて紹介されています(^^)

新潮社・塩野七生公式ブログ
http://www.shinchosha.co.jp/topics/shiono/blog/

タグ :

再び、ローマ人の物語

 2009/02/04(Wed)
ローマ人の物語〈1〉― ローマは一日にして成らずローマ人の物語〈1〉― ローマは一日にして成らず
(1992/07)
塩野 七生

商品詳細を見る


 今月に入ってから、久しぶりに塩野七生氏の「ローマ人の物語」を1巻から読み返しています。というのも、明日から東京始め日本各地で塩野さんのサイン会が開かれるためでして、この機会にぜひとも生のご本人を拝見してこよう!と(厚かましくも)目論んでいるのでした。もちろんTVなどでどんな方か多少は存じ上げておりますが、何しろ普段はイタリア在住で滅多にこんな機会はありませんので、一度くらいは直接お目にかかってみたいですよね。
 ともあれ、毎年1冊づつ楽しみに読んでいたこのシリーズですが、何せ全15巻という大長編なので、既に読了済みとはいえ読み返すのも一仕事です。ちなみに目下、恐らく読者の殆どがシリーズ中の白眉と認めるだろう「ユリウス・カエサル」に取りかかっていますが、カエサルという桁外れな人物とそれにどっぷりのめり込んだ塩野さんの文章の楽しさは、何度読んでも飽きない魅力があって私も一番大好きなのでした。(余談ながら二番は第2巻「ハンニバル戦記」です)

タグ :

思い出の美術展(4) 遣唐使と唐の美術

 2009/02/01(Sun)
 今日久しぶりに昔のNHKスペシャル「文明の道」のDVDを見ていたら、ふと思い出した美術展がありました。恥ずかしながら、千尋が今まででたった一度だけ、会場で泣いてしまった美術展です。通常絵や彫刻を見て感動することは多かれど、「感動のあまり泣く」ということは殆どないのですが、あの時はそれとはまったく違った意味で強く心を揺さぶられた、忘れられない思い出の美術展でした。
 というわけで、本日のお題は「遣唐使と唐の美術」(2005年、東京国立博物館)です。

 そもそもこの美術展の少し前、ネットニュースか何かで「中国で見つかった発掘品に『日本』と刻まれていた」という記事を見かけたのが最初でした。日本という国号がいつから使われていたか、という問題は私自身興味があったので(ちなみに最近では、天武天皇の頃からという説が有力なようです)読んでみたら、問題の発掘品は日本人留学生の墓誌で、彼・井真成のプロフィールとして書かれた文章の中に「日本」という言葉が出てきていた、とのこと。日本に戻れなかった留学生というと阿倍仲麻呂と彼の和歌「三笠の山にいでし月かも」が有名ですが、まさに仲麻呂と同時に唐に渡った無名の一留学生の墓誌であったということで、当時は随分話題になっていましたね。
 そしてしばらく後、今度は何とその墓誌が東博で特別公開されるという知らせが舞い込んできました。もちろんすぐさま駆けつけたことは言うまでもありませんが、いざ現物を目の前にし、「形既埋於異土、魂庶帰於故郷(亡骸は異国に埋葬されたが、魂は故郷へ帰らんことを)」という一文を見たら、もう泣けて泣けてどうしようもなかったのです。というか、この時の特別展のポスターがまた大変に泣かせる代物でして、綺麗な淡い青の空と海(多分日本海のイメージ?)を基調にしたごくシンプルな絵柄にただ一言「おかえり。」……だから私こういうのに弱いんですよう~~!(涙)

 ともあれ、このお話は後に同年放送のNHKスペシャル「新シルクロード」でも取り上げられていて、今でもとても心に残っている美術展のひとつです。通常見に行く特別展は絵画中心なのですが、このような考古学方面ならではのロマンや人間ドラマを感じさせるものもいいなと、改めて思いました。

 参考リンク:Wikipedia「井真成」(墓碑墓誌原文・抄訳あり)

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫