FC2ブログ

この人だあれ? 謎の皇女と前斎院

 2020/05/26(Tue)
 えー、大変長らくご無沙汰しておりました千尋です。ここ2年程色々ありまして、すっかりブログも放置状態で大変失礼いたしました。
 今年に入ってようやく少し落ち着いたので、ぼちぼち賀茂斎院の調査も再開していたのですが、今回のコロナ騒動で例に漏れず仕事の方が色々混乱状態、斎院の調査も図書館が利用できなくなってこれまたお手上げという状態でした。
 ともあれ、ここへ来てようやく感染もある程度落ち着いてきたようですので、久々に斎院サイトの更新に踏み切りました。元々それほどITに強いわけでもなく、いまだにHTMLを手書きで地道に書いているような管理人ですので、お見苦しい点がありましたら申し訳ありません。
(ちなみに千尋は通常FireFoxなのですが、Chromeの表示が凄い状態になっていたらしいことに先日やっと気が付きました…)

 さて、今回の更新は主に二点ありまして、一つは後三条天皇の皇女のこと、もう一点は25代斎院禎子内親王の呼称についてです。


1.後三条天皇の皇女のこと
 前から気になっていたのですが、後三条天皇の皇后であった馨子内親王(17代斎院)には夭折した女宮がいたとされています。しかしこの皇女は「いた(らしい)」ということ以外は殆ど何もわかっておらず、どうにもお手上げでした。
 ところが今回、改めて『帥記』を読み直していて、謎の「若宮」という人物の存在に気がつき、もしかしてこれがそうなのかな?と思ったのです。
 詳細はサイトに述べましたが、この「若宮」は後三条天皇即位直後(治暦4年(1068))、内裏にいたことがわかっています。しかしこの頃は天皇の子供といえども、皇后所生子以外は内裏で成長することは殆どなかった時代です。また「若宮」という呼称から見ても、当時16歳の貞仁親王(のちの白河天皇)やその同母姉妹とは考えにくいのです。念のため『後三条天皇実録』も調べましたが、この「若宮」についてはどこにも触れられていませんでした。(※ただし『白河天皇実録』は今回のコロナ騒動の影響で未調査のため、もしかすると白河天皇の方に入っているかもしれません)

 またもうひとつ、『春記』にはこの「若宮」とは別に、後三条天皇の東宮時代に生まれてすぐに亡くなった「女二宮」の記録があります。この皇女については生母が「御息所」としか書かれておらず、これだけでは馨子内親王と藤原茂子のどちらかわからないのですよね。
 しかし改めて『栄花物語』を読み直したところ、まさに幼くして亡くなった『女二宮』についての記述があり、母親は茂子となっていたのですね。今まで読んだ注釈等では、第二皇女の俊子内親王は77歳まで長生きしているので間違いだろうとしか書いていなかったため、うっかり見落としてそのまま忘れていたようです。
 しかし『後三条天皇実録』はさすがというか、「皇女某」として俊子内親王とは別にしっかり記載してあったのです。そうか、つまりこれが『春記』の女二宮と同一人物なのかと、やっと納得しました。

 というわけで、後三条天皇の皇女は4人(聡子、俊子、佳子、篤子)とされていますが、正しくは6人だったろうと思われます。ただ馨子内親王所生の皇女については生年不明ですが、恐らく聡子、女二宮、俊子、佳子、篤子、(馨子の)女宮という順序だったのでしょう。


2.25代斎院禎子内親王の呼称について
 コロナ騒動で図書館が軒並み休館になる少し前、たまたま『兵範記』を借りていたのですが、原文を読んでいて仁平3年(1153)の記事に「東山前斎院」という見慣れない呼称を見つけました。
 はて、こんな名前の斎院はいたかしら?と慌てて手持ちの資料を調べましたが、該当人物は見つからず。時期的に言って、一緒に名前の出てくる統子内親王(28代斎院)以外では禎子内親王かソウ子内親王(27代斎院)が確実に存命だけれど、これだけではどちらなのか(あるいは別な誰かなのか)さっぱりわかりません。
 ところがさらに読み進めて行くと、「令參東山前齋院給、<枇杷殿齋院也、>」という一文に遭遇。何だ、枇杷殿斎院ということはつまり禎子内親王のことかと、呆気なく判明したのですが、こんな呼称があったとは今まで知りませんでした。
 ちなみに後で『兵範記人名索引』を調べてみたら、しっかり「東山前斎院→禎子(慎子)内親王」と記載がありました。これでやはり間違いないなと確認できたものの、何しろかの『平安時代史事典』でもまったく取り上げられていなかっただけに、正直完全に盲点でした…


 というわけで、斎院に関しては基礎的な所は一通りさらったつもりでいたのですが、実は意外な見落としが色々あるらしいと改めて痛感させられた二点でした。一方でこういう思いがけない発見があるのもこの調査の醍醐味の一つで、他にもまだまだこんなことがあるかもしれないなと、次が楽しみです。

 ところで実をいうと、今年は久々に5月4日の御禊を見に上賀茂神社へ行こうかと計画しておりました。残念ながらコロナの影響で葵祭そのものが御禊も行列も中止となってしまいましたが、どうか一日も早く日本も世界も感染が収束して、平和に暮らせる日が戻ってきますように。


「斎王代御禊」

2020gokei1.jpg

2020gokei2.jpg

(2017年5月4日、下鴨神社にて)

スポンサーサイト



タグ :

賀茂斎院サイトについて 修正のお知らせ

 2017/12/27(Wed)
 賀茂斎院サイトについて、このたび少々変更をいたしましたので、簡単にご連絡です。

 まず、34代範子内親王のページにて、斎宮惇子内親王を「高倉皇女」としていたところがありましたが、「後白河皇女」の誤りでした。ご指摘くださった方、ありがとうございました。

 また今回、各斎院に関する史料一覧について、ちょっと書式を修正しました。
 始めに一覧を作った際、原文を書き切れない物は日付と『大日本史料』の見出しのみ記載していました。この見出しは原文を作成した時点で削除してしまっていたのですが、後で見ると自分でもわかりにくいところが多々ありましたので、見出しを【】でくくって掲載することにしました。またそれに合わせて、これまで史料名を【】に入れていたのを、『』に直しました。まだ作業は途中ですが、なるべく早めに全ページを修正したいと思います。
 それからもう一つ、これまでは史料別に記載していましたが、同じ日付の記事については、別々の史料であっても一つの欄に統合することにしました。よって今後はまず見出しがあり、その下に各史料名と原文が記載されている形式になります。
 この史料一覧も、賀茂斎院関連の記事を最優先にしたため、斎院退下後の記事はまだ後回しになっているものもかなりあります。もっとも選子内親王などはあまりに斎院時代が長すぎることもあり、肝心の斎院関連記事ですらいつ完成するのやらわからない有様でお恥ずかしい限りですが、気長にお付き合いいただければ幸いです。

タグ :

賀茂斎院と源氏物語・追加報告

 2017/12/12(Tue)
 どうも、またまた大変ご無沙汰しております。昨年は色々波乱の年だと思っていましたが、今年はそれ以上にトラブル続きの一年でした。
 ともあれ、最近ちょっと賀茂斎院の方で新展開がありましたので、取り急ぎご報告です。

 ここでも何度か触れたことのある、賀茂斎院と『源氏物語』についてのレポートで「「葵」に登場する斎院は、斎宮より一年早く卜定された」説について書きましたが、千尋とほぼ同じ見解で書かれた論文を先日発見しました。「光源氏の年紀」という論文で、発表は1983年ですから、実に30年以上昔です。はて、そんな以前に出されたものが何故他の論文や研究書では取り上げられていないのかと思ったら、著者の伊藤博氏は1991年に56歳の若さでお亡くなりだったそうで、そのせいかどうかその後もこの説は埋もれたままだったようですね。
 ちなみに千尋がこの論文に行き着いたのは、伊藤氏の没後に出版された論文集『源氏物語の基底と創造』(武蔵野書院、1994)に収録されていたおかげです。最初の論文自体は『中央大学文学部紀要』(106号)に掲載されたもので、今でこそ大学の紀要はネット上でも簡単に見られるものが増えましたが、当時は大学図書館でもなかなか所蔵していなかったようです。だから学術雑誌掲載の論文と違って、学会関係者の目に触れる機会も少なかったのかもしれませんが、まさか今になってこんな論文に出会えるとは思いませんでした。

 伊藤氏の見解は実に簡潔にして明快で、桐壺帝女三宮の斎院卜定は「花宴」と同年、秋好の斎宮卜定はその翌年で、斎院の卜定は桐壺帝の譲位とは関係のないものであったろうと述べています。また「葵」の斎院御禊が再度の御禊(=初斎院御禊)であること、そもそも天皇譲位では斎院退下とはならないこと、『源氏物語』作中でも朝顔姫君は朱雀帝譲位でも交替していないことも触れており、この問題について述べた部分はそれほど長くはないのですが、大変納得のいく内容でした。
 ただ一点、伊藤氏の説では桐壺帝譲位を「花宴」と同年であろうとしており、これだけが千尋の見解とは異なっていてちょっと気になるところです。この問題も含めて、近い内にレポートの補足として正式に賀茂斎院サイトでも紹介したいと思っています。

関連リンク:「賀茂斎院から見る『源氏物語』年立論~桐壺帝女三宮の卜定と、朝顔姫君の本院入りを巡って~

タグ :

夢見る塔、再び ~ブリューゲル「バベルの塔」展~

 2017/06/18(Sun)
 こんにちは、大変ご無沙汰しております。
 ちょっと公私ともに色々ありまして、最近は美術展もややご無沙汰気味ですが、ご覧いただいている皆さまありがとうございます。

 さて6/11(月)、東京都美術館で開催中の「ブリューゲル「バベルの塔」展」(2017/4/18-7/2)へ行ってきました。

 今回の特別展のタイトルでもある「バベルの塔」は「24年ぶりの来日」と銘打たれていたとおり、今は亡き(苦笑)池袋セゾン美術館で1993年秋に開催された「ボイマンス美術館展」以来の登場です。この時のポスターのキャッチコピーは「人は何故塔を夢見るのか」で、千尋も初めて「バベルの塔」を見て大感激でしたが、あれからもう24年も経ったのか…と、改めて何とも言えない感慨を覚えました。
 とはいえ、その24年前の記憶は実のところ「案外小さな絵なんだな」という印象と「本物を見ちゃった!」という衝撃以外あまり残っていなかったのです。しかし今回改めて実物と向き合ってみて、画集で見るだけではわからないその緻密な迫力に改めて圧倒されました。

 この「バベルの塔」、繰り返しますが決して大きな絵ではないにもかかわらず、とにかくその描写の細かいこと、あの小さな面積に書き込まれた人物の数は実に1400人(!)に上るそうです。千尋も単眼鏡で絵を見ながら「…一体何人描かれているのかな?」と考えましたが、ちゃんと数えた方がいるのですね(笑)
 塔の構成は、ローマのコロセウムを思わせる巨大な層が全部で10段あり、下5層は完成していますが、上の5層は建造中です。(高さは推定約500mとのこと) 建造中の部分にはびっしりと足場が組まれてクレーンが部材を運んでおり、左側で漆喰を運んでいるところは零れた漆喰で白く、また下の層に比べて上の層の色は真新しいレンガの赤味が強調されている等、空想の絵とは思えないような徹底したリアリズムで描かれているのがわかります。またひとつひとつの窓?も皆同じようでいて、よく見るとどれも少しずつ違う風に描かれているのですね。(これは解説を聞くまで全然気がつきませんでした)
 ちなみに会場には、実物の3倍に拡大した東京芸術大学作成の複製画がありました。しかもその裏側の壁面にはさらに拡大した塔の一部が張り付けられていて、多分10倍以上はあるのではないかと思われますが、それでもまったく見劣りしないという凄さでした。

 ところで今回の美術展に合わせて、大友克洋氏が描いた「Inside Babel」が会場入り口脇に展示されており、これがまた圧巻の力作でした。オリジナルをトレースし、そこから塔の内部構造を想像してバームクーヘンの一部を切り取るように描いたもので、いや実にまさしくこんな感じだろう!という素晴らしさです。あれを見てしまったら、きっと誰もが「バベルの塔の内側はこうなんだ」と信じてしまうでしょうね。
 しかしその大友氏ですら、日曜美術館に出演された際には「描いてる途中で嫌になった」と苦笑していらっしゃいました。まったく千尋も今回改めて、あんな絵を描いたブリューゲルってどれだけマニアックだったの?(笑)と思ったものです。見ているだけでも気が遠くなりそうな絵というのは時々ありますが、緻密さに加えてスケールの大きさも兼ね備えた絵となると、ちょっと他に並ぶものはないかもしれないなと感じました。
 あと今回、会場内の映像コーナーの解説も大変わかりやすく面白かったです。塔の構造を3Dで再現しているだけでなく、人物やクレーンをアニメーションで動かしてみせる映像が愉快で、大きなスクリーンにアップで映すとますます本物があんな小さな作品だというのが嘘のようでした。これは本当にお勧めでしたので、これから見に行く方はぜひ映像解説も見て、それからもう一度本物をご覧になってくださいね。

 ところで、今回はブリューゲルの版画作品も色々とありましたが、最後に展示されていた戦艦の絵に何故かとても惹きつけられました。
 もともと千尋は帆船が大好きでして、絵画作品でも帆船が出てくると嬉しいのですが、あんな風に船を主役に(しかもアップで)描いた絵はあまり憶えがありません。加えてブリューゲルの作品で船というのはちょっと意外なようでもありますが、「バベルの塔」でも画面右下にたくさんの船が描かれていますし、ブリューゲルは海運の盛んなアントウェルペンに縁の深い画家ですから、そう思うと船が画題になるのは当然かもしれませんね。
 ともあれ、版画なので白黒で地味といえば地味な絵でしたが、硬質な線でやはり細部まで丁寧に描き込まれていて、バベルの塔以外では一番印象に残った作品でした。大きさも普通の家にも飾れそうなサイズで、ポストカードがあったらぜひ欲しかったのですが、グッズ売り場にはありませんでした…残念。
 なお今回はグッズ売り場もなかなか愉快で、バベルの塔型のシフォンケーキや、塔のように積み上げたハンカチにキャラメル等、ユニークな商品が多かったです。もっともハンカチは単体だと何のグッズかわかりませんが、キャラメルの箱は小さくて可愛かったので、思わずひとつ買ってしまいました。

 ところで、日曜美術館では大友氏の世界と絡めて紹介されていましたが、改めて「バベルの塔」を見ていてふとジブリの「天空の城ラピュタ」を思い出しました。空に浮かぶ半ば廃墟となったラピュタの姿も、思えばブリューゲルのバベルの塔にちょっと似ていますよね。(あの背景美術も圧巻でした…)

ブリューゲル バベルの塔2017
会場内撮影コーナーにて。バベルの塔は東京タワーより高い!?

タグ :

初詣と紫野散歩

 2017/01/16(Mon)
 大変遅まきながらですが、あけましておめでとうございます。目下色々と立て込んでいて、なかなかブログまで手が回らずにおりますが、本年もよろしくお願いいたします。

 1月最初の連休は久々に京都を訪れたので、初日の7日に早速上賀茂神社・下鴨神社へ初詣に行ってきました。
上賀茂さんでは真っ白な神馬がお出迎えしてくれまして、見るとどうやら午前中に神事があった模様。そこで気がつきましたが、そういえば一月七日は平安時代には「白馬節会(あおうまのせちえ)」の日だったのでしたね。今ではすっかり七草粥になってしまいましたが、今でも上賀茂神社や大阪の住吉大社等では毎年行われているそうです。

  上賀茂神社の神馬


 その後上賀茂さんからの帰り道、うっかり勘違いで遠回りのバスに乗ってしまったのですが、これがある意味運のいいことに千本通りを下る路線でした。ということは、今出川通から二条駅の手前までは平安時代の大内裏のど真ん中を通り抜けることになるわけです。これはこれで面白いなと喜んで外の景色を眺めていましたが、そこでふと気がついたことがありました。

 斎院サイトをご覧いただいた方はGoogleMapがあるのをご存知かと思いますが、この地図には歴代斎院ゆかりの場所や邸宅、墓所等はあるものの、大内裏の中にあった初斎院の場所は載せていなかったのです。これはいかんというわけで、昨日改めて大内裏と内裏の範囲、そして歴代初斎院跡を地図に付け加えました。あまり細かくすると現在の地図がわかりにくくなってしまいそうだったので、内裏と初斎院以外の施設については特に触れていませんが、大体の位置はおわかりいただけるかと思います(今では便利なスマホアプリもあるようですが、千尋はスマホは持っていないので…)。
 またついでに、今までアイコンを初期設定のままにしていましたが、内容別にわかるよう変えてみました。上賀茂・下鴨両社と紫野斎院跡とされる櫟谷七野神社は神社マークで、邸宅跡は家の形のマークで表しています。なお墓所はなかなか適当なものがなく、悩んだ末に十字マークを選びました。
 ともあれ、この地図は簡単な説明と関連施設へのリンクがある程度なので、後日写真等も付け加えていく予定です。

・「賀茂斎院関連マップ」
 https://goo.gl/p0hrgP

 さて、8日は大雨だったこともあり平安京散歩は残念ながらお預け、最終日の9日に紫野の櫟谷七野神社へ行ってきました。
 思えば最初にこの場所を訪れた頃(2003年)は、斎王に興味を持ち始めてはいたものの、まだ賀茂斎院自体をあまり理解してはいませんでした。なまじその時の写真も手元にあったため、斎院サイトを開設してからもずっとご無沙汰していたのですが、このたび本まで作ったからには改めてきちんとご挨拶に行かねばなりません。
 というわけで、せっかくだから本のタイトル「紫野逍遥」のとおり、神社から紫式部のお墓までぶらぶらお散歩してみようというのが今回のささやかなミッションでした。

 櫟谷七野神社は堀川通のバス停「天神公園前」から、上御霊前通を西へ向かって徒歩で約5分ほどの場所です。途中はごく普通の町並みで、少し細い道をひたすらまっすぐ進むと、T字路に突き当たる直前の右手に神社がありました。

  櫟谷七野神社


 神社は奥まった小高い場所にあり、拝殿脇の東側に賀茂斎院跡の立派な石碑が建っています。境内はすっかり駐車場になってしまっていますが、階段を上るとなかなかいい眺めで、まだ高い建物が少なかった頃は京都市内を一望できたかもしれませんね。

 お次は一度東に戻り、今度は大宮通を北上します。
 ここは少し広い通りで、平安時代には大内裏の東端を貫く「大宮大路」でした。つまりこの道はその昔、賀茂祭で斎院一行が往来した道でもあるのです。今ではまったくその面影もない普通の通りですが、そう思いながら歩くとやはり感慨深いものがありました。
 そして鞍馬口通を東に向かい、再び堀川通に出てちょっと北上すると、北大路通の少し手前に紫式部と小野篁の墓所があります。ここも随分昔に一度訪れたことがあり、久々の訪問でした。

  紫式部墓所


 もう少し足を伸ばせば近くに雲林院もあるのですが、今回はあまり時間もなかったのでここで終了、そのままバスで駅へ戻りました。珍しく天候にあまり恵まれない旅行になってしまいましたが、今年は何とかまた5月に京都へ行きたいなと思っています。


 ところで、来月東京渋谷にて、斎宮歴史博物館・國學院大學博物館共同シンポジウム「伊勢神宮と斎宮」 が開催されます。もちろん千尋も早速申し込み、ここで紹介しなければと思っているうちに気がついたら〆切となってしまいましたが、東京でこうしたイベントが開催される機会はあまり多くはないので、今からとても楽しみです。

・シンポジウム「伊勢神宮と斎宮」公式サイト
http://museum.kokugakuin.ac.jp/event/detail/2016_ise_saiku.html

 なおもう一つ、所京子先生の最新刊『斎王研究の史的展開 伊勢斎宮と賀茂斎院の世界』(勉誠出版)が、このたび発売となったそうです。
 所先生の斎王研究書は既に『斎王和歌文学の史的研究』『斎王の歴史と文学』の2冊が発行されているものの、その後未収録の論文が随分ありましたが、今回ようやくそれらがまとめて収録されたようでこちらも大変楽しみです。

『斎王研究の史的展開 伊勢斎宮と賀茂斎院の世界』
(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/dp/4585221638/
(勉誠出版)
http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100665

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫